« 有馬の記念 | Main | おさん会@ちんさんちゅうか »

12. 12. 26

そんなのいらね

降誕祭、みなさんはどうお過ごしだったでしょうか。

謙介はいつものように出勤して、
いつものように仕事をして、という1日でした。
というのか、全然降誕祭、という自覚がなくて、、
自覚がなくて、たって、うちの職場に
これだけクリスマスカードが来ていて、、
(これってホンの一部なんですけどね。ええ。)
Card12

うちの職場に来るクリスマスカードとか年賀状の管理は
すべて謙介の担当なので
どこからクリスマスカードが来たのか、
というのはチェックしていたんですが、、

それでも全然降誕祭、ということが頭になかったのです、、。
うーん。どこから来たか、ということだけチェックしていて
でも今の時期がクリスマスだった、ということに
つながらなかったようです。

おそらく自分自身の今の状況を考えると
クリスマスだから、という気持ちになんて
なれない、と思ったから、意識がそこで
切れてしまったんじゃないかなぁ、と思います。

今日のタイトル、「そんなのいらね」なんですが。
いえいえ先日取り上げた、大阪アースなんたらの
本のことではありません。


月曜日に近くのショッピングモールに買い物に
行ったのです。
一つは、下着として着るシャツが欲しかったのと
文房具屋さんにいくつか欲しいものがあったからです。
最初にユニク○に行ったのですが、、、

下着のシャツって、まぁどれもこれもヒートテック関係の
シャツばかりで、、普通の綿100パーセントのシャツが
ありません。

店員さんに、

(この店員さんにびっくりしました。 俺と歳がそう違わなさそうな
人でした。ユニク○の店員さん、っていうと、みんな20代とか
30代前半くらいの人を想像するのですが、この人はそういう
年代から言うと、非常に年齢高めで、、へえぇ、ユニク○にも
こういう人がいるんだ、と、ちょっとびっくりしました。
でも、実際田舎のユニク○って、来店者の年齢って、すごい高い
ですからね。前にユニクロに行った時は、店内に居た人、
全員おそらく60代以上の人ばかりでしたから。 こういう
年齢高めの店員さんがいたほうがいい、というのは実際問題として
そうなんですが。)

訊いてみたのです。「ヒートテックみたいな化繊混紡じゃなくて
綿100パーセントのシャツありませんか? 」って。
「ああ、はい。」と言って一緒に探してくれました。
「あんまりないんですよね、、。」
そりゃそうかもしれないなぁ、と思いました。ユニク○って
季節によって、販売商品大幅に入れ替えますもんね。
でも綿シャツくらい定番だから通年であるんじゃないか、って
思ったんですが、、、
「もうコレだけしかありません。」
って言われて見たら、綿100パーセントの商品は白のタンクトップが数枚だけ。
しかもサイズはS。
「混紡だと皮膚がかゆくなって着られないんです。」
「うちの息子も、ヒートテックだとかゆくなる、って着ないんですよね。」

え、そうなの? そういう人だっているよねぇ、、だったら通年で置いてくれ、、

「夏になったら、また入ると思うんですが、、」
「今、真冬ですからねぇ、、。」
「はぁ、 すいません。」

ヒートテックはてんこもりで置いてあるのに、綿100パーセントの下着は
なくて、、そんなものいらね、です。

仕方なく、別の店に行くことにしました。


それから文房具屋に行きました。
欲しかったものは両方とも品切れで、、
あーあ、と思って、後、店内をいろいろと
見ていたら、、筆記具のところに行きあたったわけです。

年賀状シーズンのせいでしょうね。
筆ペンがいろいろと置いてありました。
筆の形を踏襲してあるもの。
万年筆のような形状で、書く部分だけが筆のように
なったもの、、
穂先の柔らかいもの、かため表示のあるもの、、
本当に種々いろいろありました。
どれか買ってみようかなぁ、とか思って
しばらく見ていたのですが、、
何せパッケージに入っているので試し書きが
できません。

これならどうだろう、、こっちのほうがいいかなぁ、、
といろいろと迷ったのですが、、

突然、ああ、そうだ、
そんなんだったら、さっさと墨をすって
筆で書いたらええやんか、という結論に至り、
買うのは中止となったのでした。

結局ずいぶん長い間ショッピングモールにいたのに、
何も買わずに帰ってきた、ということです。

お店に品はあふれているのに、、
なんだか謙介的欲しいものが全然なくて、、
時間を浪費したなぁ、という思いだけが募って
徒労感とともに家に帰ってきたのでした。
やれやれ。


(今日聴いた音楽 亜麻色の髪の乙女
 アルバム おさよ から ピアノ演奏 柳屋花緑
 落語ではありません。ドビュッシー作曲のあれ、
です。笑)

|

« 有馬の記念 | Main | おさん会@ちんさんちゅうか »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

