« わからないわからないわからない | Main | 祈りの絵 »

13. 12. 17

ひそやかな場所

Kage
上の写真は、仕事場の一角です。影が面白かったので
撮ってみました。


このところ、片付けをしたり、ものを減らす、ということを
していますが、もしかしたらちょっと前に読んだ
この本が影響したのかも
しれません。
Shudoin1

この本は日本の各地のカトリックの修道院で販売されている
お菓子や、工芸品をそれぞれその修道院に出かけて行って
シスター(修道女)やブラザー(修道士)からお話を
伺いながら、そこで作られているものを紹介している本です。

修道院と言えばですね、謙介、女子修道院に行って
トイレを借りたことがありました。
いやぁ、知り合いのシスターに会いに行ったんですよ。
ご挨拶だけ、と思って行ったら
つい長居になってしまって、トイレを借りるというような
ことになってしまひました。 

まぁそれはともかく。
修道院、って言うと、みなさんはどんな
イメージをお持ちでしょうか?

なんとなくトラピスト修道○のイメージが先行して
やはり人里離れた交通に不便なところで自給自足の
生活をしている、というイメージでしょうか。
確かにそういう修道院もありますね。

でも、その一方で、たとえば東京の広尾とか
京都の河原町今出川を下がった府立医大のすぐそばにも
修道院はあります。こんなふうに都会の、それも
街の真ん中にあるような修道院も
あります。

修道院、と言っても、その修道会の理念によって
さまざまだと思います。

清閑な土地で、自給自足を基本理念として
祈りと労働をもとに宗教生活を送る、というところも
ありますし、市内にあって、教育とか病院といったような
福祉活動に実践の重点を置く修道会もあります。


シスターの服装にしても、修道服を着ているシスターも
いれば、普通にスーツとかブラウス姿で、ぱっと見には
シスターとわかんないような人もいます。
それは修道会の方針によっていろいろだと思います。
(ただここに出てくるシスターはみんな修道服を
着ていました。)
修道院のお菓子、たって、今や楽○でさえ買える
世の中になってしまいました。

でも、なんでもそうかもしれませんが、通信販売で買うより、
作っているお店に行くとかして、
作った人の説明を聞きながら、品物を選ぶ、買い物をする
というのはいろいろな話が聞けるし、作った側だって、あ、
この人に買ってもらえるのか、というお互いの気持ちのやり取りが
できるわけで、その経験だって貴重なものじゃないかなぁ、と
思うのです。
この本では実際にその作っている場所まで行って、実際に
シスターとかブラザーがどういうふうにそのクッキーや
ケーキを作っているのか、というところまで
写真に撮って見せてくれています。
併せて、ある修道院の一日の生活の紹介もあって
あ、シスターはこうやって生活しているのか、というような
ことも少しだけ垣間見ることができます。

Shudoin2

普通の人は修道院で作られたもの、というと、北海道のトラピス○クッキー
とかバターを思い浮かべますが、それは何も北海道のひとつの
修道院だけではなくて日本中のあちこちの修道院で
クッキーやガレットやフルーツケーキ、といった焼き菓子から
石鹸やスリッパ、絵葉書というようなものまで作られているとのことです。


Shudoin3

こうしたものは、祈りと信仰の中で作られた品ですから
ひとつひとつ材料を吟味して、誠実に作られています。
有名な洋菓子店とか、パティシエが作ったもののように
優美で、目にも美しい、というものではありませんが
素朴で日常的な安心感、というのがそこにあるように
思います。

カトリックも第二バチカン公会議以降、諸宗教との
対話、ということを言うようになりました。
カトリックの雑誌に伊勢神宮のご遷宮の取材記事が
出ていたりしています。

宗教、というとちょっと、という人がいるかもしれません。
でもこうした質素ですが、心豊かな品というのは
カトリックであろうと仏教であろうと神道であろうと
相共通する部分があるように思います。

謙介さんはやはり俗人なのでクッキーとか
バターに走ってしまうのですが。(笑)

こういう品物を紹介してくださっている本です。

自分の知らない場所が書かれてあって
非常に興味深く拝見しました。


(今日聴いた音楽 いつも何度でも 歌木村弓 2001年
 なんだか木村さんのあの曲がエンドレスでずーっと
 頭の中で鳴っていて、、。 でも、もうあの「千と千尋、、」
 から12年が経ったのですね。) 
 

|

« わからないわからないわからない | Main | 祈りの絵 »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/58744486

Listed below are links to weblogs that reference ひそやかな場所:

« わからないわからないわからない | Main | 祈りの絵 »