« いろいろなものを見た旅(3)秋篠寺 | Main | いろいろなものを見た旅(5)研究会当日 »

14. 09. 18

いろいろなものを見た旅(4)京都・洛中にて

オヤジが阿倍野近鉄の話が出たついでに話して
くれたのですが、そういえば以前は、バスの切符売りの
おばさんが阿倍野の辺によくいました。

それは一体なんだ? ということなんですが、、。

切符売りのおばさんは、市の交通局から
回数券を買うわけです。
たとえば、普通のバス運賃が100円だったとします。
そうしたら回数券は11枚つづりで1000円なわけですね。

で、バスの切符を1枚100円で売りますと、
そのおまけの1枚分100円が
おばさんのもうけになっていたわけです。

阿倍野とか梅田といった大きなターミナルには
市バスの切符窓口だって当然ありましたが、
切符窓口のおっちゃんが客をさばききれなくて
切符はおばちゃんのところで買って、とさえ言って
いました。

京都でも1985年ごろまでは、京都駅に回数券を売る人
何人かいたのを見ていたんですけどね、、。

「阿倍野なんかそういう人ぎょうさんいてはったで」とは
オヤジの話ですが、、
今はもうそんな人もいません。


       ×       ×       ×

この日の晩のホテルは四条烏丸でした。
実は今回の出張、日程的には日帰りも可能でした。
ですが、正直それはちょっと怖かったのです。

というのが、この時期、通常は台風シーズンでしょ。

もしも台風が来て、交通機関が止まって、
本州に渡れなかったらどうしよう
と考えたのです。

ましてや今回は単なる参加者ではなくて
研究発表者でした。天候の加減で発表者が出席できない
ということはたまにありますが、やはり謙介自身は
そういうのはしたくない、と思いました。

それで大事を取って前日泊にした、ということだったのです。

大和西大寺から近鉄京都線の急行で竹田まで。


ここがあの竹田の子守唄の竹田です。
近鉄の電車に接続するように向かい側のホームに
地下鉄の電車が停まっています。
ここから京都市営地下鉄に乗りかえて
そのまま四条まで行きます。

謙介の乗った電車は京都行ではありましたが、
従来通りのJR京都駅の八条口のほうに着く電車
だったので、ここで乗りかえました。
この電車は竹田始発なので、ゆっくり座れました。


最初は地下鉄もすいていましたが、やはり途中の京都(京都駅)から
大勢の人が乗ってきて一気に混んでしまいました。
そんな大勢の人と一緒に四条で降ります。
明日の会場も地下鉄の沿線なので、交通の便のいい四条烏丸で
ホテルを取りました。

荷物を置いた後、ちょっとぶらっと出てみます。
四条を東に行き、寺町京極で左折して北へ。
謙介の草書のセンセイだったナカジマコーショー教授の書いた看板は健在でした。
Teramachi2_2

で、寺町へ。
Teramachi2_1

御池通りを渡ってさらに北に行きます。
村上開新○の前を通ったらお店が開いていたので、
仕事場用のお土産でここのロシアケーキを買いました。
Murakamikaishindo


その後、一保堂に行ってお茶を買ってまた戻ります。
四条に大丸の外店舗として東急ハン○ができていたので
寄ってみたのですが、建物の大きさの関係なのでしょうね。
大阪の長堀とか、江坂のハンズと比べたら
品ぞろえが悪くて、、、。ただ単にハンズという
名前だけのお店でしたねぇ。

もうちょっと面白いものがあるかなぁ、と思って
ちょっと期待して行ったのですが、いまひとつでした。
ホテルに戻ってまた出るのも面倒だったので
そのまま烏丸通りを渡って西に行くと、、
四条通り沿いに洋食屋さんの亜樹があります。


42f886cfc84667bc2f05208978002a03

ちょうど夕方の6時半でお店が開いたところでした。
ここでAランチ(晩ですけどね。笑)
をお願いしました。(ご飯少な目で)
ビフカツとエビフライとハムという取り合わせです。
これにご飯とカップスープ(ポタージュ)がつきます。


A_2

お昼、とても量の多い食事で食べた後はしんどかったのですが
その分いろいろと歩きもしましたので、、、。

この近くに四条烏丸の市バスセンターがあって
ここから91番の市バスに乗って常盤の家に帰っていたので、
この辺はついでにこの辺で食事して帰っていたこともあって
そんなことで立ち寄っていた店が
あちこちにありました。
このお店もそういう店のひとつです。
ねえちゃんが教えてくれた店でしたが、、。

ここはカウンター(テーブルもあるけど)
で、目の前でお店の人が自分の注文した料理が
どのようにできて行くのか、全部見られます。
このお店、お客さんもたくさんくるので
同時進行で4人の方の注文の料理を作っておいでなのですが
動きに無駄がありませんし、ほかのことをしたついでに
ささっと次の料理の準備をしたりと、、
本当に見ていて手際がいいです。
(そうでないとやって行けないでしょうけど)

ああ、こうやってできていくんだな、と思います。
エビフライにかかったタルタルソースも自家製ですし
ドミグラスソースもおいしいです。
京都の洋食屋さん、という感じのお店で
ここも大好きな店です。
久しぶりに行けて良かったです。

以前と全然変わっていなくて、懐かしく思いながら
食事をしたのでした。

|

« いろいろなものを見た旅(3)秋篠寺 | Main | いろいろなものを見た旅(5)研究会当日 »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

回数券のバラ売り。私は小学生の時に一度だけ見たことあります。須磨水族館に行った時に、水族館から駅までの回数券をお婆さんが売っていました。ちょうど1985年頃でしたね。
キッチンの見える洋食屋さん、いいですねえ。ラーメン屋のカウンター席とか、調理の様子が見られるのは好きです。Aランチ美味しそうヽ(´▽`)/

Posted by: mishima | 14. 09. 19 at 오후 6:35

---mishimaさん
そうですか。mishimaさんも経験が
おありなんですね。
回数券のばら売りも、そのおばあさん達が引退したと同時になくなった、
ということかなぁ、と、思います。
この洋食屋さんは、四条烏丸の交差点から
西に少し行った四条通沿い(北側)
にあります。

あまり観光客はこなくて、地元の人御用達の
お店なので、おしゃれではありませんが
実質本位の店です。 観光客相手の
訳の分からない変に和風のカフェよりは
ずっといいかも。
一度京都にいらっしゃった時にでもぜひ。

Posted by: 謙介 | 14. 09. 19 at 오후 9:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/60329632

Listed below are links to weblogs that reference いろいろなものを見た旅(4)京都・洛中にて:

« いろいろなものを見た旅(3)秋篠寺 | Main | いろいろなものを見た旅(5)研究会当日 »