« 土佐の高知に行きました。(3) 南国の抹茶アイス | Main | 治療日誌(第13・14週:5月11日~5月24日) »

14. 05. 26

タオルの買い替え

前からずーっと使っていたタオルが
ずいぶんとごわごわのがっさがさに
なってしまったので、新しいのを買ってきました。

ただいつもなら、もうちょっと使ったかもしれないのですが
このところ、肝臓の治療のために飲んでいる薬の
副作用で、皮膚が非常に薄くなっていて、
(というのか皮下脂肪とか、皮膚を守る組織が
全体に非常に薄くなっています。)
なので、ごわごわのがさがさがいつもよりもひどく
痛い、と感じてしまうような状態なのです。
使うたびに痛いタオルでは文字通りイタイですし、
これは替えたほうがいいなぁ、と
判断したのです。

タオルを買うときは近所のタオル屋さんに行きます。
Imabari2

ここはデパートと各ブランドのお店に出荷しているタオルで
製造過程の中で織り傷ができてしまったものとか、注文流れの
品物を安く売っているお店です。

まぁ最近の言葉で言えば、
タオルのアウトレットショップ、というところでしょうか。


近くの今治市はタオルの一大産地なので、
謙介の住んでいるあたりにも
こういうお店が何軒かあります。

それから今治のタオルの生産工場では年に数回
タオル市があって、工場直販のタオルの
即売会をするところもあります。

ただ、そういう生産過程でできたタオルなので
いつも同じ品があるとは限りません。 その時々の
在庫状況によりはしますが、謙介の場合特定のブランド
にこだわる、というようなことは全然なくて、
とりあえず肌への刺激が少ない長持ちしそうな品
ということでいいですし、人に差し上げるのではなくて、自分が
家で使うのですから、少々の傷があっても
何の問題もありません。

タオルの値段も本当にいろいろです。
中には銀行などの注文流れのものがあって
関東地方の信用金庫とか銀行の名前のタオルなんて
1枚50円でした。
(しかし、50円で利益が出るんですかね。)

時々その店ではタオルの量り売り、だってしていました。
グラム1円とか、、。


でも、そういうタオルは安かろう悪かろうで
やはり長持ちはしません。


サイズやデザインや値段も豊富にありすぎて
却ってどれを選んだらいいのか、悩んでしまいました。

Imabari3
(この今治タオル、というのは特に品質にこだわって国産材料を
使って、今治で作って、品質も上等のものだけにしか
付けられないというタオルです。)

この今治タオルもそうですが、ほかのブランドもののタオルでも、
大体デパートで買うタオルの半額くらいで買えるので、
自分用のものを買うときは大抵ここに来ます。


ただ今回は値段が少々髙くても、とにかく肌触りがよいものを、
というところで、選びましたから、
買ったのが必然的にブランドもののタオルに
なってしまいました。


銀行の粗品のタオルはしばらく使うとごわごわのがさがさに
なりますが、そういうブランドもののタオルはやはり
長持ちしてくれます。

お店の人も、銀行の50円のタオルと、
さすがにブランドものでは肌触りも耐久性も
全然違います、とおっしゃっていました。
まぁそこが当然値段の差、ということなのでしょう。

でもね、こういう方法もあります。
1枚50円とか100円の安いタオルを10枚とか
20枚買って、短期間で使って、ちょっといたんで
きたら、すぐに新しいのに替える。
更新を早くする、という方法です。
うーん。どっちがいいんでしょう???


ということで、今回はこの4枚を買いました。
これから夏にかかるので、選んだのものが
つい寒色系のものだったなぁ、と後から
気づきました。
(写真に見えているのは3枚ですが。笑)
Imabari
お値段は1枚(税込)500円でした。

古いタオルとか痛んでもう着ることができなくなった衣類は
はさみで適当な大きさに切って、使い捨て雑巾にして
掃除の時にそのへんをささっと拭いて、後はそのまま捨てます。


久しぶりにタオルを取り換えたら、
気分もすっかり変わって、、。
こんなふうになるのだったら
もっとさっさと変えたら良かった、と
思ったのでした。


(今日聴いた音楽 風の街 歌ハイ・ファイ・セット
 ヤマハのミニバイク パッソル のCMの曲でした。
 
Kazenomachi

だもんで潤子さんがパッソルに乗っています。
CMに出ていたのは八千草さんでしたが。

Yachiugsa2_2


|

« 土佐の高知に行きました。(3) 南国の抹茶アイス | Main | 治療日誌(第13・14週:5月11日~5月24日) »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

気分転換は大事ですよね。タオルそういえば大分に肌感触が…某メーカーの白斑騒動以来化粧品が怖くなってしまい現在無添加石けんスキンケア、でもタオルが⤵︎ 今は猫の鳴き声に悩まされております、猫は好きですが夜中に五月蝿いのでノラなのか⁇ CMで治療は凄い簡単です‼︎みたいなあれは本当にいいのですかね?目的はなんなんでしょうか? 歌舞伎で明るい話題は菊之助さんの披露宴ですかね。只役者さんは休めずお稽古も出来ず目の前の舞台をこなす→舞台や芸が荒れて行くような気がします、もうこのままなら舞台観るの辞めた方がいいのかも、歌舞伎座も1・2等の余り良くない席は空いてるようですし3等にも空きがありますからね。松竹は目先のお金しか興味ないようですが

Posted by: ゆき | 14. 05. 29 at 오후 10:18

---ゆきさん
実は、今朝もファミレスのハンバーグが
いかに混ぜ物・添加物だらけか、という
本を読んで、ますます自炊しよう、
へたでもいいから、ちゃんとご飯は
作ろうと思ったところだったのですが、、。

ちょっと高いのですが、「今治タオル」
で検索したら、輸入のものではない
ちゃんとしたタオルのネットショップが
出てくると思います。 
なんだか製品がはっきりと二極化
してきましたね。少々原料・工程が
怪しくても安いものか、少々値段が
髙くてもそういう添加物が入って
いないものか、、
CMで薬による治療を薦める場合は
よくよく調べてみないとわからない、
ですね。
ちょっと前に肝炎のお薬のCMが
やたら流れたのですが、それは
どうしてか、というと、その薬に
代わる新しい薬が1年後に出ることに
なっていました。その新しい薬が出ると
従来の薬が当然売れなくなります。
そうすると高い費用をかけて作った
薬のお金が回収できないので、
とりあえず新しい薬が出る前に
宣伝して売っておこうと、してCM
出しまくりにしていた、ということが
ありました。 そういうことだって
ありますから、まゆつばで、見ておかないと
いけません。

そういえば、6月号の芸術新○、玉三郎
の特集だったのですが、玉三郎丈、
最近「鼓○」のほうにばかり出ているのは
歌舞伎だとこき使われてしまうから
かなぁ、と下手な邪推をしたりして
います。 本当に役者を将棋の駒
くらいにしか思っていない会社の
方針、困ってしまいます。

Posted by: 謙介 | 14. 05. 30 at 오후 3:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/59680588

Listed below are links to weblogs that reference タオルの買い替え:

« 土佐の高知に行きました。(3) 南国の抹茶アイス | Main | 治療日誌(第13・14週:5月11日~5月24日) »