« 謹賀新年 | Main | 身体を使うということ »

13. 01. 04

手前味噌

12月31日の晩はなんだか気がついたら
NHKの紅白を見ていました。

和田アキ○さんひどかったですね。
あそこまで音程外しまくる、って、
どうしたんでしょう。 


何年か前に出たマキハラノリくんも
3度くらい音程がずーっと
外れていましたけれども。
彼の場合は、自分の声が出ない高いキーの曲を作って、
それを歌おうとしたために結果的に無理が祟って
音程がずれていました。


和田さんの場合は
歌える範囲のキーでしたが歌を聞いていて
何ヶ所か「え? え? 」というところがありました。
歌の声ははっきりしていたので、
おそらく伴奏が聞こえていなかったのだと思われます。
どうして聞こえていなかったのかは、知りませんが。

いつきひろしさんの歌は、ああ、あれね、でした。
あの歌は、もう夏ごろから
市の広報誌で聞け聞けというし、

いつきひろしさんが市役所だの県庁であの歌を
熱唱した、と市の広報誌とかローカル紙に
ありましたし、
市だか県の「うたごころ大使」だかに
とってつけたように任命した、
という話も聞いていました。


何せあの歌に歌われていた「二番町」で謙介の職場は
先週忘年会をしたばかりだったので、
え? あそこってそんな粋な場所かえ?  とか
思ってしまいましたよ。(笑) 

本州でやばいことをして居られなくなった
「ヤ」のつく自由業のお方が
ほとぼりのさめるまで隠遁するのが大抵あの辺です。
だもんで、あの辺って結構どんぱちの事件が
多くて、、。


いつきさんが歌っていたときのNHKホールの
バックが夜景だったのですが、
あの写真、テレビの画面に近づいてよーく見たら
見覚えのあるビル(笑)があったので、
ああ、って思いました。
あ、でも、あのアングルで撮ったら
田舎でも結構きらきらしたものに見えましたね。(笑)

あの歌に歌われていた二番町は
ネオンキラキラの街です。
謙介、ああいうところに用事はないので
年に2回くらいしか足を踏み入れませんけど。


紅白なんて「デパートの大食堂」なんですから
いろいろなものがあっていいと思います。
みわさんみたいな迫り方で行く人もいれば
かつらゆみデザインのせり上がりドレスで行く人もいて
まぁそれはそれでいいんじゃないか、と思います。

ただ本当に鼻についたのは
なんだか今回の紅白、NHKの番組関連の歌ばかり
優遇されていましたね、っていうことです。
 
いつきさんの二番町の歌も、
NHKのラジオ深夜便の歌でずっと
放送されていましたし、 いきものがか○の歌だって
ロンドン五輪の時のNHKのテーマソングだったわけでしょ。
最後の「すぽーつあんどみゅーじっくあそしえーしょんぴーぷる」
の歌だって、朝ドラの梅ちゃん、、、の主題歌だったわけでしょ。
今の朝ドラの歌を歌っているグループだって出ていましたし、、。
なんだか手前みそ、というのか、NHK番組の歌を優遇するばかりが
目だって、、しかもそのやり方があまりに露骨すぎ、って
思ってしまいました。


         ×       ×       ×


年始は2日に親戚のところに行ったり、
3日には病人が出たので、休日診療の病院に行ったり
でした。ここ数年、自分の身体と対峙してきて
つくづく思ったことは、自分の身体の限界をよく知って
どんなことがあってもそのペースを
変えないようにすることです。
そうすると体調を崩さないで、いることができる、と
わかりました。
身体のペースを維持できて、はじめて
仕事も毎日の生活もこなせるのです。

そういう自分の身体に対するメンテナンスとか節制が
とても重要だ、ということを本当に理解できたのも
去年のことでした。


今日は仕事始めだったので、5時に起きて
6時出勤の日が始まりました。
今年1年も身体に気をつけつつ、いきたい(行きたい・生きたい)
と思います。
改めましてどうぞ今年1年もよろしくお願いします。


