« テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その2) | Main | テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その4) »

12. 06. 21

テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その3)

ドーナツを4つ食べて(謙介さん、あんたちょっと食べ過ぎでしょうに。)
再び出発です。

歩いていると、あらま、こんなものがありました。
Pink
こういうのも「昭和の電話」って言うんですかね。
ええ。りっぱに今も現役だそうです。

ドーナツの次は、ちょっとした割烹のかまえの店に
案内していただきました。
最初に撮っていなかったので、食べ終わって出てきたところです。
Zouni5

食べるものがすぐに出てくる、ということではなかったので
一緒に来たみなさんとお話をしていました。
もうツアーがはじまってから結構時間が経っていたので
打ち解けていろいろとお話をすることもできました。

きましたよ。
Zouni1

ふたをあけますと、、。白味噌のお雑煮です。
6月に熱々の雑煮、というのも、まぁいいんじゃないか、と。

お雑煮をいただきながら、他の参加者のかたがたとも話をしたのですが
上に青海苔を振る家もあれば、けずりかつおをはらはらと
振り掛ける家もあって、ちょっとした差ですが、結構家の違いがあるなぁと
思いました。
それから同じ白味噌でも、その醸造元によって
微妙に味が違っていて、うちで使っている白味噌は
もっと甘いです、いや、もうちょっと辛いです、という方もおいででした。

Zouni2

ここいらの雑煮ですから、当然「白味噌あんもち雑煮」です。
Zouni3
冬の季節だったら、この坂出名産の「金時にんじん」が入るんですけどね。
色が全然違うんです。真っ赤なにんじん。それだともっと色のコントラストが
きれいになるんですけどね、、。

とはいえ結構なお味でございました。
Zouni4

さて。お雑煮をいただいて、再びツアー再開です。
と、言っても、もう最終盤。
商店街ねぇ、、この日、雨ではあったのですが、、
あまりに寂しい。
Motomachi1

地元のサッカーチームののぼりが、いっそう寂しさを、、。
ええ。釜玉うどんからのチーム名ですが。
今のところJFLでは首位のようです。
Motomachi2

くだもの屋の前です。これは冠婚葬祭時に使われる「盛り籠」です。
Morikago


頼んだ家が、予算と個数(大抵偶数個)をお店にいうと
かごにお供え、とか、お祝いの品を盛って、それを
その相手の家にとどけてくれます。
ここはくだもの屋ですから、くだものの盛り籠ですが
乾物屋に行けば乾物の盛り籠もありますし、
お菓子屋さんにはお菓子の盛り籠もありますし
家庭用品の店にいけば、家庭用品の盛り籠だって
あります。(盛り籠にキッチンハイ○ーとか
洗剤とか、シャンプー、石鹸とかをきれいに盛るの。)

こうしたお供えは、法事とか結婚式で使うのですが
式が終わった後は、参会者全員の人数で品物を分けて
それぞれがおみやげとして持って帰ります。
近接の県ではこういう風習はない、と聞きました。

最後のお店、増田ニコニ○庵に来ました。
しかし、楽しそうなネーミングですねぇ、、。

Nikoniko1_2

ここの銘菓は「しほ所」。お土産に1個くださいました。

Nikoniko3_2

帰ってからの写真ですがあけたらこんなお菓子が入っていました。
Nikoniko3_1

このニコニコ○を出たところが
前にも紹介した、この建物のところだったのです。
Motomachi5


ここから坂出駅まで、また歩いて、元の場所に
戻ってきました。
参加者全員で記念撮影をしてツアーは
楽しかったねぇ、と言っておひらきになりました。
謙介もガイドをしてくださったみなさんにお礼を言って、帰りました。
今回も楽しいツアーでした。
以上で今回のツアーのご報告を終わりたいと思います。
長々とお読みくださいましてどうもありがとうございました。

え?

|

« テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その2) | Main | テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その4) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

盛り籠、うちの地域でもありますが、葬儀のみですね。中身は果物かお菓子で、洗剤は無いなあ(;;;´Д`)
出棺後に小分けにして参列者に配ります。
カマタマーレ、ユニフォームの胸に「うどん県」とプリントしてあるとか。とことん「うどん」でプッシュする香川県には頭が下がります┐(´-`)┌
滋賀県も、とことん「琵琶湖」でいかないといけないのかしら

Posted by: mishima | 12. 06. 22 at 오후 5:57

 ・・・広島県なんて,「おしい!広島県」で自虐的にPR作戦やってますが(笑)

Posted by: Ikuno Hiroshi | 12. 06. 22 at 오후 9:15

---mishimaさん
「うどん県」といった後で、「でもそれだけじゃない。」って一応言っているんですが、ほかの地方の人って、うどんでおしまい! っていう感じですからねぇ、、。もちろん「うどん県」というユニフォームをあるようです。比叡山も安土城も彦根もありますが、やはり全県、となると、琵琶湖、でしょうかね。

Posted by: 謙介 | 12. 06. 22 at 오후 10:24

---Ikuno Hiroshiさん
こないだ、その広島県の宣伝見ました。インパクト大でしたよ。こないだ西条・尾道に行きましたけれども、広島はいろんな表情があって、おもしろいところだなぁ、って思いました。やっぱり行かずにいるのはもったないと思います。

Posted by: 謙介 | 12. 06. 22 at 오후 10:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/55000991

Listed below are links to weblogs that reference テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その3):

« テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その2) | Main | テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その4) »