« 事件発生 | Main | イノシシ料理 »

13. 02. 26

ABCまつり(2)

土曜日にニュースを見ていたら
松本幸四、、と中村吉右衛、、  に確執か、なんていう
ニュースがありましたが、

そんなものあの兄弟が犬猿の仲なんて、歌舞伎の好きな人なら
みんな知ってる話ではないですか?

この秋にある吉右衛、、の娘の披露宴に松本幸四○が
果たして呼ばれていくのかというのだって、
(まぁ義理で一応は呼ぶし、幸四○だって出席するでしょうけど、、)
どうだか、ということなのに何を今頃、っていう感じがしますけど、、。


           ×         ×   

昨日は、事件が起こったのでそっちを書きましたが、
話を元に戻して、ABC祭りの続きです。
これがチラシ。

Abcmaturi2

B級グルメの屋台の会場は二つあって
ひとつは今治大丸の跡地でした。
で、もうひとつは瀬戸内高島屋の跡地です。
(デパートの跡地ばっかり、、。)

港から商店街をまっすぐに抜けると
大丸跡に行くのですが
その商店街では日本各地のゆるキャラの
人形があっちこっちに来ていました。
その数50体。有名なところでは奈良のせんとくん
も来ていたようです。
そのせいで子どもを連れて見に来た、という感じの
家族連れも、もうすでにわんさかきていました。

うーん。でも正直あんまりああいうの、おっさんは興味が
ないので、さっさと通りぬけてしまいました。
(写真すら撮ってない。)

今治大丸については、2008年に赤字続きで
閉店しまいました。

その後のことも断続的にこのブログでは採りあげてきました。
変遷をちょっとみてみませう。

これが2008年の12月 営業終了まぎわ。
Daimaru1

これが2010年の夏。しばらくの間、こんな廃墟状態でずーっとありました。
Daimaru2

2012年の夏になって、いよいよ解体工事がはじまりました。
Daimaru3


そうしてこれが2013年の2月16日です。
Daimaruato

今までそこに在った建物がすっかり消えてしまうと
やはり喪失感が大きいですよね。

以前は愛媛県内に大丸、って2つあって
この今治大丸ともうひとつ新居浜にも大丸がありました。
ここは以前は住友の別子銅山があって、元々住友の経営していた
購買部が大きくなって、大丸の傘下に入ったのです。
一時は別子大丸、と言った時期もありました。

Basshidaimaru

こっちは2001年に閉店になりました。(いかにも流行っていなさそうな建物ですが、、。)

中国四国地方のデパートも今年に入って
呉のそごうが1月いっぱいで閉店しましたし、
今月の末には山口の周南市(昔の徳山)の近鉄松下百貨店が
閉店です。

四国ではもう県庁所在地の街にだけしか
デパートはありません。
以前はデパートに行く、というのはちょっと特別な気がして、
それなりの高揚感があったのですが、、

今は、、そういう高揚感よりも、もっとカジュアルな感じが
いいのでしょう。 だからショッピングモールとかアウトレットモールに
お客が流れて、ある程度の人口規模というのか商圏を持った
地域でなくては、デパートって存在し得なくなったのだろう、
という気がします。

B級グルメを一堂に!!! とあった屋台のブースの並ぶ
旧大丸跡の更地に来たのが10時10分前だったのですが

わたしまけましたわ。

と回文で遊んでいる場合でなくて。

ねらっていた富士宮焼きそば、津山ホルモンうどん
のところには長蛇の列。
がびーん。

あ、でも負けずに並びました。
テントの中ではおにいさんが
ちゃっちゃかちゃっちゃかとへらを動かして
焼きそばを作っていきます。
後ろには富士宮から持参したのでしょうね。
キャベツとか焼きそば用の麺とかの入った
段ボール箱が山のように積み上げられていました。
一度鉄板で作ると、ステンレスのプレートにバサッと
移して、また次を焼き始めます。
後ろではその移された焼きそばを小分けにして
食品ケースに移して、売り子さんのところに
持っていくわけです。
持って行っても行列がすごいですし、一人が一個しか
買わない、っていうのでもないですから、すぐに
1回焼いたものはなくなって、また次、ということに
なります。
屋台のブースも写したのですが、人の顔ばっかり
だったので、アップしません。だって
モザイクだらけになりますし、、。

