« テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その3) | Main | 雑感 »

12. 06. 22

テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その4)

え?

どうしてテレビが壊れても、オレは知らん、の意味は?
それってどういうこと?
その説明がとうとう最後までなかったじゃないか。
どうなっているんだ、と、たぶん
みなさまお思いのことでしょう。

あの日街あるきの集合場所に
行って、その日の会費を払う段になって
はじめて知らされたのですが、
「今日は、放送局が取材に来ますのでよろしくネ♪」ということでした。

よろしくネ♪ たって、そ、そんなぁ、と思っても、、
放送局の取材クルーはもう準備をはじめています。
で、謙介聞いたんですよ。

ニュース報道のための短時間だけの取材ですか?
いいえ、コース全部同行密着取材です。

ひええええええ。
そ、そんな話は聞いていない。
こういうことこそ、まさに「想定外」って言うんだと
思いましたね。

最初にも言いましたが、この日の
参加者は6名です。(6名で定員)
そう。たったの6名なのです。
60人だったら、うしろのほうでごにょごにょと
映らないようにしていればいいのですが、
6名では逃げ場がありません。

謙介、テレビに映るとか、新聞記事で報道される、
って本当に苦手と言うのか嫌いで嫌いで。

前にも少しお話しましたが、謙介、自分が
書いた小説で賞をもらったとき
主催者が記者会見しますから来てね、って言うから
しょうことなしに記者会見したんですが、、、。

テレビに映る、というのも嫌でしたが、
もっとぎゃあああああ、と思ったのが
機械を通した自分の声の気持ち悪さでした。

むずい。おぞましい。
本人ははきはきと明瞭に話しているつもりなのに
テレビに映った自分のインタビューを見たら
口調がべちゃべちゃしていて、
粘着質で、、キモイ。

他の人がインタビューされているのを聞くと
違和感なんてないですし、自分以外の男の人の声は
明瞭ではきはきしていて
いいなぁと思うのですが、
自分の声だけは聞きたくない。
顔だって見たくない。

ええ。自覚していますとも。
ちゃんと気持ち悪い、っていうのも
分かっていましたよ。
でも浮世の義理で仕方なかったのです。

なのに老けた、とか、視線が変、とか、
もっとはきはきしゃべれ、とか、
汚い顔をさらしやがってとか
散々言われました。

自分だって好きでやってるんじゃないやい。

しかし世の中、いろいろだよなぁ、って思うのは
謙介みたいに、マスコミ露出なんて嫌、
と思っている人間のいる一方で
マスコミに露出して目立ちたいとか
そういうふうに注目されたい、という人が
少なからずいる、ということで、、。

そんな話を聞くと、自分とその人の考え方の
あまりの違いにただただ驚愕してしまうしか
ありません。

でもさー、この歳になって、抹茶アイス食べて
「やっぱりお茶屋さんのソフトクリームですね。
よそで食べた抹茶ソフトより抹茶の味が濃いように
思いました。」なんてグルメリポーターみたいなこと
させられるとは思いもしませんでしたわ。

こんな感じでずっとクルーはついていっていたのですよ。


Satuei1
紫のコートの女性がディレクターさんでした。


Satuei5

Satuei2


Satuei3

でも、どうしてマスコミの人って、あんなふうに
テンションが異様に高いのでしょうねぇ?
謙介なんか、あんなふうにテンション上げられるの
仕事関連でプレゼンテーションをしないといけない、
という年に数回だけです。

こちらはしみじみといろいろなものを
見られたらいいや、って思っているだけだから
のんびり行きたかったのに、
はい、お味はどうでしょうか
はい、ここで何か一言コメントをお願いします、とか
振られてしまって、 のんびり街あるきどころじゃなかったっす。


食べるところもぜーんぶ撮られてしまって、、。
はぁやれやれ。
先日オンエアがあったようです。(見ていないから知らない。)

おそらく実家の街の辺の何台かのテレビに一斉に不具合が
生じたに違いありません。液晶だってきっと壊れてしまった
テレビが何台もあるでしょう。あはははは。

責任とれ、ったって、オラ知らねえだよ。

でも済んだからもういいだ。 
終わったら無敵無敵 (わはは)

ということで、以上
「テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー」
のご報告だったのでした。
これで本当におしまい。

|

« テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その3) | Main | 雑感 »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

テレビ取材、お疲れ様でしたo(_ _)oペコッ
僕も自分の声や話し方って気持ち悪いです。
以前、研修の講師をする仕事があり、講習の様子をビデオに収録してみんなで見た時には愕然としました。
ところで、今回の取材、謝礼は出たんですか??
本来ならタレントをレポーターに起用するところを、ツアーの参加者にやらせたわけでしょ。自然な姿を撮影するだけじゃなくて、コメント求めたり、時には撮影待ちで足止めくらうこともあったんじゃないですか?僕なら迷惑ですって拒否しかねないです(`Д´)
だから、謝礼というより迷惑料かな。

Posted by: mishima | 12. 06. 24 at 오전 12:11

TVに映るって、やばいです。
僕は画に堪えない風貌、声質なので、視聴者が耐えられなくなります。
自分の声ってキモイですよね。
オネェの真似して喋っていたら、録画で聞いたモノはオネェ真似でも何でもなく、そのものでした(>__<)。
見学に取材とお疲れ様でした!

Posted by: タウリ | 12. 06. 24 at 오전 1:22

---mishimaさん
実は、このツアーがあって家に帰ってきて家族に話をしたのです。そうしたらオフクロが「あんた、ちゃんとギャラはもろたんやろな。」と聞いてきました。結局何もなかったのですが、実は終わったときは、ああやれやれ終わった終わった、さっさと帰りたい! という気持ちが先に立って、そういうことは考えなかったのですが、、冷静に考えたかったらそうですね。しかしもうこりごりです。

Posted by: 謙介 | 12. 06. 24 at 오전 10:17

---タウリさん
よその家の芝生は青いとは言うのですが、それでも他の人がテレビなんかでインタビューとか話をしているのを聞くのは、普通にはきはき話せていて、いいなぁと思うのですが、自分のそれを聞くのは正直、ああ、耐えられません。なんでこんなだろう、と思います。タウリさんもそうなのですね。本当にこれは自分ではなんともなりにくい問題なので、いつも悩んで、悶々としています。

Posted by: 謙介 | 12. 06. 24 at 오전 10:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/55003025

Listed below are links to weblogs that reference テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その4):

« テレビが壊れてもオレは知らんぞツアー(その3) | Main | 雑感 »