« 羊羹はお好き? | Main | 自分の体を使うこと »

13. 08. 05

片付けの夏

このあいだの選挙の間で、何度も聞こえてきたのは
「憲法を変える」とか「経済成長戦略」という言葉でした。

「憲法」って、
そもそもが、放っておいたら国家というものは
勝手に国民の利益を侵害していくようなことを
どんどん勝手にやっていく恐れがあるから、
国が、国民の権利について
どんどん侵害することのないようにします。
国民の権利を守ります、という契約なんですよね。

それだからこそ憲法に違反しているかどうか、ということが
問題になるわけですし、最高裁は憲法の番人と言われるわけでしょ。

ところが自民党はそういう性質のものを、
変更しやすくするようにしたい、
と言っているわけです。

まぁ自民党は昔から憲法の変更を党是にしてますから
今に始まったわけでもありませんが。


国民が一体どれくらい改正について望んでいるのか、
選挙直前の調査ですと、改正を望まない人のほうが
多かった、という結果を見ましたが、まだ慎重論の
ほうが多いのではないでしょうか。


それから経済成長戦略。
経済を右肩上がりに持っていきたい、
ということのようで。

そのために景気を良くして、給料を上げる仕組みを
作って、消費を拡大して、ということを
言っていました。

今は物が売れない時代、と言います。

人口減少社会どうのこうの以前の問題として、
そんなもの当たり前じゃないか、って思います。
だって身の回りに、ものがあふれているではありませんか。

テレビだって一家に何台あるのでしょう。
着ない服だって何着あるか。

以前のようにテレビの受像機がなければ
テレビの番組を見られない、っていうようなものでも
ありません。

そんな状況なんて素人目に見たってわかりそうなことでは
ないか、と思うのですが。

にもかかわらずうちの会社は、
テレビの生産ラインを増強する、という判断をして、
結果、大赤字になった、って言っている会社があります。


そんなもの別に日本の物づくりの失速とかいうようなことでなくて、
ただ単にその会社の経営方針が間違っていたから
そういうことになってしまった、というだけの
ことでしょ?

物が売れない、って言いますが
これだけものが身の回りにあふれていてですよ。
一体これ以上何を買うのか、と
思います。

人の欲望とか願望は際限のないもの、とは
言いますけれども、そもそもがもう今の状況で
右肩上がりの経済なんて無理なんじゃないですかねぇ。

以前は今日より明日、明日より明後日
と日々成長する、でしたが、
今はそういう時代ではないでしょうに。


政府は
日本の国は大赤字で借金の額だけ見たら、
1000兆もある!
と言っているのですが、その一方で
日本が世界中に貸しているお金が
600兆ほどあります。
財務省はそれを言いたがりませんが。(笑)

そうしますと1000-600で400兆円が
日本の純粋な借金ということになりますね。

200パーセントだなんてとんでもない。
GDP比でいえば、80パーセントほどです。
あの堅実で定評のあるドイツと同程度の借金でしか
ありません。

借金ばかり言って、貸している金だって600兆あるよって、
どうして誰も言わないのでしょう。

てっとり早く世界中の貸した国にいいますかね。
貸した金返してよ♪ とか。
ぜーんぶ、さっと返してもらったら明日にも
日本はずいぶん身軽になると思いますが。

ですがその前に諸外国が破産するのが早いかもしれません。

で、日本はどこから借金しているのか、と言えば
97パーセントが日本国内で、ですよね。

どこかの国みたいに外国から借金しまくって
返せなくなって、あわわわ、という状態ではないわけです。

それにあそこまで借金を膨らませたその大半は
自民党の時代に、だったわけでしょう?
その反省はしているのか、といえば、
聞いたこともありません。


それから借金のつけを将来に回してはいけない、って
いうのですが、国の借金の中には
返済までに5年とかいうような短期の借金もあります。
それから過去に作った借金だってあります。
そういうものに対する利息の支払い、返済は
今の国民が負担をして返しているわけですよね。
そういうことだって報道されません。

で、もうひとつ不思議なのが年金制度です。
社会福祉の専門家に聞くと、日本の年金制度は
50年くらい先に、日本の人口が4000万人になるかも
しれない、と、その人口規模を考えてプランを
たてているといいます。

謙介が中学の時、日本の人口は増えすぎだ、
ということを言っていました。 1億を超えたら
食糧危機が来て、日本の国は破滅するぞと
言われていました。 

日本の人口は8000万人くらいが
ちょうどいい、と習いました。


今の日本、人口が減っている、って言われていますが
それでも1億は超えています。
日本の国、食糧危機が来て破滅してます?

