« 巡礼旅(7) | Main | ココアプリンと普通のプリン »

13. 05. 29

エチオピア饅頭とか連雀町の到来ものとか

前にこのブログでも書きましたが
高知のエチオピア饅頭、とうとう今月末で
製造中止になるのだそうです。

Epiman1


ご店主が、4月にお亡くなりになってしまって、
今は奥さんが中心にやっていらっしゃるようですが、、
前に伺ったときは、御主人はお菓子作りで、奥さんが
店で接客という形のようでした。
小さいお店で、製造と接客もすべて一人というのは
無理な話です。

Epiman2


ということで、今月末をもって、このひそかな高知名物は
なくなってしまうのだとか。
残念な気もしますが、それもまた仕方ありません。


お菓子の話をもうひとつ。
先日、東京の友達から、近江屋のお菓子のプレゼントが
ありました。 お茶の水に行く用事があったので、と
おっしゃって、連雀町(今は淡路町と言ったほうがいいんですかね。)
のお店にまでわざわざ出向いて、買ってきて送ってくださいました。

いい加減な添加剤なんて使わずに
上質の材料をしっかりと使って作って
あります。
ここのお菓子は、今風な軽くて甘さ抑えめ、というのではなくて
どっしりしっかりとしたお菓子です。
だけど、ここのお菓子をいただいて、はずれだった、
というのはありませんね。
どれも本当においしいです。

添加剤なんて使っていませんから、
日持ちはしません。


このパッケージが明治の文明開化、という感じがして
好きです。 

これくらいの隷書体だったら謙介だって書けますよー(笑)
Oumiya1

この上の「近江屋」の文字、おそらく、看板として
店に掲げられていたのではないですかね。

というのも、「近」の最後、之繞(しんにゅう)の右払い
「江」の最後の画の右払い
「屋」の最後の右払い、

書としての隷書であれば、きれいに穂先をそろえて
抜いていかないといけません。

それが隷書の基本なのですが、
でも、そうやって書くと、文字の印象が弱くなります。


しかし看板は目立たないといけません。
そのためには肉太の字で書く必要があります。


ということで
謙介も書いてみましたよーん。(笑)
こんなの1分くらいで書けます。
隷書体の基本に忠実に書くと
まぁこんな感じになりますかね。

Ji
でも、実際そんなことは全くあり得ませんが、
もし仮にこの謙介の書いた字が看板になっていたら、と仮定しますと、
やはりインパクトがありませんねぇ。

字が弱弱しくてパンチに欠けた字ですね。
看板の字というのははっきり言って目立ってなんぼです。
お芸術作品ではだめです。たくましく肉太の字でないと。
だれですか、じゃあガチムチ体型の字だな、って納得している人は。

「近江屋」の文字を見ていると、肉太の目立つ字です。
おそらくは金属の板を白く塗り、そこに黒々と太い字で
「近江屋」の看板がかかっていたのではないでしょうか。
やはり看板の書体はこうでなくてはなりません。

なのでこの書体は看板の字、として書かれたものだ、と
推察できるわけです。

字のことでごちゃごちゃ言ってないで、さっさと
お菓子の箱を開けたらどうなんだ? 

早速あけてみました。
思わずうわあ、と声が出てしまいます。

箱の中、お菓子の詰め合わせはこんな感じです。
Oumiya2

どのお菓子も丁寧に作られていて、いい加減なところが
ありません。びしっと、神経が行き渡った、という感じです。
それは明治に西洋菓子を広めてやるぞ、という気概で
この店を作った創業者の気持ちが今もお菓子の中に
濃厚に反映されているような気がしました。
レーズンビスキュイです。
Oumiya3
このお菓子ですと、北海道の某菓子店のも有名ですよね。
(もちろんそこのものも食べたことがありますが)
でも、近江屋のほうが袋を開けたときに、
使っている洋酒とか香料の香りがさっと立って
なんだか贅沢な感じがするのです。


ブランデーケーキです。
Oumiya4
中に入れるアンジェリカですが、
黄色や緑や赤や、とあれこれといろんなものを入れないで
ひとつ、にしていますから、色の統一感が
あるように思います。

確かにあれこれと入れたほうがにぎやか
という意見もあるかもしれませんが、
そうしてしまったら、ホームメードのケーキというのか
見栄えが野暮ったくなってしまう気がするのです。

これも、全然軽くなくて、どっしりとした質感のお菓子でした。
もちろんこれもうまーい。
とりあえず、食べたのはこれだけなのですが、
また別の日に続編を紹介したいと思います。
思いがけないおいしいお菓子、本当にうれしかったです。
感謝感謝です。


明日もお菓子の話です。(たぶん)


(今日聴いた音楽 リップスティック 1978年 歌桜田淳子
 78年のちょうど今頃 5月の末か6月の梅雨のころに
 この曲を聞いた記憶があります。この曲も好きです。
 なんだか頭の中で淳子がエンドレスで回っているような。)

|

« 巡礼旅(7) | Main | ココアプリンと普通のプリン »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

