« オリンピックの読書感想文って?(その3) | Main | 言い倒す »

12. 08. 27

出張報告

木曜の朝から金曜の夕方まで徳島で全国規模の会議が
ありまして、その会議に参加してきました。
参加者は800人くらい。

徳島までは、JRとかバスもあるのですが
今回は自分のプレゼンがあったりして
資料だの、パソコンだのと積む必要が
あったため、自分の車ででかけました。
そんな距離はないんですけどね、、。
ただ、ちょうど朝のラッシュの時間と重なるので
会場までの時間の計画が分からなかったのです。

で、6時半に出て、高速道路を走り
板野のICで降りました。この板野が
アンジェラさんの故郷です。
まったくアンジェラ・○キさんの言葉を聞いていたら
あそこまで濃厚な徳島弁も、ちょっとすごいですね。 

板野から斜めに走って吉野川の名田橋を渡り、
左折して、徳島市内を目指します。
朝はやかったので、全然渋滞がなくて7時半に会場に到着して
しまいました。(早すぎ)
でもまぁ早くに着いて、海を眺めたりしてボーっと
できたのでそれはそれでよかったのですが。

あ、そうそう今回は写真がありません。
実はカメラさんが夏やすみぃぃ、と言って
旅行に行ってしまったのです。
バカンスだそうです。

(しかしそれにしても、、カメラさん、
ちゃんと帰ってくるのかしら。)


会議は、
一日目からさまざまな会議の分科会に
参加して、他の参加者の方々と話をしました。
この分科会は、参加者の方々の考えとか
方針が大体同じだったので、異論というのは
なくて、考え方のいろいろなパターンが提示されて
それはそれで面白かったのです。

面白かった、といえば、
1日目最後のシンポジウムでした。
シンポジウムそのものは全然おもしろくなくて、
あーあ、というようなものでしたが、謙介は
前でシンポジウムやってる後ろのほうで
一緒に行っていた方とそれなりにお互いの
考えを話し合うことができて、そっちのほうが
よほど自分の考えを深められたなぁ、という
気がしています。

晩は懇親会にも参加せずに、さっさと帰って
明日の本番の最終チェックをすることに。
ただ、折角徳島に来たんだし、という
ことで、ちょっとだけ出て、以前に聞いていた徳島ラーメンの
おいしい、と言われたお店に行って、ラーメンをいただきました。

徳島の人に聞いたら、以前は徳島ラーメンなんて
言い方はしていなくて、単に「そば」とか
「支那そば」という言い方だったとのこと。
そういう言い方しかなかった、と聞いています。

徳島ラーメンは、醤油と砂糖の甘辛いしょうゆのスープです。
他のラーメンと違って、焼き豚は入っていないのが
普通です。その代わりに、そのラーメンのスープで
甘辛く煮た、豚肉の薄切りが入ります。さらに
生卵を入れて食べるのがポイント。
おいしくいただきました。
次の日に、たまたま参加した人に聞いたら、
その人、飲みにいって最後〆のラーメンを
食べに行ったらラーメン屋の
店頭で将棋の羽生善○さんにばったり会ったとか。
あれま、とびっくりしていました。

泊まったホテルのすぐ近くに瀬戸内仏壇○が
ありました。そこがあの瀬戸内寂○さんの
ご実家です。 


2日目は、朝から謙介さんのプレゼンでした。
練習もしたし、資料もきっちり揃えての
プレゼンだったので、時間配分もうまくできました。
ただ、進行の中で、もうちょっとこうしたらよかったなぁ、という
課題はありましたけれども。
そうした課題点をこれからの発表の時に生かしたいと思います。


プレゼンも終わって、最後、知り合いのやっているプレゼンを
見て、会議は終了でした。
2日間は、あっと言う間に終わりました。
ですが、今度はまた次があるのです。
9月の3日にまた次のプレゼンがあります。
それが終わったら、ちょっと休みを取りたいですねぇ、、。

それでもまぁ何とかひとつ終わって、ちょっとホッとしている
謙介さんなのでありました。
やれやれ。


|

« オリンピックの読書感想文って?(その3) | Main | 言い倒す »

おべんきゃう」カテゴリの記事

Comments

お疲れさまでした。
プレゼンだなんて凄いですねぇ。
僕は、大の苦手で…。
理解してまとめて、分かりやすく説明するって難しいと思います(>_<)。

ていうか、徳島って意外に?有名人が多いのですね。
瀬戸内〇聴さんもご出身だとは知りませんでした。

Posted by: まさぜっと | 12. 08. 28 at 오전 12:16

---まさぜっとさん
後、徳島の人で言えば、板東英○もそうですね。人ではないですが、徳島の会社でやはり有名なのは、ポカリスェッ○を作っている大塚製○ですかね。あと、ワープロソフトの一太郎を作っているジャストシステ○とか。日本でLED(発光ダイオード)を開発した会社も徳島の会社だったりします。徳島、って知らないで、結構知られている会社があったりします。プレゼンは、説明しようとすることを、やはり自分がすべて理解していないといけないですし、他人がその説明を聞いて、わかってくれるかどうか、って、やはり他者の視点が要るように思います。そうですよ。本当にまさぜっとさんのおっしゃるように何度やっても難しいと思いますです。

Posted by: 謙介 | 12. 08. 28 at 오전 8:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/55520450

Listed below are links to weblogs that reference 出張報告:

« オリンピックの読書感想文って?(その3) | Main | 言い倒す »