« 分担業務 | Main | 文字を読むことと、本を読むことと »

13. 06. 19

新機種入れ替え

新機種入れ替え、って何やらパチンコ屋のようですね。

あ、今日の話はパチンコの新機種入れ替えではなくて
ETCの車載機のことですよ。

こないだのETCの誤作動について、先日ようやっと
本四高○から調査結果の報告がありました。

結論としては、謙介の車戴機の電波を送信する性能が
落ちているのではないか、ということでした。


前にも言いましたように、高速道路の出入り口のゲートを
通過するときに、カードの入った車載機と
地上のゲート側で7回確認の送受信が行われて
オッケーならばゲートのバーが開く、というのが
ETCの仕組みのようです。
(謙介、誤作動のたびにゲートの職員の人に
根掘り葉掘り質問しまくるので、おかげで
その原理がすっかり詳しくなってしまいました。
いいんだかわるいんだか。(笑)

謙介の車の機械、ゲートの機械にむかって
正常に電波を送信するときと、なんだか弱い電波しか
出さないときのムラがある、と言われました。
バーが誤作動せずに一応正常にバーが開いた時も
ゲート側の機械の受信限界の時間のぎりぎりまで
かかってようやっと向こうの機械が受信できた、
なんとかまぁうまく行っていただけで、その所要時間が
ずいぶんな時間がかかっています。ということでした。


まぁ、考えたらこのETCの車戴機、ETCが四国の高速道路で
サービスを開始したのとほぼ同時期ですから、もうはや
10年前に買ってつけたわけです。

以来、車は何度か変わったのですが、この機械はずっとそのまま、
で付け替え付け替えしてきたわけです。10年間使ってきた、ということで
考えたらもう寿命だなぁ、と思いました。


この10年間の間の誤作動ですが、3年目くらいにたて続けに
四国内の高速道路で2件経験しまして、その後、
2年おきくらいに1件ずつ、計4件経験しました。
そういうことはよく覚えています。
それ以後は去年までは起こっていませんでした。

それで今年に入って、もう誤作動起こりまくりになって
これはちょっとなぁ、と思いました。
ということで新しいのに付け替えよう、と
決心して、土曜日にオートバック○に行ったわけです。

前の機械は、カードを入れたら、「ETCが利用できます。」
と女の人の声で案内があったのです。 その声は
割と穏やかな感じでいいなぁ、と思っていたのですが
今回の機械は「ETCカードが挿入されました。利用期限は
、、、」とちょっときつめの女の人の声になりました。
声がきつくてちょっと怖いです。(笑)

それと、どうしても女の人の言う「挿入」っていう言葉に
引っかかってしまって、「いんさあと♪」とか
言い換えたりして、、(アホです。)

土曜日にオートバック○に行って、付け替えをしてもらいました。
ネットで注文すれば、2分の1以下の値段で買えるのは知っていたのですが、
古いのを外して新しのに付け替えたり、それをセットアップしたり、
という作業もあるので、オートバック○で頼みました。


結構時間がかかって(1時間半)びっくりしましたが
(20分くらいでできると思っていた。)
新機種入れ替えです。

日曜にドキドキしながら利用したのですが
(また誤作動なんかあったらどうしよう、とか思って。)
無事にゲートの開閉もできて、ちゃんと通行できました。

これでもし、またどこかの誤作動が起これば、それはもう
高速道路会社側の機械のせいに違いないと思います。

こちらの機械が古ければ、また何かあった時に
「あんたの車載機が古くておんぼろだから誤作動が
起こったんだよ。新しいのに買い換えろ。」とか
言われるので、一応こちらも最善を尽くして
何かあったときに相手から言われたりすることの
ないようにだけはしたわけです。
(まぁその理由で、最新機種に付け替えたのですが。)

さて、果たしてもうこれで誤作動は起こらないのでしょうか。
しばらく様子を見ていきたいと思います。

(今日聴いた音楽 尾崎亜美 マイピュアレディ 1977年
 もう36年前の歌ですねぇ、、、。小林麻美嬢(当時)
 のポスターもらいに資生堂の支店まで行きましたです。)

|

« 分担業務 | Main | 文字を読むことと、本を読むことと »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

謙介さんのETC器機、何度かトラブっていましたからね。
今まで追突されなくて、幸運でした。
今後は仰るように、車載器機のせいにはできないでしょうね。
何よりも停止して後続車にぶつけられる心配がなくなって良かったと思います。

私の車もETCがついていますが、年に1~3回ぐらいしか使いません。
沖縄のETCゲートですが、バーの開く速さが日本本土より速いです。
せっかちなので、本土と同じ開閉速度にしたらぶつかる車が多発したらしいです(+_+;)。

Posted by: タウリ | 13. 06. 20 at 오후 8:16

---タウリさん
本当におっしゃる通りで、後続車に接触でもされたら、ということがなかったので、よかったです。四国の高速道路なんて、通行量の飛躍的に多い本州の東名・名神とか首都高・阪神高速とは違って、そりゃもうのんびりしたものですから。(笑)でも、その交通量の少なさに助けられた、という面もあるように思います。
 沖縄は、バーの速度、早いんですか。せっかちな人が多いのですか? いや、別に沖縄だからのんびりしている、というのではなくて、ゆったりと運転されるのかなぁ、と思っていたのですが、ちょっと意外な感じでした。

Posted by: 謙介 | 13. 06. 20 at 오후 10:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/57597727

Listed below are links to weblogs that reference 新機種入れ替え:

« 分担業務 | Main | 文字を読むことと、本を読むことと »