« ふらふら旅(2) | Main | ふらふら旅(4) »

12. 10. 31

ふらふら旅(3)

また地下鉄に乗って今度は初台へ。
新宿三丁目から初台までなんて、
新宿駅の東西を移動するだけのようなものですけどね。
普段の自分だったら、
そんなもの交通機関も使わずにさっさと歩くんですが、
この日は時間が惜しかったので、地下鉄を使いました。

でも都会ってすごいですね。
電車が行ってしまっても
すぐに次の電車が来てくれます。
それから来る電車来る電車、どの車輌も人が
わんさか乗っていて、、
本当にびっくりです。

でも、本当に人が多くて、、
どうしてこんなに人だらけなの? って
思います。
(東京在住の友達も本当に人が多くて、
って言ってましたけど、、。)
それから人に疲れます。
だって自分のペースで歩けないんだもん。
まぁ中には自分のペースで歩きながら携帯操作して
ぶつかって来そうになった人も何人もいて、、。
あれ、本当に困ります。

初台で降りたら、もう直結で、すぐに
東京オペラシティ入り口に行くことができました。

Hatudai
(右側の足場はクリスマスツリー制作中の足場のようでした。
カバーが掛けられていて、全貌が見えませんでした。)


ここのアートギャラリーで開かれている
篠山さんの写真展へ。

Shinoyama


どの写真も、畳6枚とか20枚くらいのでかさの
写真ばっかりで、しかも被写体が
三島さんがありのジョンレノンがありの美空ひばりがありの
貴乃花がありの海老蔵がありの大原麗子がありの

で、すっかり圧倒されてしまひました。


もう興奮と衝撃のひとときでした

でも篠山さんって、もうずーっと何十年も
日本の写真界の第一線で
走り続けてこられた方でしょう?
本当にすごいことですよね。

篠山さんの撮影した
圧倒的な写真、時間の経過も忘れて
本当に興奮して作品を見ていました。
来た甲斐がありました。
で、ふと時計を見たら、、6時23分。

あ、時間がない!
すっかり写真に見入っていたら
時間が押してしまった、、。
また地下鉄に乗って新宿三丁目に戻り、
ここから副都心線で池袋に向かいます。

時間があまりなかったので
お蕎麦にしました。立ち食いのお蕎麦。

お江戸のお蕎麦ですねぇ、、
このおつゆの色、、。(笑)
山菜そばにごぼうの天ぷらを追加で載せてもらいました。

Soba_2

で、ずずずず、と蕎麦をいただいて

Ikebukuro1


東京芸術劇場に到着です。
Ikebukuro2_2

開演5分前に滑り込みでしたぁ。
(指定席ですから大丈夫)

Noda5


お芝居は7時開演で2時間10分、途中休憩なしで
一気に最後までです。

予定より若干遅い開始でしたが
最後は予定の9時10分に終わりました。
いやぁ、久しぶりの野田さんのお芝居でした。
相変わらず観る側の人間を引っ張りまわしたあげくに
えいっ! って変なところに投げつけるような
芝居で、、。
え? 訳が分からん?
感想を言え?

感想。 仲村トオルの腹筋がすごかった。
(おまえどこを見てんだよー)

でも橋爪さん、本当にうまいなぁ、、と思いました。
橋爪さんの役も結構むちゃくちゃで、しかも
最後は今までやってきたことを全てチャラにしてとっとと
その場から逃亡してしまう、というような役なんです。

だから下手な役者さんがやったら、全然説得力が
ないんですが、その場、その場で、橋爪さん
説得力のある演技で、ほら、落語の時そば、
というのか、時うどんみたいなんです。

明らかに詐欺なんだけど、その場のその表現だけ見たら
さも、合ってるようにだまされてしまう。

そのだましかたが、本当に自然で、、だから説得力があって
最後の最後まできて、突然今までのことを
全部捨ててしまうものだから、
観てる側が、え? あ、 えええええ? どうしてそこで
そんなことを、って、思ってしまうように持っていっちゃうんです。
やっぱり役者は詐欺師でないといけない、橋爪さんを見ていて
改めてそう思いました。(笑) 
深津さん、本当にお綺麗でした。芝居の間中、彼女の全身からパワーが
放射されていたように思います。

カーテンコールが数回あって
出演者が何度も出てきて、、
客のほうも、しっかり見たぞーー、って意思表示があるし、
演者のほうも、どうもありがとう、っていう気持ちが交差していて、、
なんともいえない良さがありますね。


6月から楽しみにしていたお芝居、
本当に観に来て良かった、って思いました。
久しぶりの野田さんも見ることができたし。妻ちゃんも観たし。
仲村トオルの腹筋も観たし。(←アホ)

野田さん、深津さん、妻ちゃん
おおっ! 3人とも九州の人だ。

Ikebukuro7

池袋から新宿に戻ります。
9時半に友達と待ち合わせていたのです。
伊勢○の前で落ち合って、久しぶりに話ができました。
1時間半ほど、とりとめのない話をして
じゃあまた、と言ってお別れしてホテルに戻ったのでした。


|

« ふらふら旅(2) | Main | ふらふら旅(4) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

謙介さん、こんにちは。
以前何度かコメントしたことがあります。わもです、お久しぶりです。いつも楽しくブログを拝見しています。

写真力、僕も見ました。あれだけの大きさということもあり
圧倒されてしまいました。
もう一つ驚いたのが僕が観に行ったのも同じ日だということです。
僕が行ったのは朝一番だったのですがオペラシティには16時頃までいましたし、
その日は初台から新宿西口あたりをうろうろしていましたからあるいはどこかですれちがっていたかもしれませんね。


それでは。

Posted by: わも | 12. 11. 03 at 오후 1:29

---わもさん
お久しぶりです。お元気でしたか。
えええ、同じ日に、、そうでしたか。それだったら、どこかで知らない間に「接近遭遇」してかもしれませんね。写真、どの作品もすごかったですね。三島さんの写真が最初のところ、「GOD」のコーナーにあったじゃないですか。なんだかその前に自殺現場に行っていた後だったので、ちょっと考えてしまいました。 でも、あの「聖セバスチャンの殉教」風の写真、篠山さんは撮るのあんまりおもしろくなかった、って聞きました。芝居が後に迫っていたので、時間十分には取れなかったんですが、それでも、見たかった展覧会だったので、行ってよかったなぁ、って満足しながら出てきました。

Posted by: 謙介 | 12. 11. 03 at 오후 4:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/56002334

Listed below are links to weblogs that reference ふらふら旅(3):

« ふらふら旅(2) | Main | ふらふら旅(4) »