« 800年(おまけ) | Main | これからも »

13. 03. 07

小さいのやら大きいのやら飛びまくり

今年になって1月のはじめから
アレグラを飲んでいたのです。
(花粉症対策)
アレグラは飲んで、すぐに効く、というのではなくて
花粉飛散が来そうな時期から遡って
2週間から10日くらい前には飲みはじめておかないと
効かないのです。
例年、この飛散開始の時期に大きな差があって、、
いつから飲み始めようか、と悩みます。

花粉飛散の早かった年は2月の上旬から、という年も
ありましたし、遅かった年は、3月に入ってから、
というふうに1ヶ月も差があったりするのです。
でも、一番早かった、2月の上旬、をターゲットに置いて
おかないと、いざ、というときに、文字通り薬効なしでは
困る、ということになります。
なので、今年も主治医と相談して、1月の半ばから
飲み始めていました。

案の定、今年も2月になったら飛散がはじまり
すでに周囲では、症状の出始めた人がいました。
謙介は、アレグラのおかげで、ひどいことにならずに
済んでいたので、、油断をしていたのです。
コントロールできている、と思っておりました。

そうしたら、3月1日、アレグラを飲んで、
いつものように出勤したのですが、、。
飲んだにも拘わらず、くしゃみは出るわ、
目がかゆくて涙は止まらないわ、、
つまり薬が全然効かない状態になってしまったのです。嗚呼。

後からこの日の花粉の飛散状況の記録を
見てみたのですが、それまで多くてもせいぜい130とか
220くらいの数だったのが、この3月1日は、
2800。
そらあきませんわ、の世界だったのです。

あの日から一度気温が下がって、またこの数日気温が
上がってきました。

もう薬だけではいけません。
ありとあらゆる手段を取ることにしました。
自分の部屋に空気清浄器を出してきましたし、
外出時はマスクをします。
玄関には服用のブラシを置いて、
玄関の外で、服にブラシをかけてから入ります。
やれやれ。今日が3月の7日ですから
今月いっぱいは、こんな感じの毎日になりそうです。

飛んでいる、と言えば、なんたら2.5という微細な
物質も飛んでいるんだとか。

加えて、黄砂も明日8日には西日本に飛んでくるというし。


ここいら辺までは、小さいものだったのですが、

次は大きいもの。

米軍のオスプレイですよ。
昨日、(6日)職場の上を飛びました。
謙介さん、ほとんど毎日郵便局に行くわけです。
時間も大体午後3時前後です。
そうしたら、北西のほうから、なんか飛行物体が飛んできたのが
見えたのです。
よく見たら、新聞で見たあの異様な機体。
カメラを持ってこなかったのが惜しまれました。
まぁね、ちょっと郵便局に行くのにカメラを提げていく人間も
そうそういない、、。

前々から言っているように
仕事場の辺は、米軍機の岩国基地への離発着ルートの
真下です。加えて、東京便の民間航空機の
着陸ルートにもなっています。


東京から西に飛んできた民間機は、うちの仕事場の
ちょっと北のあたりで飛行コースを西から南に90度
進路変更をするのです。
そうして空港へとアプローチをはじめるわけです。

この辺は民間機と米軍機の飛行コースが微妙に
重なっています。

この辺はなんたって米軍機様優先で飛びますから
東京・大阪からの到着便は、しょっちゅう「デイレイ(遅延)印」が
つきます。 米軍機の通過を待って、民間機が
飛びます。

実際、謙介も何度か搭乗した
東京からの帰着便の中で
「米軍機通過を待ちますので、到着が15分程度遅れます」
というアナウンスを聞いた、というのか、経験したことが
ありました。


岩国からオレンジルートで飛ぶ、と聞いたので
こりゃ来るわ、と思ったら案の定でした。

通常の米軍機のルートであれば、
うちの仕事場の真上を飛びます。
どうして分かるのか、といえば
ジェットエンジンの騒音がやかましくて
部屋の中にいても会話ができないくらいの音がするから。
 
民間機は、ちょっと西側の瀬戸内海上空を飛びます。
ですから音はあまりしません。
昨日の飛行物体は、それとはコースが違っていました。
北西方向から、東側の大きな山を飛び越すような
ルートで飛んでいきました。
三角の隊形を組んで。(3機飛んでいました。)
あっという間でしたけど。
結構やかましい。 ヘリの音って、ちょっと独特ですね。
プロペラ機のようにブーン、というのでもない。
かといってジェット機のように、力強くもない。
ちょっと間が抜けていて、でも結構力強くて。
だからヘリコプターってやっぱりすぐわかる。

今日仕事場で聞いたら、なんとオスプレイ
高知の山間の小学校の上とか飛んだそうな。
高知の早明浦ダムの近くに、一度米軍機が落ちてんだよ。
いくら気をつける、たって、人間の作った機械だから完璧なんて
いうことはない。現に墜ちてるわけで。
決して杞憂じゃない、と思うけど。

やれやれ。
花粉に、pm2.5に、黄砂に、オスプレイです。
このあたりじゃ、小さいものから大きなものまで飛びまくりです。

しかしどれもこれもまったく碌なものが飛んでないよなぁ

そう思いながら、郵便局の建物に入ったのでありました。


(今日聴いた音楽 ということで、 円広志歌 夢想花
 1978年 ああこれも1978年ですね。)

|

« 800年(おまけ) | Main | これからも »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

 PMなんたらは見えないのでわかりませんが,黄砂はそろそろ那覇にも吹き寄せられてきたようです。お客さんの車,フロントガラスを拭いてたら,タオルが薄黄色くなりましたから。

 ミサゴさん,内地では割とお行儀よく飛んでたようですね(苦笑)
 職場は那覇市の北の端っこで,南方から普天間に帰投する航路の下付近にあるので,それなりに低い高度でお通りですよ。
 通常のヘリコプターとは異なる,重低音を多く含んだ音がしますから,姿が見えなくてもすぐわかります。
 ヘリコプターモードと固定翼飛行機モード,そしてそれを繋ぐ転換モードと,個人的にはどうやって揚力を稼いでいるのか非常に興味深いシステムなんですが・・・やっぱりヤカマシイわっ(笑)

Posted by: Ikuno Hiroshi | 13. 03. 10 at 오후 9:34

---Ikuno Hiroshiさん
今朝、起きたときに外の車を見てみましたら、うすら黄色くなっていました。あ、黄砂だと思いました。で、黄砂の日ってどうしたもんだか雨がすぐに降ったりします。それでせっかく先週洗車したのが、パアになったりするんです。(それでよく覚えているのだと思われます。) 四国では1日目と3日目は昼間飛んで、2日目は夜間飛行でした。 オスプレイだけでないんです。付随してマスコミのヘリコプターも飛ぶので、やたらやかましいのです。もう何とかしてくれよ、と思いました。マスコミも数社が飛ばしていて、それもオスプレイの飛ぶ前から、そこいらじゅうをぶんぶん旋回して飛ぶので、、もうねぇ、、。ホント、うあっぱりヤカマシイわっ!でした。

Posted by: 謙介 | 13. 03. 10 at 오후 11:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/56897945

Listed below are links to weblogs that reference 小さいのやら大きいのやら飛びまくり:

« 800年(おまけ) | Main | これからも »