« 瀬戸内国際芸術祭・秋会期:粟島(その2) | Main | 瀬戸内国際芸術祭・秋会期:粟島(その4・了) »

13. 10. 24

瀬戸内国際芸術祭・秋会期:粟島(その3)

昼もいただいたし、コッペパンサンド舎、
後からも結構来る人が多かったので、
席を譲らなくては、と思い、食事場所から出ることにしました。

さて、今度は校内見学です。
2階は講堂、という表示がありましたので、上がってみました。

広々としていて海が見渡せ、心地よい風が吹き込んでくる講堂でした。
ここで何千人の若い人たちが船乗りの訓練を受けて卒業して
いったのでしょう。

この学校は明治30年に設立されて、昭和62年まで運営されました。
ここは国立の学校でした。 

もう昭和62年になると、船員さんの
多国籍化がはじまっていた時期だったのですね。

船員さんを志望する若者の減少がこの学校の閉鎖に
つながった、というわけですから。

Kodo2

ステージが狭いので、ピアノは「別室」に置いてありました。

Kodo3

この「海員学校」の建物の中には、前回ご報告した「コッペサンド」を
はじめ、おもしろい「瀬戸芸参加作品」があります。

これはスエーデンのエリック・トーンクヴィストさんの「海の図書館」

Uminotoshokan


いろいろな方から海に関する本を寄贈していただいて
そして図書館にする計画なんだそう。
アートって、こういうふうなものもあるのか、
と発見のあった展示でした。

ここも涼しい風が吹きわたって、
すがすがしい空間でした。

会場のいくつかは撮影ご遠慮ください、
ということで撮影ができなかったのですけどね。

これは日比野克○さんの「おととい丸」
この粟島周辺の海に潜って日比野さんが拾いあつめてきたものを
展示している船です。

Hibino1

日比野さんは海の中をのぞくことによって、
海の魅力や海がもつ別の世界を明らかにしようと考えました。
海には異なった時代の、異なった時間が蓄積しています。
それを潜って掘り出そうというのが今回のこの
作品の意図なのだそうです。


ひとつめとして、海に潜ろう(宝物があるかもしれないぞ)。
それからそれらの拾いものを調べよう(研究所になっていくだろう)。
そうしてそれらを展示して、潜っていくための拠点になる船をつくろう
(造船所ができるぞ) 。

このために、この船を粟島の人たちと
化粧直しして「おととい丸」と名付けて展示をしているのだそうです。

つい先日も倭寇の船の錨が発見された
というニュースがありましたし、そのちょっと前には
タイタニックに乗船していた楽団の人のバイオリンが
ものすごい値段で売買取引された、というニュースも
ありましたね。

今も海の底にはさまざまなものが
沈んでいます。
そんなものはいろいろと好奇心を掻き立てられますよね。
Hibino2

海の底で採ってきたいくつかの品がこうして展示されていました。
Hibino3

なかなか楽しそうな展示でした。
海から引き揚げた中には、「ナウマン象の化石」もありました。


でも、海の漂着物とか、沈んでいるものには
細心の注意を払わなければなりません。

珍しいものが漂着してる、って、
開けて、大変なことになることがありますからね。

謙介のいたときにも、浜辺に石油の1斗缶が流れ着いたのです。
中学生が棒きれで開けると中の液体が噴出したわけです。
それは硫酸でした。
その子の顔にそれがかかって
大変なことになったのです。

そんな事件がありました。
だから浜辺に何か流れ着いてる、って言って
なんだなんだ、っていうことで
むやみに開けたりいじくったりして、
大変なことになってもなぁ、、と謙介としては
その中学生のことがありましたからね。

好奇心は刺激されますが、
そういうのあんまり触ってみよう、とか
いう気にもあまりなれません。
そういうことがあったので、、。


それから粟島の中をあちこち歩いていろいろなものを
見ました。 粟島のよかったのは、集落が平面にあったことです。
謙介の住んでいた島も、前に言った高見もみんな平地が少なくて
山の斜面に段々畑のように整地して家が建っているので
その家に行くためには坂道を登ったり下りたりしなければ
なりません。 これが結構しんどいのです。
隣にあるからといって、ふつうに横に移動ができなかったり
します。隣に行くだけなのに、まず下に降りて、それから別の階段を
登って行かなければ到着できない、なんて島では普通にあります。
まぁ家と家の間の道路が狭いのは、どの島でも、、ですけど。
Ienami

長くなりましたので、今日もいったんここで措くことにします。


(今日聴いた音楽 誰もいない海 歌 トワ・エ・モア
 誰もいない海はもちろん越路吹雪さんのせつせつと
 うたう歌唱も好きなんですが、今日の「秋の海」は
 穏やかで、それでいて夏みたいに人がいなくて
 さびしくて、、という印象だったので、トワ・エ・モア
 の歌のほうにします。音源はカセットテープ)

|

« 瀬戸内国際芸術祭・秋会期:粟島(その2) | Main | 瀬戸内国際芸術祭・秋会期:粟島(その4・了) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/58432648

Listed below are links to weblogs that reference 瀬戸内国際芸術祭・秋会期:粟島(その3):

« 瀬戸内国際芸術祭・秋会期:粟島(その2) | Main | 瀬戸内国際芸術祭・秋会期:粟島(その4・了) »