« オリンピックの読書感想文って?(その2) | Main | 出張報告 »

12. 08. 22

オリンピックの読書感想文って?(その3)

どうしてもオリンピックの感想文を書かせたい、って
いうのであれば、水泳に感動しただの、器械体操に感動したの
っていうような競技のことを書いたって仕方がありません。

どんな小さなことでもいいから
まず自分自身ががんばったこと、
がんばったんだけどできなかった、
うまく行かなかったことでもいい、
そのことを、そのときの気持ちを短くていいから
書いてごらんなさい、と。まずはそこからでしょうか。


オリンピックの感想文を書かせる、って
宿題に出すのであれば、事前に
これくらいの「あんこをつめること」は
必要と思いますけどね。

そうしておいて、オリンピック出場選手誰でもいいから、
その選手が今までやってきたトレーニングと
(そんなものいくらでも新聞に出てるでしょ。)
自分自身の経験を重ね合わせてみる。

感想文って、何がポイントなのか、って言ったら
毎度言いますが、選手のことを
どーだったあーだった、なんて
書いても仕方がないんです。
学校の感想文の宿題であれば、
その書いた人の「内面の変化」が
どれくらいしっかり書かれているかどうか、です。

それまでの私はこうだったけど、そのことを経験して
考え方とかものの見かたがこう変わったんですよ。
で、こういうことを思うようになりました。
そこをメインに書くことです。失敗したことでも
うまくいかなくて挫折した経験でもいいんです。

いや、むしろ人生なんてうまく行かなかったことのほうが
段違いに多いんですから、成功したことなんか
書かなくていいと思う。
がんばった、でもうまくいかなかった、失敗した。
くやしかった、かなしかった、落ち込んで泣いた。そんな経験を
まず書いておいて、それから、誰かひとり、オリンピック選手を
重ね合わせて、そこで思ったことを書く。

そうすれば、自分の気持ちがよく出た
その人でなければ書けない、
作文ができるはずです。

何の競技でもそうですけど、絶対に外したらいけない
勘所、というのか、ポイントって必ずあるじゃないですか。
感想文のポイントはそこだと思います。
まぁ、がんばってね~~♪

と、↑では簡単に言いましたが
実際は書くの大変でしょうね。
すぐに原稿用紙拡げて書き始めて書ける、
っていう方法じゃないですし、、、。


え? それ以上の詳しい作文の書き方ですか?
そんなもの謙介が答えるのは不適当です。
文章を書くのが好きな人間が説明するのって
ダメです、ってば。

そんなものは 
文章書くの嫌いな人に聞いてごらんなさいませ。
というところで、適当に話を終わらせて、、(笑)


でわでわ。

この後、今から出張に出ます。
ずーっと会議が続いて、自由時間が取れないので
せっかくコメントを下さっても、お返事が、ひょっとすると
日曜とか来週の月曜になるやもしれません。
また帰ったら、そんなお話もしたいと思います。


|

« オリンピックの読書感想文って?(その2) | Main | 出張報告 »

おべんきゃう」カテゴリの記事

Comments

感想文なんてもう“ん十年”書いたことがありません。
原稿用紙なんて学生の頃に見て以来です。
今はなんでもPCで書くので、cut、copy、pasteが自由自在です。
とりあえず書いておいてあとから移動したり追加したりしよ、と気軽です。
原稿用紙だと消しゴムで消したり、万年筆書きなら修正できません。
まぁ、1回目は自由に書いておいて、あとから清書するパターンでしたね。
だんだんと思い出してきました(苦笑)。
謙介さんのアドバイスにあった自分との対比、自己反省、そういった内容が良いと言われたことがありました。
比較対象が大きすぎて今の硬くなった脳みそでは自由な文章が浮かんできませんです。
ブログぐらいが気軽で良いですね(笑)。

夏も変わらずお忙しいですね。
暑さが厳しいと思いますので、出張や報告書などお体に気をつけて取り組まれてください。

Posted by: タウリ | 12. 08. 23 at 오후 9:37

---タウリさん
今、徳島におります。お盆は阿波踊りで狂乱の巷と化したこの街も、踊りが終わって、今ではまた静かな街に戻ったような印象です。
オリンピックの作文ですが、競技の感想ではなくて、オリンピックの競技の様子を「だし」にして、自己の振り返りをして、、、と言う部分こそが大切だと思います。でもまぁ自分を振り返る、という作業は結構しんどいので、なかなかその部分が行えないんですよね。
ひとつ明日で山は越すのですが、9月3日にまたひとつ山があります。それを越えたら、ちょっと一息つけそうです、が、もう9月なんですよね。おらの夏休みはどうなっただ、と言いたいです。絶対休んで遊んでやるぅぅぅ!

Posted by: 謙介 | 12. 08. 24 at 오전 12:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/55436218

Listed below are links to weblogs that reference オリンピックの読書感想文って?(その3):

« オリンピックの読書感想文って?(その2) | Main | 出張報告 »