(今日聴いた音楽 一中節 「万屋助六道行」 浄瑠璃 都一つや 
 都一千恵 三味線 十一世 都一中 )

|

« 謹賀新年 | Main | 身体を使うということ »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

紅白、今年も見ませんでした…。
ただ、なんだかすごいことになってたみたいですね。
「デパートの大食堂」とは上手く表現されてますが、玉石混交?的な…。
あと、美輪明宏→和田アキ子という流れだったんですか?
そのギャップが凄かったとか。
歌唱内容だけでなく、演出的な面も…。
でも、ナンダカンダ言いつつ、視聴率は安定して40%前後獲ってるんですよね。
お化け番組であり続けてることには変わらないのでしょうが、確かにNHKがらみが多すぎる気がします。
昔のようなヒット曲が無いなら自分でヒットさせて紅白に出します!っていう、家庭内工業体制でやって行くつもりなのかもしれません。

体調管理、自分のことなのに難しいです。
なかなか上手くいきません。
僕は、体調と心の限界をよく知ることを、今年は頑張りたいと思います。

Posted by: まさぜっと | 13. 01. 05 at 오전 12:27

紅白で歌うのは難しい、という話を以前に聞いたことがあります。
民放ですと、最悪は口パク、歌う場合でも伴奏が耳に直接入る(距離感なく)ようですが、紅白は生演奏の上、歌手との距離があるため、伴奏を聞いて歌うというタイミングに僅かなズレがあるのだそうです。
そのズレを再び耳で聞くと、だんだんと歌えなくなり、いつしか音程までズレてくるらしいです。
お喋りな人に僅かにタイムラグを生じた自分の声を聞かせながら話をさせると、最後には黙ってしまう、という器械が開発されたと去年記事にありました。
同じような現象なのでしょうね。
あとは紅白初心者でないはずの和田さんですが、そういう音の変化に対応できないお年になられたのかもしれません。

一日一日を大切に、今年も良い年にしていきましょう(^^)/

Posted by: タウリ | 13. 01. 05 at 오전 9:42

---まさぜっとさん
こんにちは 
 デパートの大食堂って、お寿司とか親子丼もあれば、ハンバーグとかオムライスもあれば、ラーメン、チャーハンもあるし、、ということで、何でもありじゃないですか。紅白も、演歌があれば、メッセージソングもあれば、ロックもあって、という感じで、だもんで何でもあり、ということです。 三輪さんの相手は矢沢のえいちゃん、だったと思います。(まぁあれくらいの人でないと太刀打ちできません)
 今、NHKを見ていたら、もうひつこいくらいに綾○はるかばっかりです。去年の今頃は松山けんちゃんばっかりだったのに、もうそのコマーシャル、うっとうしいくらいです。NHKって、他の会社のコマーシャルがないだけで、自分のところのコマーシャルばっかりで、、もうちょっとなんとかならんのか、と思います。
 まさぜっとさん、どうかどうか無理はせずに、お体大切になさってください。 
 

Posted by: 謙介 | 13. 01. 05 at 오후 1:39

---タウリさん
毎日四国も寒いですが、南国沖縄でもさすがにここ数日は寒いのではありませんか。

今年の紅白の中にも、口パクがいましたけど、、もうそういう人は出さないで欲しい、ですよね。まさぜっとさんのところでも書きましたが、NHKって他社のコマーシャルがないだけで、自分のところのは平気でいっぱいやってますもんね。 何とかしてくれよ、って思います。
和田さんも、謙介が小学生のころにはすでに歌っていましたからね、、。実際の年齢はもう「そこそこ」ですから、、なかなか若い時のように歌える、というのはいくら節制していても難しいかもしれません。

Posted by: 謙介 | 13. 01. 05 at 오후 1:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/56447386

Listed below are links to weblogs that reference 手前味噌:

« 謹賀新年 | Main | 身体を使うということ »