« いろいろなものを見た旅(1)塚本・なんば | Main | いろいろなものを見た旅(3)秋篠寺 »

14. 09. 16

いろいろなものを見た旅(2)あべのハルカス

高島○の隣にこんなのがありまして、、。
最初はこの近くにある中華のお店に行こうかな、とか
思っていたのですが、、、。

このチェーン、
一時は牛丼の業界地図をすっかり変えてしまう、とか
言われていたのに、急に味が落ちたり、
店員さんの教育が行き届いていなかったりで不人気になって
最近一気に出店していた店舗をを何十軒も閉めたとか
いろいろとマスコミ報道であったのは知っていたのです。

でも今までに一度も食べたことがなかったので、
この機会に食べてみるのもいいかなぁ、と思って寄ることにしました。
ここも松○と同じで、最初に食券を買う、という
方式なんですね。 入ってから食べるものを何にしよう、とか
考えるような人はこういう方式はちょっと難しいですね。

Chikarameshi1
注文したのは濃厚とんこつ野菜山盛牛丼というものです。
やはりお肉を焼かないといけないので、ちょっと時間がかかりました。

そういえば前に吉野家で期間限定の焼き牛丼を頼んだ時も
まだぁ、と思うくらい時間がかかって(15分近く)来ました。

Chikarameshi2

台となるごはんには豚骨スープがかけられています。
その上に野菜炒めが乗って、その表面を焼いた肉が
覆っているというものですね。一番上にネギがぱらっと
かけられているというふうになっています。

どんぶりとしての全体の味のバランスは悪くないと
思いました。
ただまぁ2つ、ここはなぁ、というところはありました。

前に聞いていたのは、お肉がおいしかった、と聞いたのですが
今回いただいたのは、うーん、、。ちょっとお肉が薄い感じで
お肉の味を感じる、ということはあまりありませんでした。
それと、ちょっと芯があったごはんでごはんがおいしくなかったです。
たぶん、とんこつのスープをかけるので、ちょっと固めに炊いた
ごはんだったのでしょうか。

横に生姜がありましたが、こちらの生姜は甘酢の生姜でした。
いつもこんなに食べない身にとっては、この丼の量、
しんどかったです。とはいえ何とかいただきました。

ここから北に歩いて日本橋へ。
大阪の日本橋は、東京とは違って「にっぽんばし」という
発音です。
Nipponnbashi
この駅は謙介にはすごく懐かしい駅です。
韓国語を習いに毎週月曜に大阪の鶴橋にあった大阪外〇の教室に
通っていたのですが、その時にここで堺筋線から千日前線に乗り換えて
いたのです。京都から阪急で淡路まで行ってそこで地下鉄の堺筋線に
乗り換えて日本橋へ。日本橋から千日前線で鶴橋、というコースでした。
帰りはその逆。あの時、時間がなくてそうそうこのホームでよく走って
移動してたなぁ、とか思い出しました。


堺筋線で動物園前に行き、
ここで御堂筋線に乗り換えて天王寺です。

JRの天王寺駅は外観は
謙介が小学生のころと大して変わっていません。
Tennnouji1

駅の中に蓬莱があったので、アイスキャンデーを買って
Hourai
通天閣を見ながら食べました。

変わりゆく大阪の中で、この天王寺のガードから
天王寺公園を見て、遠景に新世界の通天閣を見る
この風景だけは以前と変わりないように思います。
Tennnouji2

近畿地方は関東のように国鉄と私鉄は協調体制にはなかったので
(むしろ敵対関係だった)同じ場所でありながら
乗り入れている交通機関によって駅名が違う
ということがあります。

梅田と大阪とか、この天王寺と阿倍野とか
京都の四条と烏丸とか。
なのでここもJRでは天王寺ですが近鉄的言い方では阿倍野です。


天王寺に来たら、最近ではここですね(笑)
え? なんだこれは?
Abeno2


Abeno1
阿倍野ハルカスです。ハルカスって、文語の「見はるかす」から
取った名前なので別にカタカナで書かなくてもよさそうな
ものとは思うのですが(笑)最近は何でもカタカナです。