お疲れさまです。
しかし、職場にクリスマスカードですか。
凄いですね…。
ヒートテック、僕もちょっとチクチクします。
肌が弱いので…。
暖かさのせいなのか、繊維そのもののせいなのか分かりませんけど。
ていうか、綿のシャツを冬は売ってないんですね(-_-;)。
需要はあると思うんですけど…。
あ、無印良品とかどうです?
売ってるような気もします。

Posted by: まさぜっと | 12. 12. 27 at 오전 1:02

街中にある小さな衣料品店とかに、意外に揃っていたりするかもしれません。
量販的なお店だと、値段相応に素材が選ばれているでしょうし、使っていたとしてもタンクトップのような小さなものだけとか。
真冬にタンクトップは無理ですね。
冬に着こなせたら、youngなお兄さんに大変身してしまいます(^^)。

年賀状は毎年悩みます。
宛名印刷始めようか、と。
宛名と一言だけは手書きでと続けていますが、字を書かなくなってから年々書字の下手さ加減が増強しています。
さすがにねぇ~(>_<)、と思い始めています。
それにしましても、硯と墨がある独身男性の家なんて、全国的に見てもかなり貴重だと思いますよ。
僕だったら、墨擦るのが面倒だから筆ペン買っちゃぇー(^_^;)になってしまいます。

Posted by: タウリ | 12. 12. 27 at 오전 9:02

---まさぜっとさん
 そうですね。無印、行ってみます。まさぜっとさんもそうなんですね。 謙介、20代のころはそんな冬になると皮膚が乾燥して、、っていうことなかったんですが、、。前に主治医から、今飲んでいる薬を飲むと、皮膚の乾燥が烈しくなって、かゆみが出る場合があります、って言われました。 
 不思議なんですが、うちの主治医が
「ひょっとしてそうなる場合もあります。」って言ったとき、って、必ずそうなってしまうんですよ。(笑) 前に花粉症の薬で、「たぶん関係ないと思いますが、ひょっとしたら、副作用で膀胱炎になる場合もあります。」って言われたときは、しっかり膀胱炎になってしまって、、
 だから皮膚の乾燥も、、、。(笑) 以前に乾燥に効くクリームを処方してもらったことがあったのですが、、あんまり効果がなくて、今はとりあえず尿素20パーセント配合のスキンクリームをお風呂上りに塗って、何とか凌いでいます。まさぜっとさんもこの時期大変ですね。

Posted by: 謙介 | 12. 12. 27 at 오전 10:51

---タウリさん
そうですね。こまめにいろいろなところを当たってみます。そういえば、前に新宿の伊勢○のメンズ館地下の下着売り場に行ったら、竹中直○が真剣な顔をしてパンツを選んでいるのに遭遇したことがありました。へええ、竹中さんはメンズ館でおパンツ買うんだ、と、知りました。最近の量販店、って、売れ筋のものをその季節限定で置いて、売れ残ったら、安く売って売ってしまったら、終了! っていう感じですよね。なんだかそれって消費者の側からしてみるとお店の都合に無理やり合わせさせられているような気がします。その分安く売っているのだから、文句言うな、っていうことですかね。
 墨と筆は、、そうかもしれませんねぇ、、。でも、ちょっと見ない間にものすごい種類の筆ペンが出ていて、ちょっと迷ったくらいだったのですが、、その多様性にちょっと驚きましたです。

Posted by: 謙介 | 12. 12. 27 at 오전 11:00

実はこれからタイのバンコクに向かいます。
今年は(も?)海外で年越しです。
一足早く、暮れのご挨拶をさせて頂きます。
今年も有難うございました。
いろいろ教えていただき、また、楽しい話題に触れさせていただき、良い一年でした。
来る年の健康向上を祈願しつつ、これからも良いお付き合いをさせていただければと存じます。
風邪やインフル、ノロなど召されぬよう、のんびりと年の瀬を迎えて下さい。
また、来年も宜しくお願い申し上げます。
それでは良いお年を!!!

Posted by: タウリ | 12. 12. 27 at 오후 5:14

---タウリさん
 タウリさん、こちらこそ今年一年本当にありがとうございました。
 自分自身としては、特に今年の後半、いろいろな身近なところで問題が生じ、そしてその問題が簡単に解決できない問題だったせいもあって、考え方が180度大きく転換したように思います。
 そんなときに、タウリさんにはいろいろなところで、助言をいただいたり、励ましのメールもいただいて、自分の考えを客観的に改めて眺めてみたりすることもできました。本当にお世話になりました。
 お正月はタイで過ごされるのですね。またお帰りになったら、いろいろなお話、お伺いできるの楽しみにしています。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。どうぞよいお年と、よいご旅行を。
心からお祈りしております。

Posted by: 謙介 | 12. 12. 27 at 오후 10:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/56277648

Listed below are links to weblogs that reference そんなのいらね:

« 有馬の記念 | Main | おさん会@ちんさんちゅうか »