« 治療日誌(第26・27週:8月17日~8月30日) | Main | いろいろなものを見た旅(2)あべのハルカス »

14. 09. 15

いろいろなものを見た旅(1)塚本・なんば

9月13日に京都で職務関係の全国研究会がありました。

その研究発表者として発表をしてきました。
去年の暮れから準備してきた研究発表でしたが
自分が納得できる発表ができて、ほっとしました。

その学会発表のついでにあちこち回ってきましたので、
しばらくその話をしたいと思います。

今回の旅も、いろいろと驚きやら刺激のあった
よい旅でした。

前日の9月12日朝 6時過ぎのバスで出発です。
屋島もよく見えていました。

自分で運転していたら絶対にできませんけど、
バスだとこうやって写真が撮れるのがいいです。
Yashima

出発して1時間ほどで鳴門海峡を渡りました。

この日のこの時間は渦潮がそうはっきりはできていませんでした。

Uzushio

そして明石海峡大橋を渡って、、
Akashi


神戸を通過します。写真は摩耶埠頭。
Mayafuto


それから甲子園浜です。
Hamakoushien

よく甲子園の野球中継で「甲子園の浜風がどうのこうの」という話が出ますが
こちらのアングルから見ると浜風が吹く、というのも
よくわかりますね。

バスは大阪市内の阿波座から西長堀の間が渋滞していたので、
定刻より少し遅れてなんばのOCATに到着しました。

OCATの地下のJRなんば駅から電車でそのまま天王寺に出ます。
ここでコインロッカーに荷物を預けて、今度は環状線で大阪駅へ。
ここで東海道線に乗り換えて、次の塚本で降ります。

Tsukamoto

実はここに父方の親戚の家がありまして。
小さい時に何度か来たことがあったのです。
今回、せっかく大阪に行くので、
この機会に寄ってみようと思ったのでした。

塚本駅を降りて北に歩きます。
オヤジに聞いていた駅前の三和銀行塚本支店は
今は長々とした銀行名の銀行になっていましたが今もありました。

淀川通の交差点です。
この交差点は覚えていて
京都から来たときには、小さな子ども心に、
うわーなんて広い道だろう、と思いましたし、
当時はまだ信号なんてなくて、自動車の通行の
途切れ目を、ささっと渡る、なんていう時代でした。
淀川通を渡って北に行って、薬局の角を左折すると、、
親戚の家は一昨年壊された、と聞いていました。
でもその家、相当に古い家でして、、
なんたって空襲に遭っていない戦前の建物だったですからね。

現行のグーグルアースではこの辺、去年の夏の写真で
家が壊されて更地になっていましたが、今回行ってみたら
もうマンションが建っていました。

Ato

親戚の家に遊びに行った時によく行っていた公園は
以前と変わらないままにありましたが、もうあのうっすらとした
記憶の中で当時と変わらないのはその公園だけに
なってしまったかもしれません。

帰ってオヤジに渡そうと写真を何枚も撮っておきました。
もう一度塚本駅に戻って、次の大阪で地下鉄御堂筋線に乗り換えます。

そうしてなんばに戻って、、高島○の前を抜けて堺筋のほうに
出ますと、もうひとつ高島○があります。

Takashimaya1


え? なんばに高島屋って2つあるの? って、
実はこの建物は今は高島○の東別館で
今は高島○なんですが、以前はここは松坂○だったんですよ。
後に松坂○は天満に移ったんですが、それまで
これが松坂○大阪店だったんです。移転した後、
高島○が買い取って東別館にしたのでしたが、
ここに実は、これがありまして。

Takamashimaya6

エレベータで3階にあがります。

Takashimaya2

ここが資料館の入り口です。
Takashimaya12

高島○の美術部が収集してきた日本画、洋画、などの作品を定期的に
展示替えして、一般に公開しています。

富岡鉄斎とか横山大観、竹内栖鳳、と言った南画日本画の巨匠から
ル・ゴルビジェまで、その収蔵品は多岐にわたっていて本当に見ごたえが
ありました。

そういう作品は当然撮影はできませんので、ここには
ありませんけれども。

中に一角、高島○の社史の部屋があって、
ここに包み紙の変遷のところがありました。
これは撮影オッケーだったので撮りました。

Takashimaya7


謙介は写真の右下のバラの包み紙から知っていますね。
今のバラの円環の包み紙、ずーっと変わっていないのかと
思ったら、これも途中で一度変わってたみたいで、、

そこまで細かく注意はして見ていなかったなぁ、と思いました。

この建物、本当に戦前のデパート建築
という感じがしました。こういうの見るだけでも楽しいです。
今のデパートって、本当にちゃちというのか貧相な造りですね。
でもやはりこちらは違います。
出入り口だってこんな感じですし、、

Takashimaya3


照明ひとつだってこれですし、、。
Takashimaya61


Takashimaya5

内部だっていたるところふんだんに大理石が
つかってあって、、本当に豪奢な造りでした。
この建物や内部を見るだけでも溜息が出ました。

さてここでもうお昼近くになっていたので、食事をと思いました。
今日はここまでにします。


(今日聴いた音楽 坂本スミ子 たそがれの御堂筋
 やっぱり大阪の曲ということで。)

|

« 治療日誌(第26・27週:8月17日~8月30日) | Main | いろいろなものを見た旅(2)あべのハルカス »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/60312798

Listed below are links to weblogs that reference いろいろなものを見た旅(1)塚本・なんば:

« 治療日誌(第26・27週:8月17日~8月30日) | Main | いろいろなものを見た旅(2)あべのハルカス »