« けんこうしんだん | Main | からっぽの美術館・からっぽの図書室 »

13. 04. 26

パソコンのリプレイス

謙介が仕事で使っているパソコンですが
システムもウインドウズXPでの運用は
近々できなくなる、ということと、使っている
パソコン自体も5年にもなったので
リプレイスをおこなうことになりました。
やはりパソコンは4、5年くらいが使用限度で
新しいものにどんどん変えていかないとだめですね。

機械の動きが悪くなってきますし

一番困るのは、何の前触れもなく
急にパソコンが全く
立ち上がらなくなることです。
昨日まではちゃんと動いていたのに、
今日スイッチを押しても全然反応しない
なんていうこと、みなさんにはご経験は
ありませんか?

なので、4、5年使ったパソコンは、いつでも
そうなる、と思ったほうが
いいのかもしれません。

それからもうデータは1週間に一度は
外付けのハードディスクに移動させるように
しています。
それから会計関係のものについては
面倒なんですが、手書きの台帳も
併用して作っています。

何度も何度も突然にパソコンが動かなくなることが
あって、おまけにデーターを出せない、という
ことも何度もあって、さすがの謙介も少しは学習しまして
そういう方法をとるようにしています。

パソコンなんて消耗品だからね
と、うちのネットワークの担当係の人にも言われました。

謙介のポリシーとしては、
古いものを大切にして長らく使う、
ということなんですが、パソコンについては
例外としなければいけません。

機械、
前はヒューレットパッカー○のでしたが
今度は富士○のものになりました。

まぁ機械は仕事場であてがわれるものなので
スペックだのデザインだので
あれがいいとかこれがいいとか文句は言えません。
(前のもデザイン的にいまひとつ好きではなかったのですが
今度はもっと事務的な感じのものになりました。
院生の時に研究室で使っていた、IBMのアプティバに
なんとなく似ているように思います。
とってもビジネスライクでデザイン的なおもしろさは皆無です。
実用一辺倒なのがいまひとつ、、。)

今はウインドウズ8ですが、一つ前のバージョンでないと、
システムが対応しない、ということで7になりました。

システムについては、仕事場で使っているシステムを開発した会社の方が
来られて、昨日、新しい機械に移行してくれました。
今日はお気に入りに入れていたブックマークをインポート
したり、細かいところをがちゃがちゃといじくって
(カスタマイズなんていうかっこいいものでもない、と思う)
一応、動くようになりました。

ここ3日というもの、机の上にパソコンが2台あって、
あっち使い、こっち使いしていたのですが
とりあえず古いパソコンのデータを
外付けのハードディスクに移して
ようやっとさっき古いほうを片付けて、
新しいのが机の真ん中に据えられました。

OSも変わって、確かに
指示しても反応が速いし、事務処理も
さっさとできるので、とても快適です。


ただバージョンアップするのはいいんですが、
新しいバージョンのものになると
アイコンの位置とか操作方法もいろいろ変わってて、、
わからないこと山積です。
しばらく人に聞いたり、マニュアルを見たり、という日々が
続きそうです。
でもバージョンが変わったら、そこまで変更しなくても、、
ってやはり思います。

自動車だってメーカーが変わっても基本的なスイッチとかの部分は
同じじゃないですか。ああいうふうに、
基本的な部分は動かさないでくれ、っていうのは
だめなんでしょうか。

(今日聞いた音楽 「新しさを追う」ということで
 MISS BRAND-NEW DAY
 歌 サザン・オールスターズ 1984年
 音源は タイシタレコード )
 

|

« けんこうしんだん | Main | からっぽの美術館・からっぽの図書室 »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

 ああ・・・謙介さんも7の洗礼を・・・;;;
 そうなんですよ,何が使いにくいって,エクセルとかOSそのもののアイコンの位置とかデザインがまるで違っているのが,諸悪の根源ですよ!
 「前のバージョンなら簡単にできたのに,なんで新しいのができんのじゃーーーっ!」とパソコンごと壁に投げつけたくなることがしばしば・・・。
 機械がスピードアップした分を,操作の戸惑いにかかる時間が帳消しして余りあるって感じです(怒)

Posted by: Ikuno Hiroshi | 13. 04. 27 at 오전 12:25

---Ikuno Hiroshiさん
Ikunoさんもなのですね。もうバージョンが変わったら、レイアウトも違うし、操作の方法も違うし、、ねぇ。ほんとに困ります。前にパワーポイントでスライド資料を作ったわけです。自分のものは2003版だったのですが、実際に発表する場所の機械は2010で、全然また操作性が違ってしまったわけです。操作に慣れていないもので、いきなりやれ、って言われて本当に困ったことがありましたが、、そういうことをやめて欲しいですよね。

Posted by: 謙介 | 13. 04. 27 at 오전 8:47

WinXPが来年までですからね。
私の職場でも更新が必要になってきています。
個人で使う分にはRiskを自分で背負えば良いのですが、職場となるとそうはいきません。
導入したシステムやプログラムの保守管理の条件として、OSの設定もふくまれていることが多いからです。
私は現在はWin8を使っていますが、Win7よりは処理速度が速くて良いです。
困るのはソフトウェア、特にドライバ類が未対応のものが多いことですね。
Microsoftは勝手に販売するだけですが、使う側のことはあまり考えていないように思います。
元々、林檎派でした。
というわけで、プライベートでは新たにPowerPC搭載の旧型Macの購入を考えています。

自分もいつまでIT化の流れについて行けるか、ちょっとヒヤヒヤしています。
ネットワーク経由のことについては慎重になってしまい、スマホで使われる同期機能についても怖さが前面に出てしまっています(^^;)。

Posted by: タウリ | 13. 04. 27 at 오후 10:05

---タウリさん
そうなんですよね。個人持ちのPCであれば、XPでもビスタでも、それこそ自己責任ですからOSだって機械だってなんでもいいんですが、業務上のものは、やはり適宜更新していってもらわないと、ほかとの関連だってありますし、システムに適応しない、っていうこともありますよね。
たまたまうちの仕事場はITも含めてパソコンに詳しい人が何人かいますから、分からなかったら、すぐに内線電話して聞いて、、、って出来ますが、そういう人がいないとネットで調べてみたり、友達何人にも聞いたり、ということになるのかもしれません。謙介の場合は仕事でハングル対応のソフトとか国文関係のソフトを使うのですが、それはウインドウズでしか動かない、っていうこともあって必然的にウインドウズのほうになってしまわざるを得ない、っていうところがありますです。
コンピュータ自体ももっともっとユニバーサル化していって、お年寄りでも障碍のある人でもどんどん使えるようにしてもらわないといけない、と思います。

Posted by: 謙介 | 13. 04. 27 at 오후 10:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/57248820

Listed below are links to weblogs that reference パソコンのリプレイス:

« けんこうしんだん | Main | からっぽの美術館・からっぽの図書室 »