« 肯んぜず! | Main | 湯爺々 »

13. 01. 14

休日のこと

金曜の晩から実家の街に帰り
日曜のお昼に、仕事場の街に移動しました。
雨が降るかも、、と言われていたのですが
結局、日曜の日中は何とか雨も降らずに
仕事場の街に移動できました。

今日は嵐が来るの雪が降るの、と散々予報で
言われていたのですが、結局謙介の周辺は
朝だけちょっと曇ってはいましたが、昼前にすっかり
お天気はよくなりました。

午前中は去年の末にできていなかった
部屋の片づけや、ここ何年も着なくなっていた服を
箪笥から出して、処分するのと、置いておくのに
分類しました。 処分するのは切って、使い捨ての
雑巾代わりにします。どこでも掃除のときに
使って、汚れたらそのまま捨てる、
という布として使います。


天気が急速に晴れてきたので、おかげでシーツも洗ったし、
ネルのパジャマも昼から洗濯したので
夕方までに乾くかなぁ、と思いつつ、
無理だったらストーブの前にでも置いておいたら乾くだろう
と思って洗濯機に放り込んだのでしたが
昼間すごくこちらは暖かで、風も適当にあったおかげでしょう
洗濯ものもすべてしっかり乾いてくれました。

今日の四国はとても暖かで、、。
お昼にはストーブを消してしまって、窓からの
太陽光だけで過ごしました。 
それくらい全然寒くなかったのです。

でもテレビのニュースを見たら、よその地方では雪は降るわ
高速道路は通行止めになるわ、本当に大変だったのですね。

今、今日は暖かかった、と書いたのですが
本当は今までこちらはちょっと寒すぎたのかもしれません。
これが普通、と言えば普通という気もします。
いつもの年なら12月のうちに最低気温がマイナスになるなんていうことは
ないのですが、(仮にあったとしても1日か2日)
今年はすでにもう10日近くマイナスの日がありました。

そのせいか1月の2日の日から
ずーっと風邪ひき状態で、、。
その間、4日が出勤 5、6日が休み
7日から11日まで出勤、ということだったので
風邪の状態が良くなったと思ったら、またぶりかえし、
またぶりかえして、薬をもらって飲んだら少しよくなる
と、その繰り返しでした。

熱は1月の4日の日に盛大に出たのですが
その後、熱はおさまりました。今度は
ずーっと鼻づまりとのどの痛みと、咳です。
鼻づまりがようやっとおさまってきたのが10日で、
のどの痛みも12日ごろにはおさまりました。
が、咳だけはどうしてもおさまりませんでした。

床に就くとゲホゲホと咳が出るのです。
で、止まらない感じで、 咳のために
ほとんど寝られませんでした。
あまりひどいので、新聞で休日診療の病院を探して
行ってきました。

先生は30代の女医さんでした。
(小渕優○みたいな感じの人)
いつものがんセンターの主治医だとそういう時は
例の(笑)濃厚ブロチンコディエンのシロップを
出してくれるのですが、その日の先生は
杏仁水の処方箋を出してくれました。

「杏仁水」なのですが、
謙介はずっと「きょうにんすい」の読みで
頭の中に入っています。
ずいぶん前にはじめて「杏仁豆腐」を食べたときも
だから「きょうにんどうふ」と読んだのですが
そのときに「あんにんどうふ」だよ、と訂正を受けました。

まぁ後になって、導入された人の意識で
原音に忠実風の読みなのか
日本語の音読みなのか、の違いだけの話なのだ
と分かりましたけれども、、。
こういうの結構ありますね。

で、その薄い茶色をした、でもすごく謙介の好きな香りがする
杏仁水を処方されて、少しずつ服用した結果、
夜、布団の中で咳ばかり出て、寝られない、
ということはなくなりました。

Kyoninsui


薄くて頼りなさげな感じのシロップなのですが
(濃厚ブロチンなんか、「濃厚」ってついてるし
色は、海老茶というのか、阪急電車みたいな色の
シロップだし、、なんか効きそう、っていう感じです。)
さすがによく効くものだと思いました。
でも、よく調べたら、これ、劇薬成分が入っているとか。
だから多量に服用してはいけません、とのこと。
すきっとしていい香りなのに、、。
と、いうことで、やはり
薬は用法を、守って正しく飲まないといけないなぁ、
という至極当たり前の結論に落ち着いたのでした。
ちゃんちゃん。


