« まくだーなる | Main | 惜しいんだか惜しくないんだか方面への旅(その1) »

13. 09. 04

押し買い

さっき実家に電話したら、
昨日のお昼前に、突然人相の悪い中年の男がやってきて
「お宅に、金とかプラチナの指輪とかネックレスが
あるだろうが、あったら売れ。」と
言ってきたそうな。

オフクロが出て「そんなものはうちにはない。」と
言ったのだけど、「いや、絶対にあるはずだ。
出すまで帰らん。」とか言ってすごんだそうな。

「まぁいつまでも居たって、うちにはそんなもの
ないから。」とオフクロは言って放っておいたら
15分ほど座って、なんだか捨て台詞とかを
言って帰っていったそうな。

このところ、シリアの関係でしょうかね。
金とかプラチナがまた上がっているんだそうで、、
まぁそういうことでなくても、
以前に比べたら金もプラチナも
相当に上がっていますもんね。

ちょっと前に、こういうふうに当然やってきて
買い上げるから、出せ、と脅迫まがいのように
迫ってくるヤツのことを押し売りでなくて
押し買い、というのだ、とラジオで言っていた。

どうもその押し買いが来たらしい。

押し買いでなくても、最近街のあちこちに
貴金属の買い取りの店ができていて、、
近所のスーパーの中にもできていた。
「高価買取」とは書いてあるけど、
一体いくらで買い取るのだろう。

確かに目下金の価格上昇がすごくて
謙介が知ってたころなんて金、1グラム980円とか
だったのに、それが今日の三菱マテリアルの
買い取り価格が4641円ですからねぇ。
でも、いくらで買い取るんですかねぇ???

まっとうに4641円なんかでは買い取らないでしょうけど。(笑)

まぁそれはともかく。押し買いの話なんだけどさ。

うちのオフクロは、そういう宝飾品の類は
ほとんど持っていないんですよ。

うちのオフクロ、そういうきらきらしたものには
全然興味がない人で、オフクロがそういうものを
しているのを見たのは、小さいときに何かの拍子で
見せてもらったサンゴの指輪と、親戚の結婚式の
時にしていた真珠のネックレスだけだったもんねぇ、、。

だからこのオッサンが金だのプラチナだの持ってるだろうが、
って凄んでも何も出てこない。
うちのオフクロ、玄関にそんなおっさんがいたけど、
無視して家の掃除してたって。

出せ、っていうから、
そんなものない、って言って、、。

まぁ、ようやっと、うちにいるのが
時間の無駄だ、って分かったみたいで、、。

ああいう連中はどうも横のつながりもあるみたいで
押し買いの奴らは訳の分からんセールス、の連中とも
情報の相互交換をしているとか。

そこで情報交換があって、あの家の年よりは、
うまくだまされた、となったら、
どんどん別のまた別の、といういろんな
セールスが、それこそハイエナのようにやってきて
その家の財産を食い物にするらしい。

前に瀬戸芸で伊吹島に行った話したけど、
その島で、俺、見たんだ。

家の床下とか、屋根に付けた強制換気装置。

あれも、はっきり言って、つけなくたっていいような
ものをセールスマンがやってきて年寄りをだまして、
何十万とか何百万とかかけて付けさせるわけでさ。

島にそういう機械がついている家があってさ。

あ、あのセールス、こんなところまできて
付けさせたんだ、って、俺もうびっくりした。

で、おそらく島だから、運搬に余計費用がかかるだの
特別注文だ、とか言って、本土よりより高額の
お金ふっかけたんじゃないだろうか。

本当に自分もしっかりしていないと、
社会的に弱い人を食い物にするような
人がいるからさぁ、、

話には聞いていたけど、
そういうのが実際にあった、って聞いて
ちょっとびっくりしたのだった。


ということで、明日から、今年最後の
(たぶん)プレゼンテーションのために出張どえす。


台風くずれの低気圧のおかげで
雨が集中的に降ってくれまして、
もうあかん、と言っていた早明浦ダムが
明日か明後日には100パーセントの貯水量に
なる、そうです。 これでしばらくは大丈夫でしょう。

しかし、明日、高速艇は出るのか??