でも年金の財源がない、という。
なんだかすべてが消費税の税率を上げるために
これもアカンことになっている、あれも悪い、って
悪くなっていないものを無理やり悪いって
いうふうに説明をして、
税率を上げるための理由づけをしてるだけ
のような気がしてならないのですけどね。

経済評論家の人は、財務省の都合の悪いことを
いうと、財務省から排斥されて
仕事ができないようになるとか。
だから本当のことが言えないんだ、というような話も
聞きましたし。

だもんで、とりあえず今の日本の財政は
借金まみれのたーへんな状態で、、
消費税を増税しなくては
日本の国は明日にでも倒産しそうなんだ、ということなのだそうです。

でもね、そんな借金まみれで国が倒産しそうな割には
外国為替のレート、あの辺でとどまっていますし
国債の利回りだって10年ものまで見たら、8月2日現在で
1パーセントありませんです。どうしてこんなに落ち着いているの?

明日にでも破たんしそうな国が、
こんな利率であるわけがありませんが
この低さ。どういうことなんでしょうかね。

謙介がかつてソウルにいたときは、韓国がものの見事に
倒産してしまったのですが、ウォンドルレートなんて、、
もういっとき相場にならないくらいひどいことになっていましたけどね。


新聞も雑誌も全くあてになりません。
謙介の仕事場の地元紙なんて、
大王製○の前の社長が博打で負けて
その借金を会社に払わせて特別背任の罪で逮捕された
ニュース、1週間くらい放置していましたからね。
だって大王製○から新聞の紙買ってるもん。
情報はいろいろなソースからとってこないといけませんし、
専門の人の意見も聞く、というスタンスのほうがいいようにも
思います。


要するにみんなあれこれ言ってたって、どうなりますことやら
予測なんてつかない、ということなのでしょう。

自分の生活は自分で防衛する、という
スタンスで行くしかない、というとてもシンプルな
結論に立ち至る、ということなのだと思います。


先日、PCの片付けをした話をしました。


そのあと、タンスの中の衣類の整理をしました。
5年くらい着ていない服と、普段着ている服とに分けました。
冬のセーターは着られるのでおいておいて、
処分したのはほとんど夏物でした。

処分の基準は、5年以上着ていない服です。
それとか、長く着ないと黄ばんでしまう、ようなものもありますし、、。

そういうのは処分しました。
処分たって、全部ゴミ袋に入れて、、というのではありません。
一応、大雑把にはさみで切ります。
それを雑巾代わりに使って、汚れたら使い捨てにするわけです。

さっきトイレでタイルを拭くために使ったのは
ラコス○の古いポロシャツの端っこです。(笑)

これは切ったポロシャツで台所の床を拭いているところ。
(もちろんトイレ用に使った部分の布きれとは
別の部分ですよ。)

Zokin


10年何年着て、もうあちこちほころびが出てきたので
さすがにこれはあかん、ということになりました。
これを買ったのは、ソウルの今はなき美都波百貨店
(ミドパペックヮジョム)でした。

夏って、割と考えるのが面倒になるので
ええいめんどうだ捨てちゃえ捨てちゃえ、で
結構思いっきりよく捨てられる時期ではあります。
それに今まであったごちゃごちゃしたものが、一掃されると
何よりも「達成感」が生まれます。

俺は片づけをしたんだぁぁぁぁ、って。
家の中で、片づけをする、というのも
夏に向いている作業なのかもしれないなぁ、と思います。

(今日聴いた曲 物を大切にしましょう、ということで
 あいつのブラウンシューズ 歌 松原みき
 この曲の歌詞の中に「こんな古い靴だって磨けばステキに光る」
 というのがありますからね。
 みきさんと大学の時のN村くんの奥さんが
 プール○院で同じクラスだったのです。 というのか
 デビューのころから、彼女のコンサートには行っていて、、。
 四ツ橋の厚生年金のホールのコンサート、今もはっきりと
 覚えています。(おっさんは過去の記憶はちゃんとして
 いますから、、。)今も謙介的には一番の歌手ですが、、。 
 もう彼女の新曲を聞くことは残念ながらできないのです。)


|

« 羊羹はお好き? | Main | 自分の体を使うこと »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

片付け、と聞きますと耳が痛いです。
散々やるやる!と宣言しておいて、いざ始めるとちょこっとしか片付けられず、先延ばしのままもう何ヶ月(何年?)過ぎたことやらです。
物がありすぎる、謙介さんの仰るとおりです。
我が家も独居の割には物が多すぎであります。
収納があると、その分、物をため込んでしまうのだそうです。
なので、一人暮らしは一人なりの広さの部屋が良いのだそうです。
我が家は3LDKなので、無駄な物を置くスペースがありすぎです(汗)。
片付けより引っ越しが先でしょうか?(苦笑)

自分の生活は自分で防衛する、は謙介さんの仰るとおりですね。
若い世代ほど収入が低いという現代では、それもままならないように思います。
お金、どこに行っているのでしょうね。
天下の回り物と言いますが、いつ廻ってくるのやらという順番待ちの世界でしょうか。
老後のことを考えるといろいろ不安が出てきますが、一日一日を大切に過ごしておこうと思います。

