« と、いいながら | Main | 手段と最終目標がごっちゃになってしまっては »

14. 09. 03

治療日誌(第24・25週:8月3日~8月16日)

8月3日(日)
身体がとてもしんどい。何をするのもおっくうで
何かしようとするのが面倒くさくなる。
でも、月曜から仕事で大切な会議があるので、
午後は休んで、夕方車に乗って出発。

8月4日(月)
身体のしんどいのは継続中。
10時半から、仕事場の研修委員の会議。
8月の末にある研修会の会場の机のセッティングについての
最終確認
夕方、がんセンターに行く。
木曜夕方に仕事場の会議が入って
がんセンターに行けないため繰り上げ。
身体のしんどいことを言う。
しかし言ったところで、薬も出ないし、
改善するというものでもないけど。

8月5日(火)
午後から出張。
自分のところの報告などする。
その後、会議に参加していたほかのところの人と懇談。
身体がしんどいので、途中退席して帰ってきた。

8月6日(水)
朝がんセンターに電話して月曜の採血の結果を
聞いたが、50000に達していないので、
やはり今回も注射は中止とのこと。

8月7日(木)
仕事を終わって、別の会議が外であったので
出かける。身体は週明けに比べたら
ややしんどくない感じ。
しかし、薬の副作用で体中の皮膚が荒れて
やたらかゆい。
治療が終わったら治ります、とは言うのだけど、、。

8月8日(金)
今日は休暇をとった。
台風が来るかもしれないのだけど
実家の街でどうしてもしなければならない用事が
あったので、朝一番に立って実家の街に戻る。
走りまわって書類を提出し、午後から家に必要な
買い物をする。帰ってきて天気予報を見ると
台風が接近してきて、明日の道路の通行も怪しい状況。
夕ご飯を食べて、出発。
結局実家日帰りになってしまった。

8月9日(土)
台風接近で荒れた天気。
終日家の中でいろいろたまった資料の片づけなどする。
いつまでも置いていても結局見ない、使わないものは
場ふさぎになるだけなので、
5年間使わなかったものは一気に全部ごみとして捨てることに
した。

8月10日(日)
今日は仕事場で用事があったのだけど
台風接近のため、行事は一切中止。
一体何のために8日のとんぼ返りをしたのか???
でもまぁ終日家でのんびりと体を休める。
明日、8時半から胃カメラだし、、。

8月11日(月)
今日は年休をとって朝一番でがんセンターに行く。
胃カメラの検診をしていただく。
10時半に検査終了。

先週の採血の結果が出る

ウイルス量 検出せず
ALT   12
AST  19
総ビリルビン  0.8
ヘモグロビン 10.5
白血球数  2800
好中球数   15
血小板数   33.2

というところ。 2800×10.5=42000なので
あ、これは50000に達していないので注射中止に
なった、ということかなとわかった。

8月12日(火)
昨日の胃カメラのこともあったので、昨夜は安静にして過ごした。
世間的には今日あたりから休んで実家に帰省する人も
多いのだろうけど、うちは14日までずっと仕事。

8月13日(水)
11日の採血の結果、50000に達していたとのことなので
注射に行く。 今年の夏は涼しいので助かっている。
これが去年のように気温が38度とか40度と言われていたら
8月中はほとんど寝込んでいたかもしれない。
とはいえ天候が全然安定しない。
晴れた日、というのが8月は皆無。
ちょっと今やっているある手続き関係で急に書類が必要なことに
なり慌ててあちこちに連絡依頼して書類をそろえる。
本当にばたばたと1日走り回った日だった。


8月14日(木)
仕事が終わって実家に移動する。
昨日のことでいろいろと疲れてしまった。

8月15日(金)
朝から手続き関係のことで
役所と交渉しに行く。
最初はどうなるのだろうと思っていたが
ひとまず、案が提示されて、それなら
こちらも納得できそうな案だったので
その線でいくことを依頼する。一安心。
しかし主治医からこの薬の副作用で、うつ状態になったり
正しい判断ができないときがあるから、重要な判断は
治療が終わってからのほうがいい、と言われたのだけど
ここ数か月、その重要な判断をすることばかりで
本当にこれでやっていっていいのか、と思う。
もちろん周囲に聞いてアドバイスを受けたうえで
進めているのは確かなことなんだけど、、。
今日も終日雨

8月16日(土)
お坊さんに来ていただいてお経をあげていただく。
お昼は屋島のきりんに行く。


(今日聴いた音楽 夏の終わりに アリス歌
 1978年  1978年の9月というと、京都では
 市電が廃止になりました。ちょうどこの時期
 廃止まで1か月を切った時期だったので、
 思い出づくりに市電に乗る人がやたら多くて
 乗るたびに人の多さにびっくりしたことが
 ありました。また京都では今出川通りに
 市電を復活させる、という動きもあるようです。
 果たしてどうなりますことやら。アリスのこの
 歌はあまり有名な曲でないかもしれませんが
 個人的にはいろいろな自分の思い出と重なって
 好きな曲です。)
 

|

« と、いいながら | Main | 手段と最終目標がごっちゃになってしまっては »

治療記録」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/60154161

Listed below are links to weblogs that reference 治療日誌(第24・25週:8月3日~8月16日):

« と、いいながら | Main | 手段と最終目標がごっちゃになってしまっては »