« ふらふら旅(5) | Main | ふらふら旅(7) »

12. 11. 05

ふらふら旅(6)

この日の朝、やはり気になったのはお天気でした。
前の晩翌日のお天気をネットで見たら、、
見たサイトの天気予報ごとに
違うことが書いてあって、、
Aの予報では神奈川県地方
朝の9時頃から雨、とありましたし、
Bの予報では、午後の3時過ぎから
雨、とあって、、一体どちらを信用していいのか、、
まぁ雨が降る、ということでは間違いなさそうであったのですが、、
午前中からだと、たちまち行くコースを考えないといけないですし
お昼の3時だと羽田に向かう時間なので、もう雨のことは
全く考えないでいいのです。


カーテンをあけてみたところ、薄日までさしていて
とりあえず今は雨が降っていないことはわかったので、
大急ぎで荷物をまとめて朝食をいただいて、
すぐにホテルを出ました。
昨日と同じく、江ノ電に乗ります。
朝の7時半、しかも日曜というのにものすごい混雑で
びっくりしました。
どうしたのかと思っているうちにみなさん途中でどんどん降りて、
江の島まで来たら、ガラガラになっていました。
鎌倉高校前でちょっと途中下車しました。

Kamakomae1

降りたら目の前が海。
思わず深呼吸したくなりました。
これでお天気がよかったら言うことなかったんですが、、。
Kamakomae5

ここ、ってよくCMで使われる場所ですよね。
その実際をちょっと見たくて、、
このアングル、よく見ますよね。(笑)

Kamako1


西南方向を見ると江の島が見えました。
サーフボード自転車に載せたにいちゃんが通って、
いかにも湘南、という感じです。
Kamakomae4_2

ジョギングしている人がすごく多くてちょっとびっくりしました。
次の電車までの10分そこそこの間に何十人の人が目の前を通ったのには
驚きです。 謙介の仕事場に向かう道もこういう海辺の道ですが
場所柄お遍路さんは毎日いつでも見ます。
しかしジョギングしている人は皆無ですから、、。
Kamakomae2

途中長谷駅で電車が停車しているうちにホームのコインロッカーに
荷物を預け、鎌倉までやってきました。
Enodenkamakura1

江ノ電の鎌倉駅はJRが東側にあるのに対し、西側にあります。
江ノ電がこの鎌倉駅に乗り入れるようになったのは
戦後のことで、前は若宮大路の道の真ん中に、駅があったそうです。
Enodenkamakura2

こっちが東側のJRの鎌倉駅。
幸いにもまだ雨は降りだしてきていなかったので
急いで歩きました。
Kamakurasta

小町通りから東に歩いて鶴岡八幡の段葛に入りました。
普通は「参道」って言うんですが、鶴岡八幡宮だけ特に
「段葛」というのだそうで。
Sando1_1

途中、古いおもしろい建物があったので
何枚か撮りました。
Sando2

三河屋さんだそうで、、。以前はこんなお店から
この鎌倉市内のあちこちに住んでいた作家のところに
お酒とかしょうゆの配達をしていたのだろうな、なんて想像しました。
Sando3

さてもさても八幡さまに到着です。
高くそびえていた大銀杏の木がなくなってしまったのは
やはり残念ですが、すっかりダメにならずに
何とか新しい枝が出て、それなりに成長しているようで、、
それは良かったですね。
Hachiman1

おみくじの自販機だそうで、、この手のタイプは初めて見ました。
(朱塗りのもっと小さいタイプのはよく見ます。)
ですが自販機でおみくじ、って
なんだか心理的に抵抗がありません?
やっぱりがらがらと筒を回して、出てきた竹の棒の数字を申告して、
巫女さんの手から、はい、といただくのがおみくじ、っていう
感じがするんですけどね。
代金いれて、ガタン、って出てくるのって、、ちょっとなぁ、、って
思うんですけど。

Mikuji

ここも七五三のお参りの家族と、結婚式で朝からなんだか
忙しそうでした。
実は明治のはじめまで、この位置にはお寺がありました。
鶴岡八幡の別当寺でお寺があったのです。 明治になって神仏分離令が
出て、お寺はなくなって、今は神社の境内にしか見えません。
Hachiman2

八幡さまにおまいりしました。
またこうして旅行ができたこと、鎌倉まで来ることが
できたことが本当にうれしかったです。
Hachiman3

八幡宮の石段を降りて、今度は西に向かい、道路に出たら、右折して
北に歩きます。

Hachimanyoko

今にも雨が降りそうでしたが、まだ、何とか大丈夫そうです。

切り通しを越えて、北鎌倉に。
Kiritoshi

建長寺に到着です。

Kencho1


別に最初は何の意識もしていなかったのですが、
なんだか気がついたら、去年から臨済宗の派別本山ツアーを
やっているのです。
最初が妙心寺、その次が大徳寺、こないだが東福寺、
で、今回が建長寺、という具合です。
長くなりましたので、今日は一旦ここでおきます。

|

« ふらふら旅(5) | Main | ふらふら旅(7) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

細胞の若かった昔、鶴岡八幡宮に奉職したいと考えた事があったんですよ。笑。 鎌倉、よい町ですね。住んでみたいと細胞の若いときに考えたことがあったけどジョギングも盛んで健康に気を使う人が多いんですね。

Posted by: ほーりー | 12. 11. 06 at 오전 12:32

鎌倉藤沢といえば、かな~り以前に出張で行った際に『九つ井』本店に連れて行っていただいたことぐらいしか覚えていません。
2時間ほどの滞在だったため、観光は全くしませんでした(>_<)。
鶴岡八幡宮や海岸沿いを走る江ノ電を一度見てみたいです。
建長寺、日本史で習ったような気がしますが記憶が定かではありません。
同じ臨済宗の瑞泉寺も美しい境内を見ることができると聞いたことがあります。
謙介さん、こことは別にphotoblogも作れそうですねo(^-^)o

Posted by: タウリ | 12. 11. 06 at 오전 9:21

---ほーりーさん
鎌倉、今回で4回目だったのですが、いつ来てもいいなぁ、と思います。ここにお勤めの希望があったこと、そうですね。謙介もそういうふうに思ったかもしれません。
 こじんまりとしていて、気候も温暖そうです。 やっぱり湘南、だからでしょうか。スポーツが盛ん、という印象でした。

Posted by: 謙介 | 12. 11. 06 at 오후 1:16

---タウリさん
2時間ほどの滞在でしたら、ちょっと観光は無理ですよね。 実はこの日、お天気がもう少し安定しているようだったらレンタサイクルで鎌倉を回ろうと思っていたのです。 明日香と違って、鎌倉のレンタサイクルは電動アシストつきの自転車もあるので、坂でも大丈夫、という話を聞いていましたから、、。でも、なんだか30分おきにお天気が変わるような空模様では、、いつ本降りになるやら、と思って、結局自転車を借りずに、ピンポイントで行きたかったところだけ、ということになってしまい、ちょっと残念でした。ただ、今回の旅行、いろいろな鉄道車輌に乗ることができたのがとても良かった、と思っています。 謙介の写真、変な写真ばっかりで、、また考えます。

Posted by: 謙介 | 12. 11. 06 at 오후 1:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/56011616

Listed below are links to weblogs that reference ふらふら旅(6):

« ふらふら旅(5) | Main | ふらふら旅(7) »