« 雨が止まない! | Main | 塗炭の苦しみ »

14. 08. 11

避難準備

昨日の台風はみなさんのところではいかがだったでしょうか?
謙介は実は8月10日は出勤の予定だったんです。
仕事場のほうで大きな行事があって
それに出る予定になっていたのですが、、。

朝の6時段階でメールが来て、今日は中止になりました、
ということになってしまいまいました。
8日に実家の街で用事があって、それを済ませた後で
10日に出勤できなければ困るから、と思って急いで
実家からとんぼ返りしたのですが、、なんだか、、(笑)

もし、台風が来ていなければ、朝から仕事場に出勤して
いろいろと業務をした後で、帰りは、堀之内公園というところに
行って、違うセクションの人がやっていた行事に参加して
お手伝い、ということになっていたのでおそらく帰ってきたら
くたくたになっていたかと思われます。

そういうことが全部無くなってしまったので、
いいお休みになりました。

途中で、ヤフのトップページを見たら
謙介の実家の街に「避難準備情報」が出たので
びっくりしました。
市内のどのあたりに出たのかと思ったら、
実家の隣町の町名がそこにありまして、、。

その町の一部は海に面しているので、おそらく
高潮警報が出て、そういうことになったのだろうと
思いました。

ただまぁうちの家はちょっとした高台にあるので
それは大丈夫だろう、と。確かに避難準備は出たのですが
やがて避難勧告が出たとしても、むしろ高齢者が
そういう時期に外に出て避難するほうが危険だろうと思い
両親には家の中に居てね、と連絡したりしました。

あの避難勧告というのも難しいですね。
今や市町村合併で市域が広大になっています。
ですからそういう避難の勧告が要るなぁ、と
思う場所と、あそこだったら付近に川も山もないし
浸水、ということもないだろう、と思える場所もありますし、、
それを一括して勧告、って言ってしまうのは、
ちょっと大雑把すぎ、という気もしました。
まぁこういう時は用心のうえにも用心に
越したことはないんですけどね。


本当に徳島・高知とか三重とか、大変な降りでしたね。
高知とか三重の雨は普段でも雨の降り方が
瀬戸内のこの辺とは全然違います。
徳島でも香川に近いほうの徳島と、南部の
太平洋に面したほうの徳島では雨の降り方が全然違います。


徳島南部や高知とか三重の雨は、
もう雨粒がぼたっぼたっ、と落ちてくる感じで
降り方がものすごくダイナミックです。

平生だってそういう雨の降り方なのに、さらに今回は
「いまだかつて経験したことのないような降り方」という
説明が付きました。

もう一体どんな激しい降りだったのか、おそらく
恐いような雨の降り方だった、ということでしょうね。

NHKを見ていたら、
津の安濃川の映像がしょっちゅう写っていましたね。
津はもともと「安濃津(あのつ)」と言われていた街で、
安濃川の河口にできた街ですから、安濃川は津の中心を
流れています。
この川が氾濫したら本当に大変なことになる、と画面を見て驚きました。

安濃川がこれだったら、津を流れているほかの川、
たとえば雲出川(くもづがわ)だって
似たような状況だろう、とか思ったり、、。

津の友達にメールしたら、「すごい! 」
という言葉と、家の前の雨の降り方を写メに撮った
写真を送ってきてもらったのですが
もう雨がカーテンのようになっていて、
向こうが全然見えない状況でした。
これは恐怖だなぁ、と改めて見て思いました。

もう先日からすでに大きな台風2つが来ています。
瀬戸内のこの辺の1年間の降水量が1180ミリです。
それが2日で2000ミリ、8月になって4000ミリ程度
降ったわけですから、、。
ここ数日で年間降水量の4倍弱の雨が一気に降った
ということになります。

まぁそのために気温が全然上がらずに
8月に入って、気温は高くても32度程度。
昨日は27度でした。
それが後、一週間の予報を見ても
ずーっと最高気温は32度どまりで推移するようです。
例年、7月の終わりから8月のお盆ごろまで
35度から40度近い気温の日がずーっと続くわけで、、
それで去年は高知の南西部で41度だとかいうような
気温の日があったのですが、、今年は冷夏ではないでしょうけれど、
ひょっとしたら、35度台の日は数日だけ、ということで
済みそうかもしれません。

暑いのは、ちょっと今年は特にこたえそうで、、。
何とか穏やかな暑さで、終わって欲しい、と
思っている謙介なのでした。


(今日聴いた音楽 雨にぬれても 歌 ビリー・トーマス
 映画『明日に向かって撃て!』から 音源はLPレコード
 いやまぁ、皮肉というのか、、歌詞はともかく
 曲は大好きです。)

|

« 雨が止まない! | Main | 塗炭の苦しみ »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

台風被害にあわれた地域の皆さん大変ですねお見舞い申し上げます。
街中はさほど被害になりませんでしたが、なし農家の方々など、大きな被害になったようです。
自然は、さからえないので…用心しかないですね。
残りの夏、おだやかだといいのですが…。

Posted by: holly | 14. 08. 12 at 오전 10:20

台風被害にあわれた地域の皆さん大変ですねお見舞い申し上げます。
街中はさほど被害になりませんでしたが、なし農家の方々など、大きな被害になったようです。
自然は、さからえないので…用心しかないですね。
残りの夏、おだやかだといいのですが…。

Posted by: holly | 14. 08. 12 at 오전 10:21

---hollyさん
今日現在、まだ四国の鉄道は不通区間が
あります。本当に四国の南部、今月に
入ってからの2度の台風で、大雨でした。
こちらでも畑に被害が出たようです。
今畑に被害が出ている、ということは
これから野菜の価格がまた上がるかも
しれませんね。影響はしばらくの間
続きそうです。 どうかこの後は
あまり台風が来ないように、と
祈るばかりです。

Posted by: 謙介 | 14. 08. 12 at 오후 10:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/60134265

Listed below are links to weblogs that reference 避難準備:

« 雨が止まない! | Main | 塗炭の苦しみ »