Harukas1_1

これに合わせて近鉄百貨店も新しく建て直してすっかりきれいに
なりました。 

でもねぇ、お客さんが思ったほど入らないんじゃないかなぁ、
ということを書きました。 やっぱり、平日とはいえ
お昼の12時で↓これですもんね。
Harukas3

今回阿倍野もついでに話のタネにといろいろと回ってみたのですが、
やっぱり「近鉄」という会社のイメージにそぐわないような
おしゃれなことをし始めてしまったから、だめなんだ、と思います。

近鉄って庶民的でくだけた感じの電鉄会社なのに
上品でおしゃれ、という方向を狙ってしまっているのです。
方向性が全然違うじゃないか。

その象徴だったのが、近鉄百貨店の一階でした。
以前、お好み焼きのコーナーがあって、
そこで、ヤンキーの兄ちゃんが「茶しばきにいけへんけ」
とおねいさんにナンパしていた場所が今回行ってみたら
ティファ〇ーとグッ●のお店になっていました。


帰ってからうちのオヤジに、阿倍野近鉄の1階の
イカ焼きのとこ、ティファ〇ーになってたわ、
と言うと、「ティファ〇ー? そらあかんやろ。近鉄なら、
御座候、というのんか、今川焼ならええけど」と言っていました。
謙介だってそう思います。

だからイカ焼きの店くらいにしておいたらよかったのに。


百貨店のほうは客の入りがいまひとつ、のようですが
展望台のほうは結構な入りです。
Harukas4
当日券を買う人はまず2階のチケットカウンターに
行って16階に行くことになるようですが、

謙介は事前に予約していたので、
そのまま16階のカウンターでチケットの発券をしてもらいました。

ここで改札口を通って、エレベーターの前に並びます。
16階から60階まではエレベーターで45秒でした。
中にはこんなふうなイルミネーションがあって、流星みたいでした。
Harukas5

60階に到着です。
下はオープンエアの展望カフェになっています。
Harukas6

これが南西の羽曳野・富田林・藤井寺方面
右端のほうにPLの塔が見えています。
Nansei

↓写真ではよくわかんないのですが、
Uemachidaichi
北へのこの直線方向が、「上町台地」です。大阪の街の中で
一番古い部分です。 この台地の北の端が難波宮でしたし、
のちに石山本願寺になって、大坂城になりました。
その台地の裾を大川が流れていて、
ちょうど台地の出っ張ったところで流れが蛇行していたわけです。
そこで急流になったために「なみはや」となって、「浪速」と
なったわけですが。


ですからこの上町台地の稜線の中に四天王寺もあるということです。
Shitennouji
おそらくできたときは丘の上に金色に輝く寺が建っていて
それは美しいものだったでしょう。

こちらは北西方向、天王寺公園ですね。
その奥が新世界で、通天閣があります。
Tennojikouen

こちらは西方向 難波です。
Nanba

これはトイレです。左側の壁の向こう側に用をたすところが
ありますが、窓がこうなっているので、外からは丸見えです。
まぁ、はるかすの高さのほかのビルがありませんから
外から見られるということは想定していないので
こんな構造にしているんだと思いますけど、、。
Harukaswc


こういうことで、はるかすも見学終了です。
再び下界に降りて、預けていた荷物を取って
JRの環状線に乗りました。

今日はいったんここまでにします。

(今日聴いた音楽 雨の御堂筋 歌 欧陽菲菲)

|

« いろいろなものを見た旅(1)塚本・なんば | Main | いろいろなものを見た旅(3)秋篠寺 »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/60316962

Listed below are links to weblogs that reference いろいろなものを見た旅(2)あべのハルカス:

« いろいろなものを見た旅(1)塚本・なんば | Main | いろいろなものを見た旅(3)秋篠寺 »