Posted by: タウリ | 13. 08. 06 at 오전 11:50

---タウリさん
そうなんです。うちも実家はともかく、
仕事場の街のほうのアパートは一人暮らし
の上に、何部屋かありますから、
つい、いろいろと、ということに
なってしまうんですよね。
結果、なんじゃこれは? と
このカオスというか「らびりんす」な
部屋の状態を見て、これではいけない!
と思ったのです。(遅すぎ)
それで、もうよほどのことがない限り、
あるものを有効活用しよう、と。
どうしても今使っているものが、
古くなって壊れた、とか
使えなくなるまでは、使い倒そう、と
いうことにしました。
後、そうしながら整理もする、と考えて
いるのですが、、なかなか思うのに
実行は伴わず、できるのはいつのこと?
というような話ですが、それでも
ひとつずつ片付けたら、いつかは
まぁ何とか整理もつくだろう、と思い
少しずつ進めているところです。

Posted by: 謙介 | 13. 08. 06 at 오후 12:50

投票率の低迷を考えると、憲法改正の国民投票にどれだけ投票するか心配です。国民投票法によると、投票数の2分の1超の賛成で改正承認とのことです(もちろん、その前に衆参両院で3分の2以上の賛成で、発議の可決しないといけません)。
先月の参院選では、有権者1億400万人のうち、投票したのは5480万人でした。国民投票で同じ投票率なら2740万人の賛成で承認。総有権者の26%の賛成で承認というのは、納得しづらいです。
僕も最近、部屋の片づけしてます。偶然ですね。暑いと身軽になりたくなる心理があるのかも知れません。
先週も「お値段以上ニ〇リ♪」でカラーボックスを買ってきて、父と一緒に組み立てました。

Posted by: mishima | 13. 08. 06 at 오후 2:27

---mishimaさん
やはり夏は暑いですが、
身軽になりたい、とか片づけをして、
ごちゃごちゃしたものを一掃したい、
という気持ちになるのかも
しれませんね。
選挙の投票行動ですが、
なんか選挙をショーみたいに思ってて
投票には面倒だの暑いの、
って言い訳をして行かないけれども、
テレビ各局の開票特番は見る、という人が
多いと聞きました。
なんだかそういう国民投票の時も
そういう人が結構いるような気がします。
でも、さすがに憲法となったら
皆行くでしょうかね。
選挙は、どうも民意をなかなか
反映していないところがありますね。

Posted by: 謙介 | 13. 08. 06 at 오후 10:29

選挙は必ず行くようにしてるんですけどね…増税はいいんですが宗教法人、消費税を納めてない所から納めさせる
田舎だから?公共事業の優先順位が間違っていたり、地方によっては70代では幾ら薬を貰っても診療代が僅かだったりするみたいですし。
大○製紙スルーですか…そういう事多いんでしょうね。援助はしていてもその国では日本の援助とは知らず⁇借金あるならまず取立てる、更なる援助は控えるとかが妥当だと思うのですが…
今某イラストレーターさんが汚部屋住人から脱出後、「必要なものがスグに!とりだせる整理術」を読み→部屋をちょっと方ずけ「人生がときめく片づけの魔法1・2」と進み猛然と捨てまくっております。魔法の著者は片づけられない人は1.出した物を元の位置に戻さない2.捨てられない若しくは3.両方…私は3ですという事で45Lゴミ袋で4袋は捨てました。ちょっとその辺に置いたまま寝るというのも辞めました。。この状態をキープしたいんですが、いつも片づけても暫くすると物が増えている…今度こそ無闇に買わないようにしないと!!

Posted by: ゆき | 13. 08. 17 at 오후 8:21

---ゆきさん
田舎のマスコミはいいニュースは早く報道するくせに、悪いニュースは遅いんです。
今日だって四国のニュース
高校野球のニュース、鳴門と明徳が勝った
報道は早かったくせに、済美が負けた
ニュースは、すごく遅かったです。
済美のほうが今日の第一試合で一番最初に
あったにもかかわらず、です。
だから田舎の場合、早いのは
個人の口コミのほうですね。
圧倒的に早いです。
ゆきさんも、そうですか。片づけ・
整理をなさっているのですね。
もうちょっと放っておいたら、
すぐにそこいらじゅうすごいことに
なるので、最近は物は必ず定位置に
置くようにしています。それは整理、
ということもあるのですが、物忘れが
多くなって、あれは、どこに置いたか?
と言って、困ることが多くなってきたから
です。定位置に戻す、というちょっと
したことで、そういうイライラを防ぐ
ということもありますし、、。
気を抜いたら、あれやこれや、と
増えるので、最近は、どうしても買う場合は
一週間くらい悩んで、いろいろと多角的に
考えた末に買うようにしています。

Posted by: 謙介 | 13. 08. 17 at 오후 9:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/57828898

Listed below are links to weblogs that reference 片付けの夏:

« 羊羹はお好き? | Main | 自分の体を使うこと »