« 揺れている自分(1) | Main | 無常 (1) »

12. 12. 18

揺れている自分(2)

自分だってろくなもんじゃねぇ、というところまで
前回話をしました。

だけど、謙介の場合も組織に属しているわけで
組織にいれば、やはり一定の仕事をみんなで協力して
やらなければならない、ということだってあるわけです。

そうして、他所の会社なり、機関との付き合いも
ありますから、そういうときに、自分のところだけ
できない、とか、自分のところだけそれは無理、と
いうことも言えない。

で、実は前にも書きましたよね。
うちのセクションに一昨年、新しい人が他所から
来た人なのですが、、。

いまだに仕事を覚えてくれない。
こちらから何かしらの指示を出さない限りは、
じーっと座っていて、、、。
言わない限りは動かない。
仕事をお願いしても、なかなか覚えてくれない。
ひとつ用事を頼んだら、え? と思うくらい
時間がかかるのです。

こちらは、この仕事だったら、初心者のバイトの学生でも
15分くらいでするから、まぁ30分くらいかなぁ、と
思って頼むと、1時間以上かかる、ということもあって、、。

で、うちの仕事場に来て、もう2年が経過するので
もういい加減コンピュータソフトの使い方とか、
いろいろな業務についても慣れて欲しいのですが、、
今のところは非常に無理そうで、、。

どこまで、言うべきなのか、ということに
ついて、悩んでいるわけです。
まぁね、自分だって、ちゃんとやっているか
といえば、非常に心もとない人間で、、
しょっちゅう「ああああ、」って言っている人間ですから、、。
それが偉そうに言えるのか、 なんですけど、、。

まぁ、そこで、揺れているわけなのです。

自分だって、「ろくなもんじゃねえ」ですが
お役目で、この仕事はここまでの水準が要求される
となったら、やっぱり、「できていないところを
言って、ちゃんとしてもらわないといけないですし、、。

何度「貸して、俺がやるから。」と言おうとしたか、、。

自分も実際に、謙介がこうしてくださいね。
って見本の仕方を見せて、、一緒に途中までやってみて
そうしておいて前に作った書類とか、資料を見せて、、
こういうふうに、お願いします、ということを
説明してきたんですけどね、、。
でも、一向に改善されない。
ずーっと最初のまんま。

で、困っていたりするわけです。
もういい加減仕事の手順を覚えるとか
自分なりに仕事の流れをつかんで自分から
動いてほしいのですが、、
どこまでも他人任せで、それでいて、自分の業務の全体像も
把握できていない。

謙介がその人に仕事を振ろうと思ったら
わざわざ仕事を作らないといけないのです。
もうかわってきて2年が経つのですから
自分の仕事も何とかするとか、周囲の状況だって
もうちょっと見て、じゃあ、今、自分はどういうことを
しなくてはならないか、とか周囲はどういうふうに
動いているから、自分は何ができるか、
今の組織には何が足りないから、自分は
どう動かなければならないか、
ということがありません。

他の人が忙しく立ち働いていても、
じーっと座っているだけ、、。
何か手伝いましょうか、もないし、、できることが
あったら、します、もない。

というのか、そういう人の気持ちを見る、ということ自体
全くありません。
別に空気を読め、なんて高度なことは言いません。
もっと手前の、「自分がいて、他人がいる」という部分の
認識から、、ちょっと、、です。

心理学専攻の友達に聞いたら、
おそらく小さいときから、そういう
自分の近しい相手の身になって考える、とか
相手が喜んでくれたらうれしい、というような体験を
あまり経験することなく大人になったのだろう、と
だからそうした相手とか周囲の状況を見てとって、
ということが分からないんじゃないか、ということでしたが、、


飯森先生のように、こいつできない、と踏んだら
言っても仕方がない、として、言わないでおいたほうがいいのか、
やはり相手の能力とか考えて、無理なような気がしても
どこまでも要求してやってもらうようにしないといけないのか、、。
(うちも人員削減方向なので、代わりの人はないのです。)

どこまで、きちんと要求すべきか、というところでねぇ、。

まぁ、その部分で、果たしてどっちの方針で
行ったらいいのか、 分からないでいる、という
わけです、、。


|

« 揺れている自分(1) | Main | 無常 (1) »

おもうこと」カテゴリの記事

Comments

謙介さんお久しぶりです。家人はそういう人にぶち切れてオーナーに嘆願書を書きました。その結果その方は退社されました。その方に非があったとはいえ、私はさすがにそれはどうかと思いました。仕事に対する感覚は個人差がありますのでストレスたまりますよね。心中お察し申し上げます。

Posted by: ラジオガール | 12. 12. 19 at 오전 9:34

---ラジオガールさん
お久しぶりです。お言葉ありがとうございました。
 そうなんです。本音で言ってしまったら、、もうすべてが空中分解してしまいそうになりますし、、。さりとて、果たして今の状況が近い将来に飛躍的に改善されるのか、と、言えば、それも「うーーん」です。実は、そのことを同僚が人事のほうに言ったらしいのですが、「そんなのは、もっとあなたが指導して人を育てていかないといけない! 」と逆に意見をされた、そうで、、落ち込んでいました。でも、言っても、、なぁ、、というのが正直なところで、、。時間をかけていくしかないのだ、と、今日もその同僚と二人で、話をしたところだったのです、、。

Posted by: 謙介 | 12. 12. 19 at 오후 11:02

コネ入社。面接でのPRがうまい。ペーパーテストだけは良い。過去の功績で今の地位にいる。いろいろパターンはありますが、「場違いな人」は確かにどこでもいますね。
余力のある組織なら、窓際族で最初から戦力の頭数に入れないんでしょうが、普通はそんな人でも一人前に数えるから、その部署の他の人の負担が増えてしまう。
かって私の部下に、同じタイプがいましたが、その時は指導内容を記録しておいて、「これだけ指導しても効果が上がらない」としてリストラを進言しました。
上司(社長)にしてみたら、自分の見る目の無さを認めることになるので渋っていましたが、結局、記録という現実を突きつけられて、リストラという判断になりましたね。

Posted by: mishima | 12. 12. 20 at 오후 6:08

---mishimaさん
うーん、本当になかなかそういうの、って難しいですね。 今までうちのセクション、そういう人ってあんまり来なかったので、(来てもものすごく努力してがんばっていた。)ちょっと困ったちゃん、ってどうしたらいいのか難しいところがあります。直属の上司は、「無理やろ。」というし、俺もそう思うのですが、さらに上の人は、持って行き場がなくてこっちに振ったくせに、増員してやったんだから、何とかそっちで育成しろ、というし、、何とかその人にがんばってもらいたいのですが、、いかんせん、いつまでも指示待ち、で、、もうちょっと自分から何とかできないのか、と思います、、。しばらくこちらのジレンマが続きそうではあります。

Posted by: 謙介 | 12. 12. 20 at 오후 10:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/56344341

Listed below are links to weblogs that reference 揺れている自分(2):

« 揺れている自分(1) | Main | 無常 (1) »