で、これが富士宮焼きそば。
Hujinomiya

それから前に多度津に行ったときに
食べられなかった鍋ホルうどん。
これはホルモン鍋、というのか、もつ鍋ってありますよね。
あのもつを炊いて作ったちょっと濃い目のスープに
うどんが入っている、というものでした。
これはこれでおいしかったです。
Nabehoru

それからかっしゃ焼き
見た目はたこ焼きのようなのですが
中に入っているものが、カレーで炒めた鶏肉なんです。
西日本では、鶏肉のことをかしわ、と呼びます。
かしわ焼きが発音しやすいように「撥音便化」して
「かっしゃ焼き」になった、と思いますが、、。
とてもスパイシーで、おいしかったです。

Kassha

高知・須崎の 鍋焼きラーメンは以前に食べたし、、
徳島の煮豆の入っているお好み焼きというのも食べたし、、
津山のホルモンうどんが食べたかったのですが、
見ていたら1時間半くらい待たないといけなさそうだったのやめました。


富士宮焼きそば、ちょっといやらしいことを言えば
これで400円です。 量がすごく少ない!
強気の価格設定というのか
ええ根性しとるやんけ、、と
ちょっと思いました。

でもまぁこれもいろいろなコストとか経費を考えたら
仕方のないことなのでしょう。それから、あんまり量も多いと
他のものも食べられない、ということもあるでしょう。

あ、でも焼きそばそのものはおいしかったです。

ただね。困ったのがひとつありました。
食べる場所がないんです。

椅子が皆無だったんです。
だからみんなしゃがんで食べたり、柵にもたれかかって
食べたり、、。謙介は、第二会場の駐車場の車止めの
コンクリートの台にちょっと腰掛けて食べましたが、、
他の人もみんな困っているようでした。
そりゃ、今治の会場近くの人は、家に持って帰って
食べる、という手もありますが、謙介のように
他の市から来ていて、家に持って帰ろうと思ったら
ものすごく時間がかかるし、、という人は
どうするんだろう、と思いました。

月曜日に地元のローカル紙でこの記事を見たら
主催者側の発表ですが、
このイベントに来た人がなんと二日間で10万人を越えた人が
来たイベントだったとか。
びっくり! でした。

でもどうやってそんな人数を計測したんでしょうね。
謎。

きっと10万も人が来るのであれば、定例の行事化をするでしょうし
おそらく来年もまたすることでしょう。(今年で2回目)

確かに10万人全部が一度に来たのでもないでしょうし、全員が
屋台で何かしらのものを買って食べたとも思いませんが
それでも半数としても5万人くらいは食べたと、したら
そういう人は食べるのが困った、と思うんですよね。


どうして椅子を用意してくれなかったのか。
でもきっと来年も椅子はなくて、地べたで食べろ、って
言われそうだなぁ、、。でも、今年行ってよーく分かったし
来年はもういいや。

さて。お昼になりました。
もう食べるものものも食べたし、この日は夕方から
また宴会があるので、帰ることにしました。
実は、ここで食べることにしていたために
朝ごはんは抜いていたのです。
富士宮焼きそばと、多度津鍋ホルうどんと
かっしゃ焼きがブランチ(笑) だった、ということです。

会場はあとからあとから人がやってきていました。
俺が並んだ時は、40分待ちくらいだった行列、
どの店も倍くらいになっていましたから、
ちょっと待ち時間も大変なことになったかもしれません。

後から新聞記事を読んだら、売り切れになってしまって
途中で閉店してしまった店も出た、とありました。

おなかもいっぱいになったし、ということで謙介は
会場を後にしたのでした。

(今日聴いた音楽 光永亮太 Always
アルバム Inside my heart から 2003年
 たまには最近の曲も聴くぞ、と書こうと
 したんだけど、これだってもう10年前の
 曲だったですね。 でもまぁ、30年・
 40年前の曲に比べたら、10年前なんて
 ごく最近です、よね。笑)

|

« 事件発生 | Main | イノシシ料理 »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/56813437

Listed below are links to weblogs that reference ABCまつり(2):

« 事件発生 | Main | イノシシ料理 »