« われ、茶しばきに行けへんけ(その7) | Main | こだまのように »

12. 10. 21

これから(その8)

9月末の上洛の話、これで最後です。
会場のホテル近くになるにつれて
雨脚が次第に激しくなってきたのが
窓から見てわかりました。
バス停から、5分くらい歩かないといけないのです。
晴れた日の5分なんて、すぐ近く、なんですが
この雨だと、着いたら、ズボンがびしょびしょかもなぁ、
と思いました。でもまぁ開会までに1時間半近くあるし
それまでには何とかなるだろう、と、あれこれ考えて
いました。

覚悟してバスを降りると、、、
雨が急に小降りになってくれたのです。
さっきまでのザーッと降る雨ではなくて、、、。
もう、それっ、という感じで、荷物を抱えてホテルに
急ぎました。
ホテルの入り口の車寄せの下に駆け込みました。

ホテルのロビーのふかふかのソファに腰掛けて
あたりを見渡します。さすがに京都でも有名なホテルなので
ロビーにテレビなんかは置いてありませんでした。

テレビはありませんでしたが、新聞はあったので
時間もあるし、新聞を読むことにしました。
でも、です。とってもすわり心地のいいソファーで
エアコンもきいてて涼しく(まだあのときは9月で暑かった)
静かに音楽なんて聞こえてきて、、
もうこれは新聞なんか読まずにそこで寝ろ、とでも
いうようなものです。

なんだかうつらうつらしては、はっ、と、気付き
また新聞記事を見ていました。
右京区○○校区ふれあいまつりの記事
だとか、北区のなんたら神社の祭礼とか(読んでいたのが
京都新聞でしたから)を見ては、またうーつらうーつら
しかかっていたら、後ろから変な声がしました。
「おっさん、よだれくってるで。」
あわてて後ろを見たら、O先輩がにやにやと
そこにいるではありませんか。
「えらい早いですね。」
「よだれくり、大丈夫か? 」
「よ、よだれなんかありません。」
「ほら、そこによだれのしみが。」
「え、どこ? 」
「あはははは。」

まぁ先輩が来たので、おかけでパーティまでの1時間ちょっと
全然退屈せずに済みましたが、、。
先輩も帰り、また電車が止まったら困る、というので
今日は伊賀から自分の車で来た、
ということでした。道路の状態によったら
回り道せんならんかもしれへん、
ということで、早めに出たら、さっさと
到着してしまった、ということだそうです。

自分が担当してやった資料と、
彼の資料を合わせて、(突合せは前日に
済んでいたので)先生に渡すようにしました。

さてパーティが始まって、、
最初にも言ったように(たって最初がえらい前なので
みなさん、もうとっくにお忘れだと思うのですが)
大体このパーティは、史学科の、それも古代史の
ゼミの集まりなのです。

ええ、謙介は国文学専攻。
でも、なぜか史学科の古代史のゼミのメンバーの中に
謙介の名前がある。

なので、本当に誰も知らないのです。
唯一、Oくんだけが知り合いで、、
でも先生からは「来てね♪」という連絡が
あったので、まぁ来た、ということだったのですが、、
いざパーティが始まってみたら、国文科なんて
知り合いのおらんのどうしよう、って思っていたのが
嘘のように話の輪にすっと入っていけました。
同じ頃に受けた授業で重なる部分が多々あって、、

作曲家の黛敏郎が授業に来た時に、
みんなで消火器をぶちまけて授業妨害したなぁ。
石投げて、はよいねーー(早く帰れ)言うたりしたなぁ、、
それをまぁ近くから公安のセクションの警察官が
こっそり写真に撮ってたなぁ、よっぽどあの公安、
暇やったんやで、というようなお話になったり
学生部長の教授を差別発言した、という理由で
部屋に閉じ込めて軟禁したら、おっさん
窓開けて、学生会館の2階から逃げ出そうと
しよったから、みんなであいつの尻、モップで
つついたった、というような話が出るわ出るわ。

せやけど、そのヒラノ先生、何年か前に
えらそうな顔して、NHKの教育テレビで
哲学の話、してはったで。
え? ワシ、モップでヒラノの尻、つついたがな。
わははは。
こらこら。

というような話が延々とあって、ああ、そんなことあったなぁ、
と大笑いでした。
と、言った後で、謙介はマジメに研究してたけどな、
と言っても、、ダメか。

一度だけトイレに行ったとき、窓から外の景色を
見ました。街全体が白っぽく見えて、雨が降っていました。
ただ、雨脚は思ったほどではなくて、風ももっと
横殴りになるのかと思っていましたが
まぁ普通の雨やん、という感じでした。
ちょっとホッとしました。