(今日聴いた音楽 浪花節だよ人生は 歌中村美律子
 自分でもこんなの聴くなんて思っていなかったんですが。
 朝からこの曲の前奏が頭の中でエンドレスに鳴っていて
 変なの。うちの実家の近所の土建屋の社長さん、
 もう激烈な中村ファンでしたが、去年の6月に亡くなって
 しまって、、 口は悪かったけど、誠意はあった人でした。
 すい臓がんだった、と聞いています)


|

« まくだーなる | Main | 惜しいんだか惜しくないんだか方面への旅(その1) »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

大雨になっているようですが、大丈夫ですか?
渇水が改善しそうとのこと、良かったですね。
水ばかりは運を天に任せるしかないのでまさに恵みの雨だったことでしょう。

もう出張に出発さなったころでしょうか?
雨の日の遠出は大変だと思いますが、最後の発表頑張ってください。
いってらっしゃい!

Posted by: タウリ | 13. 09. 05 at 오전 11:37

---タウリさん
今日は昨日とうってかわって、
よい天気の一日でした。
(その分やはり暑かったですが。)
どきどきした発表ですが、リハーサルを
繰り返してやっていたことは
あんまり役立たず、ちょっと上がって
しまったのですが、それでも、何とか
最後までやって、責任を全うすることが
できました。結構受けたので良かったです。
(でも本人の出来の評価は60点くらいです。)明日は別に謙介が一人で何かする
ということはないので、今日はゆっくりと
寝られそうです。
タウリさんやまさぜっとさんが
折に触れて励ましてくださったので
何とかなりました。本当に感謝感謝です。
どうもありがとうございました。

Posted by: 謙介 | 13. 09. 05 at 오후 10:12

田舎在住なのでありますよ!丸○の布団がやって来る!!安い日用品で人寄せして高額品を売付けたり油断大敵。
>肝臓周辺の超音波診断→肝臓周辺は臓器が重なっていて、異常が発見しにくい、三津五郎丈のすい臓の病気って、過労から来ることが多いと聞いています。やはり働かせすぎ。
松竹は役者をこき使って消耗品のようにポイ捨て
三津五郎丈の今後の治療が、心配ですし、このままだと今の歌舞伎を支えている、すばらしい名優さんたちがどんどん消えていくような気さえしています。
三津五郎さん無理して8月出演されたみたいですが、責任感が強いのはいいことかもしれませんが、それ故取り返しのつかないことになっては困ります。ファンの方もダブルキャストにするとか、週休2日だなとか。
福○さんの襲名ですが松竹が更なる集金袋として推し進めたんでしょうかね?ヤマトタケルも襲名公演でやることに松竹が反対していたようですし。でシネマ歌舞伎で更に集金しようと通常よりお高い¥3000で本当に金の亡者!!
團十郎さんも白血病の際以前から体調の異変を感じておられたようですし、海老蔵さんの襲名があったから無理されていたのではないでしょうか。三津五郎さんも手術が成功されてもまた松竹に酷使されたら…9月新橋半額チケットが出回ってるみたいですし、9月花形も毎日戻ってるみたいだし、本当に松竹はいい加減に役者を休ませて、価格体系、上演時間etc考えるべきでしょうに。松竹は潰れてもいいけど役者の犠牲者をこれ以上出してほしくないです。

Posted by: ゆき | 13. 09. 06 at 오후 7:58

---ゆきさん
以前のこんぴら歌舞伎の時にも、二人で
そんなことをお話しましたよね。
松竹って、目先のそろばん勘定のことしか
考えられない会社だと。
長期的な視点とか、歌舞伎をどうするのか
も含めて全然考えていないと。
役者さんを将棋の駒程度にしか
思っていないのではないですか?
この公演でだれそれを出して、
あの公演では、あれとこれ、というくらい。
おっしゃる通りだと思います。
パリ公演って、あれだっていったい
何だったのでしょう。単に團十郎さんの
寿命を縮めただけのような気がして
なりません。三津五郎さんも、
人柄が良い方ですから、
しなければ、という責務と、
ここはひとつ踏ん張らねば、という
お気持ちがそうさせたのだと思います。
いくら名優、上手と言っても
身体が資本ですよね。
本当におっしゃる通り、
価格とか、上演時間とか
今後の歌舞伎全体のありかたとか、
もっとファンの意見、役者の意見
をよく聴いて、根本的に
改めるべきです。
福○さんの襲名だって、おっしゃる通り
ではないでしょうか。マクドナルド
じゃあるまいし、客に飽きられない
ようにするためにイベントを
持ってきた、ということではありますまいか。まったくゆきさんのような
方の意見が反映されないのでは、
歌舞伎界の今後も
本当に暗澹たる思いがします。

Posted by: 謙介 | 13. 09. 06 at 오후 10:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/57775844

Listed below are links to weblogs that reference 押し買い:

« まくだーなる | Main | 惜しいんだか惜しくないんだか方面への旅(その1) »