« ふらふら旅(8) | Main | こんなん »

12. 11. 08

サトイモパン

先週の金曜日、街中の通りを1本、自動車通行禁止にして
そこでイベントやってる、っていうんで
別の職場の知り合いと行ってきたんですけどね、、
Hanazonoyakei
ライトアップたって、、、あまりに寂しくて、、。

カフェもあるよ、って聞いたんで行ってみたんですが
メニュー見ても、お酒のおつまみ程度の
ものしかなくて、食事はできそうになかったですし、
何が悲しくて吹きっさらしの道端で、おなかがすいているのに
気取ってお茶なんか飲まないといけないんだ、と思ったら
見学時間5分で「もうええわ。」と二人言い合って帰ることに。

で、ラーメン食べたい、って思っていたから
それを言ったら、
近所にラーメン屋があるからそこにしよう、って
一緒に行ってくれた人が言ったのですが
(その人も行ったことなかった。でもまぁまぁという口コミ)

あれ、最近の流行なんですかね。
ラーメンのスープの中に魚の粉入れるの。
今まで何軒か行った店で、結構あったんです
その魚粉入りラーメン、っていうの。
なんであんなもの入れるの?
腐った魚のにおいしかしないじゃないか。

Genjiguruma


そのお店は
食べロ○見たら、結構高評価の店で、その人が
スマホでささっと調べてくれて行こう、と言ったのも
無理からぬ話だったのですが。


でも一口スープを飲んで、げっ、と
ふたりで顔を見合わせてしまいました。
それがね、酸っぱい魚粉の味と、表面に垂らしかけられた油と
その味しかしないんですよ。ここのラーメン。
で、その魚粉ラーメンから腐った魚のにおいがして、、、

どうしようもなくて、途中で食べられなくなって
残してしまいました。

あの魚の粉って、新鮮な魚のにおいじゃなくて
鮮度が落ちて腐ってしまった魚のにおいです。
鮮度のいい魚のにおいじゃない。
それからラーメンの表面を覆うみたいに
油が入っていて、、なんだかきちんとスープを
とった味、というのは全然感じられずに、
酸っぱくて臭い魚の粉と油でただ単に味をごまかしたような
ラーメンで、、なんだこれは、って思ってしまいました。
これで評判のお店、って、、うそやろ、って
2人して店を出てから言いあいました。

あんな粉を放り込むのって、俺は料理人が手抜きをしている
としか思えないんですけど。

前にどこかの「つけ麺」の紹介をしているブログが
あったので見たら、大量に魚の粉がふりかけてあって、、
げっ! って思ったのです。写真で見る限り、ここのは
魚粉はないと思ったら、
スープの中に溶かし混まれていたのでした。


家帰ってげっぷが出てしまったのですが、
そうしたら腐った魚のにおいの変なげっぷが出るし、、
散々でした。
魚粉入りラーメンなんてもう二度と食べたくないねぇ、、
と友達と(彼も大三島の出身で実家は漁師です。)話しながら
帰ってきました。

気を取り直して。
下のパンは、四国だけで売っていたサトイモのパンです。
農業高校の生徒が考えたものを商品化したパンだそうです。

Satoimopan1

中にこちらの地元のサトイモを使った二色のあんこが入っています。
Satoimopan2

あけるとこんなデニッシュのパンでした。
Satoimopan3

切ったら二色のこしあんが入っていました。この中に
さといもが練りこんであるのだそうです。
これは普通においしかったです。
Satoimopan4

ああ、雲のうえに出てたようなあんなラーメンが食べたいぞ。

|

« ふらふら旅(8) | Main | こんなん »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

サトイモパンおいしそう。
サトイモ大好きだし。
いまいち、味のイメージが追い付きませんが…。
なるほど、練りこんであるんですね。

魚粉入りのラーメン、多いですよね。
というか、つけ麺しか食べないのでつけ麺でしか見たことないですが…。
ただ、そんな臭いがしちゃうほどの魚粉ってどうなんでしょう。
ある意味、ちょっと食べてみたいです。
半分ほどでいいのですがw

Posted by: まさぜっと | 12. 11. 08 at 오후 9:40

---まさぜっとさん
 パンの中のあんこにサトイモをねりこんであるのですが、よく練られていて、食べた感じはふつうのこしあんのパンのような感じでした。
 パンの袋にもあるのですが、この辺、サトイモの産地なんですよ。それでもう時期は過ぎてしまったんですけど、夏の終わりから秋のはじめごろ、河原に鍋を出してサトイモの入った鍋を食べる、ということがあります。いも炊き、って言うんですけどね。もちろんその「イモ」はサトイモです。
 魚の粉入りのラーメン、本当に臭くて、、なんであんなのが流行るのかよくわかりません。怖いもの見たさ、というのですかね。(笑) 正直、あまりおすすめしたくないですが、、機会があったらどうぞ。でもあんなのより北九州市の広報誌に出ていたラーメンはどれも基本的な作り方のようで、きっと食べたらおいしいだろうな、と思います。あんなラーメンが食べたい、と真剣に思っています。

Posted by: 謙介 | 12. 11. 08 at 오후 11:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/55930671

Listed below are links to weblogs that reference サトイモパン:

« ふらふら旅(8) | Main | こんなん »