西国三十三か所霊場めぐり旅行記、お疲れさまでした。
またもや大作で、自分も旅行に行ったような気分にさせていただきました。

近江屋洋菓子店、知りませんでした…。
今度、会社帰りにでも寄ってみようかなぁ。
どれも美味しそうですもん。

しかし、本当に達筆でらっしゃいますよね。
って、達筆だとかそういうレベルじゃないんだと思いますが、凄いなぁとつくづく…。
カッコいいです。

Posted by: まさぜっと | 13. 05. 29 at 오후 11:31

---まさぜっとさん
 字、のこと、本当にありがとうございます。漢字の中でも隷書と楷書はまだ見られる、というのか、ましなほうなんです。草書は最悪で、、、。(だから書かないのですが。)先生のところに持っていったら、謙介だけいつも「下手やな。」とずーっと言われ続けて、、なのでいまだに草書については、コンプレックスがあります。(いや、まぁ実際に下手でしたけど。)
 今回、字をアップするので、写真を撮ってみて気がついたのですが、実際の字は、もうちょっとのんびりとした感じの字なんです。ところが写してみたら、やたらはねの部分がひときわ強調されたみたいになってしまっていて、、感じが全然変わってしまったことにちょっと驚いています。書いている本人は全然かっこよくないので、字をそんなふうにおっしゃってくださったら、もう舞い上がっています。(笑)いつもありがとうございます。

Posted by: 謙介 | 13. 05. 30 at 오전 11:46

はじめまして、大阪在住2児の母で専業主婦の者です。

もうすぐ横浜在住の姉のところに遊びに行きますので、雑誌で見て気になっていました「近江屋洋菓子店 レーズンビスキュイ 原材料」を検索して、お邪魔させて戴きました。

紙袋の書体に注目されて、そしてご自分でも文字を書かれていて(笑)すごく茶目っ気のある方だなと楽しく拝見しました(^^)字を書くこと、文章を書くこと、本当にお上手ですね(^^)是非とも近江屋洋菓子店に行ってレーズンビスキュイを購入しようと思いました!ありがとうございました(^^)

息子(3歳)の名前も「介」です。格好の良い漢字ですよね(^^)

お邪魔いたしました(^^)

Posted by: しほ | 13. 08. 03 at 오후 7:36

---しほさん
近江屋さん、の検索で来られたのですね。
ありがとうございます。
友人がちょうど御茶ノ水駅近くに
勤務先がありまして、「近江屋のお菓子は、おいしい。」ということことで、時々送って
もらっていました。
あのお店の社長さんは、必ず自分で食べて
味を確かめたものを原料にしている、と
聞きました。保存料も使っていない
そうで。そのためあそこのお菓子は
全然日持ちがしません。1度5日ほど
マドレーヌを置いていたら、カビが
生えてきたことがありました。でも、それは
保存料を使っていないからそうなるので
却って、安心したようなことがありました。

何度かお店に連れていってもらったのですが、お店のたたずまいも、老舗という
感じですし、、。あそこはいいですよ。
ぜひ、いらっしゃってください。
(と言って、別に近江屋から、何も
いただいていませんのですが。笑)

Posted by: 謙介 | 13. 08. 03 at 오후 8:51

またまたお邪魔いたします(^^)保存料も使用されていないのですね!マドレーヌの件、感激(?)です。本当に手作りのお菓子なんですね。姉が以前鞄に入れて忘れていた袋入りの菓子パンが数週間(?)もカビが生えていなかったと驚愕していました(^^ゞカビが生えて安心してしまうという不思議な時勢ですね。

ご友人と一緒にお店もご訪問されたのですね(^^)雑誌の写真でも天井が高くてレトロな雰囲気の店内が素敵でした!たくさん貴重な情報をありがとうございました!

胡瓜や羊羹の文章も楽しく拝見しました(^^)またお邪魔させてください。ご丁寧にありがとうございました!

Posted by: しほ | 13. 08. 04 at 오후 7:13

---しほさん
近江屋さんでも、ケーキなり、クッキーを買う時に、お店の方が、この賞味期限は
いついつまでです、とちゃんと言ってくれます。他所のお菓子屋さんのものは、2週間、とか場合によったら1か月とか半年くらいまで持つものもありますが、近江屋さんに
限って言えば、もう2、3日中、です。
うまいものは宵のうちに食え、ということわざ通り(笑)で、もう買って帰ったら、さっさと食べてしまうか、若干の風味は落ちますが、フリーザーに入れて冷凍してしまうか、ですね。 そういう意味でも本当にこの
お店の品物は安心できると思いますし、
しかもおいしいです。近江屋さんのお菓子で
これははずれだった、っていうのが
ないのです。ぜひ、お近くにいらっしゃったら寄ってみてください。

Posted by: 謙介 | 13. 08. 04 at 오후 8:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/57457849

Listed below are links to weblogs that reference エチオピア饅頭とか連雀町の到来ものとか:

« 巡礼旅(7) | Main | ココアプリンと普通のプリン »