« アイスクリームが苦い | Main | 盗作と偽作とオリジナリティと »

14. 02. 06

希少糖(レアシュガー)ドーナツ

この先、ドーナツなんて食べても、、
というようなことなので、今日はドーナツをいただいた
というお話です。

先日の二番町での宴会の時に一緒に
研修した仲間のひとりがお土産でくれたのが
↓のドーナツでした。 

Rubu1

ですが、ただのドーナツではありません。
このドーナツ、友達のところで開発した砂糖を使って
作られたドーナツなのです。

うちのオフクロの言う
「芸のあるドーナツ」です。

どういう芸があるのか、と言えば
このドーナツの砂糖なのです。
グラニュー糖とか普通の上白糖が
使われているのではありません。

まぁ四国と言えば、徳島・香川では
和三盆糖が有名です。

この和三盆糖は京都の老舗のお菓子屋さんが
よく使っています。京都の老舗のお菓子屋さんに
行って、このお砂糖はどこのお砂糖ですか? と聞いたら、大抵
讃岐もしくは阿波の「和三盆使てます。」ということになるんですが、、。
今回はその和三盆でもありません。

最近一定量をようやっと生産できるようになった
希少糖という砂糖です。
英語で言えば「レアシュガー」という砂糖です。

Rubu2_1

このレアシュガーは
ぶどう糖などの自然界に大量に存在する糖と違って
自然界に存在量の少ない希少な糖のことで、
約50種類以上の希少糖が確認されているのだとか。

で、ずいぶん前に、実家の街ではじめて希少糖が
見つかった時も、「へ? 」というような場所から
見つかったんですよ。

その研究施設のある大学の学食の裏の地面。

その場所は謙介も知っている場所だったので
あんなところから? と思った記憶がありました。

で、さすが地元なので希少糖の解説、というのが
ローカル新聞にも出ていたのですが、
砂糖の7割くらいの甘みがあって、
カロリーはほぼゼロ。
おまけに内臓脂肪の蓄積を抑え、
肥満抑制、糖尿病抑制に効果がある、という
実験結果も出たそうです。
砂糖は摂りたいけれども、メタボが、、という人に
ぴったり(笑)の砂糖ですよね。

希少糖はすごいものだ、という報道があったのですが
でもそんな夢のような砂糖、なかなか手に入らなければ
そんなの仕方がないじゃないか、って思っていたら、、。


それが研究が進んで、その希少糖のひとつの
D-プシコースを人工的に作ることができるようになって
さらにはちょっと前から量産もできるようになった、という
ことでした。

そういえば去年の夏くらいから、実家の街のスーパーで、
オリゴ糖とかパルスイー○なんかの置いてあるところに
一緒に置かれるようになったのを見ました。
何せ地元の産品ですから、派手派手POPなんかも
ついてものすごく目立っていました。


その量産体制が整うにつれて、でしょうね。
今日の新聞にも、最近ではこのレアシュガーを使った
コンビニスイーツも相次いで発売になっている、
という報道がありました。

さて、このドーナツですよ。

いただいたからには官能検査をしてみなければなりません。

包装にもあるように「焼きドーナツ」ですから
油で揚げたのよりカロリー面でも抑えられていますよね。
肝心のお味ですが、、

Rubu3
焼ドーナツというからちょっとドライな感じ
(率直に言えばパサパサ)なのかと思ったら
全然そんなことはありません。
焼きドーナツというより食べた感じは
蒸した、という工程があるのではないか、とさえ
思いました。
見たところ、普通の揚げたドーナツと何の違いもない、
という感じです。

とってもしっとりとしていておいしいのです。
(でもこれは、配合されている増粘多糖類の
せいかもしれません。笑)

さすがルー○が作ったドーナツだなぁ、と思いました。
このルー○というお菓子屋さんは実家の街でも
おいしいので人気のある洋菓子屋さんなんですよ。

むしろミス○の揚げたドーナツのほうが
もっとぱさついているような気さえしました。

Rubu4

実際に切ってみた断面ですが、
全然パサついた感じになっていないのが
おわかりいただけた、かと思います。
甘さも十分に甘いし、
焼きドーナツ、って言われなければ、普通に油で揚げた
ものだ、と思いました。
これはとてもおいしかったです。