お約束の2時間はアッという間に過ぎて、
最後。一番弟子のOくんが挨拶に立ちました。

先生への謝辞を述べた後で
「もう自分も人生の折り返し地点に来ました。
今までやってきたこと、をもう一度考えなおして、
これでいいのか、まだできていないことは何か
人生の終わりに向かって、ここでもう一度
考え直す時期にも来ているように思います。」
ということを彼が言いました。

本当に謙介もそう思いました。

家の今後、生き方のこれから、
田舎で一人でいるとやっぱりついつい考え込んでしまって
相談相手もいないので、堂々めぐりになることが
多いのですが、彼はそういうところ、いろいろと
ちょっと先を歩いていて経験しているのと
考え方も似ているので、参考になるところが
たくさんあります。
そういうことで今回、彼と話ができて本当によかった、
と思いました。

「また今度、こういう機会を持ちましょう。」
という話の後で、一本締めをしてパーティは
お開きになりました。

最後、先生に資料を渡して、
もう一度ちょっと話をして、
「そうしたらまた用事頼みたいことあるし、
電話するわ。」というお言葉をいただき、、
「はい、わかりましたぁ。」と言って、失礼しました。
先生の前にいったら、外見はすっかりおっさんに
なってしまったわれわれも永遠に
20代はじめの学生です。

「帰り、京都駅まで送ったるわ。」というOくんの
ご好意で、駅まで送ってもらいました。
雨は思ったほど酷くなくて、結局京都では
普段の雨、という程度だったようです。
でも安心はできません。
台風は近畿の南を行っているのですし、
その南のほうに帰るわけですから、、。

楽しかったパーティの後は、少ししんみりと
しながら、自分の毎日の生活について
話します。

京都駅近くに来ると、あ、とちょっと安心しました。
徳島駅行きのバスが走ってくるのが見えたのです。
ということは、四国便は、欠便なしやな、と思いました。

「まぁともあれ、元気で生きていかんとあかん。」
と二人でしみじみ話し合って、最後、「ありがとう。」
と言って別れました。

ということで京都駅に戻って来たの図。
しかし台風だというのに、この人出はなんだ。
Kyotosta
え? あんたもやろ?
あはははは。

高速バスターミナルで聞くと
「予定通りに出ます。」ということで安心しました。
駅中の伊勢○でお茶とお土産だけ買って
(食べ物はパーティの残り物をタッパーに
詰めて持って帰ってきていました。 もうねぇ、おっさん
おばさんの宴会って、みんなこうですよ。笑)
バスの人になりました。
ということで長らく続いた今回のお話も
これでおしまいです。
どうも長々とお読みくださいまして
ありがとうございました。

|

« われ、茶しばきに行けへんけ(その7) | Main | こだまのように »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

いったい何の話かと思いましたが、読んでいるうちに思い出してきました(苦笑)。
学生の頃の懐かしい話はいろいろ尾ひれが付いて、ますます笑い話になりますからね。
そのような時間を持つ機会に恵まれるのは幸せなことだと思います。
次回は台風もなく、穏やかな秋晴れか春の陽気の頃にお願いしてみてはいかがでしょうか(^^)。

Oさんのような素敵な後輩さんといいますか、そういうお付き合いが続いている方がいらっしゃるというのは謙介さんの人徳だと思います。
これからも続いていくと良いですね。
僕は偏屈かつ卑屈な性格故、なかなか友人関係を続けることができません。
謙介さんの爪の垢を煎じて服用してみないと、これからの人生は寂しくなりそうです(^_^;)。

まぁ、何はともあれ、台風の影響を受けずに帰郷できたようで良かったですo(^-^)o
(いらない情報)鶴屋吉信の柚餅が好きです♪

Posted by: タウリ | 12. 10. 21 at 오후 11:17

---タウリさん
まったくねぇ、こうして「そのころ」の人間が集まって思い出話をしたら、ろくなことをしていなかったねぇ、と、思いました。でも、そういうバカなこともやれたのは、やはり学生のご身分だったのと、当時の大学当局が結構話の分かる先生がいたからかもしれません。今や本当に管理管理で、、息苦しいことだと思います。
友達づきあい、、、仕事をしはじめての友達はやはり非常にすくなくて、仕事が終わったら、それっきり、という人が多いのです。でも大学のときとか、高校のときの友達は損得なしの付き合いだったし、結構なんでも言いあえた友達だったから、今に続いているのだと思います。 それからこんな変わり者でも友達にしておいてくれた、度量の広さもあるように思います。(笑)

Posted by: 謙介 | 12. 10. 21 at 오후 11:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/55907047

Listed below are links to weblogs that reference これから(その8):

« われ、茶しばきに行けへんけ(その7) | Main | こだまのように »