(今日聴いた音楽 ハリウッド・スキャンダル
郷ひろみ 1978年 阿木さんと宇崎さんの曲ですね。
ヒロミ・ゴーの中では地味な曲でしょうけれども、
謙介は結構好きな曲です。)

|

« 肯んぜず! | Main | 湯爺々 »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

少し回復されているのですね。
良かったです(^^)。
きちんと治さないとぶり返しやすいですし、天候が天候ですから、外部の影響も大きいです。
お大事になさって下さいね。

日本本土は大変なようですね。
NHKニュースでもしきりに“雪に弱い首都圏”と言っていました。
冬だからと言えばそうなのですが、寒さは応えますので早く暖かくなってほしいです。
沖縄も昨日から強風が吹き続けており、気温は18℃なのですが、体感温度は一桁台と寒いです。
もともと冷え性な私は足先が冷たくなって、より寒さを感じています。
謙介さんも温かくしてお休み下さい。

Posted by: タウリ | 13. 01. 14 at 오후 9:49

飲み薬って、久しく飲んでいません。
杏仁水だなんて、初めて知りました。
でも、効果絶大だったようで良かったです。
ゆっくり寝れそうですね。
どうぞ、お大事に。
さて雪ですが、東京は凄かったです。
久しぶりにバッサバサと振りまくってて、凄い空模様でした。
今年は、本当に寒いですよ。
僕も体調を崩しそうで怖いです。

Posted by: まさぜっと | 13. 01. 14 at 오후 10:54

---タウリさん
 温泉効果は絶大だ、と思ったのです。 昨日(14日)も例によって温泉に行ったのです。帰ってきて、最近は寝るときに湯たんぽを入れて寝ているのですが、温泉に行くと、身体のポカポカした熱が冷めにくいために、そこに湯たんぽをすると、今度は暑くなりすぎて、何と寝汗をかいていました。もちろん下着とかパジャマは着替えたのですが、温泉の効果、ってすごいなぁ、とそれだけでも感心した次第です。
 タウリさんのリクエストにおこたえして、近々昨日行った温泉周辺のことを書こうと思います。また読んでやってくださいね。

Posted by: 謙介 | 13. 01. 15 at 오전 8:42

---まさぜっとさん
本当にお心遣いありがとうございます。
四国は一昨日の晩のうちに前線が通過したのと、まだ関東よりはるかに西なので、そう発達しないうちに通過したので大事にならなかったのかなぁ、と思いました。いずれにせよテレビのニュースを見て、首都圏の雪、びっくりしています。四国も平野部は積雪はなかったのですが、愛媛と高知の県境は積雪が結構あったらしくて、高速道路が不通になったりしていますし、今朝出勤するとき、遠くの山を見たら山頂が白くなっていました。
 今年は、寒さが例年よりも厳しい感じがします。どうぞまさぜっとさんも体調にはお気をつけくださいね。  

Posted by: 謙介 | 13. 01. 15 at 오전 8:49

そういえば杏仁豆腐を作る時使う杏仁霜はきょうにんそうって読みますよね、何で統一しないんでしょ?言葉ってそんなものかもですね。
お風邪だったのですね、本当にお大事になさって下さい。お家が近ければ、暖かいスープでもお届けするんですけど。ご無理をなさらにように、ゆっくりお休み下さいね。

Posted by: ありくい | 13. 01. 15 at 오후 1:09

---ありくいさん
そうなんですよ。「あんにんそう」って言わないですよね。で、よく考えてみたら、まぁ、日本語って、導入された時期によって外国語に発音の違う同じ意味のことば、っていうのがありますよね。呉音・唐音・漢音にはじまって、ミシンとマシンとか。よくある、と言えば、よくあるパターン(笑)なんでしょう。 お気遣いありがとうございます。杏仁水、効いたみたいで、ようやっと一週間ぶりに風邪の症状が落ちついてきたようです。

Posted by: 謙介 | 13. 01. 15 at 오후 10:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/56539467

Listed below are links to weblogs that reference 休日のこと:

« 肯んぜず! | Main | 湯爺々 »