でも、と、ここでひねたおっさんは、
現実に戻って思ってしまうのです。

確かにレアシュガー分については
カロリーは減るのだろうけど、
原料の小麦粉とかバターとかのカロリーって
やはり結構なカロリーではないか、とか。

そういうカロリーはしっかりあるわけで、
まぁ、揚げていないし、レアシュガーを使って
若干というのか、気は心、程度、多少、カロリーが
少ないのかなぁ、と思います。

だから普通のドーナツの代わりにこれを
食べても、結局のところ、高カロリー摂取に
あんまり差はないような、、。

あ、でも、ドーナツ自体はおいしかったです。
(と、言い訳のような感想で、、。)

と、いうことでございました。

ちゃんちゃん。

(今日聴いた音楽 DONUT SONG  歌 山下達郎
 1998年 アルバム COZY から。
 まぁこの歌の季節は夏で、しかもカップルでドーナツですよ。
 勝手にしろぃ、 というような歌ですね。(笑)
 最後は二人でエンゼルクリームだってさ。ぷんぷん
 おっさんが一人で冬の晩にドーナツを食べる、というのは
 あんまり画にはなりません。)

|

« アイスクリームが苦い | Main | 盗作と偽作とオリジナリティと »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

そういえば新聞にありましたね。間食辞めようと枝豆食べたりするんですが、続かないです。
誘惑に勝てないでも18:00以降はなるべく何も食べないようにしてますから・・・
ハゲにはシャンプーを変更ですわ、頭皮が赤いと言われました。頭皮と首の間のクボミの所が一番汚れているそうです、後左右耳幅部分の後頭部を(一番首に近い部分)丁寧に洗うと良いみたいで止まったんですが生えて来ない・・・
新橋戻りでもっと良い席なんて思うのですが戻らない、ピアや先行も売切れみたいですね。襲名で「歌舞伎の為に命を捧げる気でいる」松竹に酷使されて行くだけだと思うのです。出来る事は切符を購入する位切ないですね。真面目に取組む者が馬鹿をみて松竹が又少し儲かる、間違ってますわ。

Posted by: ゆき | 14. 02. 07 at 오후 7:48

治療の補助が受けられるとのこと、おめでとうございます。
学食の裏の地面から見つかったのですか?
学食の残飯をネズミが引っ張っていって、その食べかすから化学反応がおこったとか??
小麦粉じゃなくておからを使うとか、もうちょっとカロリーを抑える工夫ができそうですね。

Posted by: mishima | 14. 02. 07 at 오후 9:55

---ゆきさん
原因と対処法がわかっても、急に挽回する、というようには体の仕組みがなっていない
ようにも思います。でも、そのうちに、
気がついたら「あ、すっかり治ってた。」
なんていうことになるのではないでしょうか。でも本当に早く元通りになられることを
お祈りしています。
興業なんて、興行会社の好きにしますから、所詮はどう転んだって、興行会社は絶対に損をしない仕組みになっていると思います。バカを見るのは観客でしょう。まさにいい面の皮、ということじゃないでしょうか。

Posted by: 謙介 | 14. 02. 08 at 오전 12:25

---mishimaさん
見つかったのは農学部のキャンパスでしたから、あちこち耕していて、肥料とかもたっぷり与えられていた、微生物も多かった、土のようです。ドーナツ、そうですね、おからにするとか、小麦粉だけでなくて雑穀の粉も一定量混ぜるとか、すればまたカロリーも下がるかもしれません。でも、そうなったらちょっとぼそぼそして、食味が、変わるかも。いろいろと実験しているうちに食べ過ぎで太ってしまったら、いけませんね。

Posted by: 謙介 | 14. 02. 08 at 오전 12:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/59054208

Listed below are links to weblogs that reference 希少糖(レアシュガー)ドーナツ:

« アイスクリームが苦い | Main | 盗作と偽作とオリジナリティと »