« 今津線 | Main | すべてのはじまりのバターケース »

12. 05. 17

ぐにー

今日は同僚から質問がありました。

この人、以前は韓国なんて、、ってどちらかといえば
批判的に見ていた人だったのですが、
最近、韓国人の俳優さんだかタレントさんだかで
好きな人が出来たとかで、やたら謙介に質問して
くるようになって、、。

まぁ質問するくらいだったら、別に良いんですが、
やたら要求があるわけです。
「この文章なんて書いてあるのか訳して。」
とか。
それが短いのならいいんですが、
何ページにも及ぶような
インタービュー記事だったりすると、
パッと見て、すぐに答えられる、っていうような
分量じゃないですし、、。

別にだからといって対価を出せ、とか、
感謝をしろとは言わないんですが
前に5ページくらいあるインタビュー記事を
訳して、っていうから、忙しい時間割いて
一晩かけて翻訳してあげて持っていったら、
そっけなく「どーも。」 って、それだけで。
正直、その人が何か言ってくるとこちらの用事が
確実に増えるのは確かなので
それ以来、あんまりかかわらないように
しています。
こっちのフラストレーションだってたまりますし、、。

けど、向こうから一方的に押し寄せてくるんです。
それで正直、困っています。

で、昨日もそんな「押し寄せ」が来たわけです。


「日本語だとさー、愛称で「~ちゃん」とかよく言ったりするけど
韓国語にも、そういうの、ってあるの? 日本語の何とかちゃんの
ちゃんにあたるようなの。」

「ありますよ。」(もうつっけんどんの極致。笑)


「なんていうの? 」
「日本語のちゃん、にあたる単語はないですよ。
その代わりに、名前の最後をイ音便化させると
それが愛称になりますが。」

「いおんびん、、か? 」

「はい。イ音便化。」

「もっと具体的に教えてよ。」

「韓国で犬は何と鳴くでしょう? 」
「わんわんでしょ? 」
「ぶー。違います。」
「ばうわう。」
「あははは。、、、韓国では犬はもんもんです。
いいですか? じゃあ発音してみましょう。もんもん。」

「もんもん。」

「ちょあ。で、そのもんもん、の最後をイ音便化します。
だから、もんもん→もんもぎ、となります。
言ってみましょう。もんもぎ、はい。」

「もんもぎ。」

「そう。そのもんもぎ、というのが日本で言う、わんちゃん。
小さい子に、ねー、もんもぎ、(はい、わんちゃん)とか
言うわけです。え? まだわからなさそうな顔してますね。うーん。
たとえば謙介の友人に誠哲(そんちょる)というヤツがいます。
このちょるの最後をイ音便化すると愛称になるわけです。」

「えええええ、いおんびんか、ってよくわかんない。
いおん、って スーパーの名前? 」

「あはははは。」

「わからない。どうなるのさぁぁぁ。」

「そんちょるでしょ。だから最後がイの音に変わって
そんちょり。これでそんちょるちゃん(げー、きもちわるー)という
意味になりますね。」


「じゃあさ、ちゃんぐんそくだったらどうなるの?」
「ぐんそぎ、かな。」
「ちゃんぐん、そ、ぎ? えええなんか、言いづらいぃぃぃ。」
「愛称だから、姓は言わないで、ぐんそぎだけでいいと
思いますけど。」
「ぐんそくぃ、ぐんそ、ぐんそぐぃ
なんか言いづらーい。」

「い、って言うから言いにくいので。ぐんそくの「く」の音に
「い」をつけて「ぎ」って言ったらいいですよ。」
「ぐんそぎぃ。」
「もっと軽く添える程度の発音。」
「ぐんそ、ぎ。 言いにくいったら。」

「えええ、簡単じゃないですか。」
「難しいったら、、。」
「じゃあれんしゅうれんしゅう。」
ぐんそ、ぎぃ、ぐんそぎぃ。」
「難しい? そんなことないって思うけど、、。」
「難しいよぉぉぉ。」

「はいはい。じゃあさ、ぐにー、にしたら? 」
「ええええ? ぐにー? ぐにー、って、なんだかゴムみたい
じゃない? そんなのもっと変。」

と言うことで「ぐにー」は却下されてしまいました。

けんすけあじょしは、「ぐんそぎ」だろうが「ぐにー」だろうが
そんなもの別にどっちでもいいんですけどね。

よろぶん あんにょんひ かしぷしよ。

|

« 今津線 | Main | すべてのはじまりのバターケース »

はんとうもんだい」カテゴリの記事

Comments

 もう,いっそ,ア音便化して,「ぐんそがーっ」でどうでしょ。
 言い方によっては,けっこうぞんざいですよね〜,これ(笑)

 それでは,あんにょんひ,けしぷしよ。

Posted by: Ikuno Hiroshi | 12. 05. 18 at 오전 12:48

---Ikuno Hiroshiさん
あ、そうですね。その手がありました。もうしょっちゅう面倒なことを言ってくるので、思考停止状態で、、このおば、もといおねいさんにいっそパンマルというのもあるよ、と言おうかとも、思ったのですが、それも無理か、と思い直し、、。結局、ぐんそぎ、で一応理解してもらいました。あじょし、つかれまひた。

Posted by: 謙介 | 12. 05. 18 at 오전 7:30

>謙介さん
 このおばさまは、韓国人みたいですね。
イギジョギで人を疲れさせるところが。
でも、謙介さん優しいですね。
 ところでグンソクさん、韓国ではあまり
人気ないようですが…この前も「サランピ」
に出ていたみたいですが(少女時代ユナと)
この作品はおもっきり、日本輸出用に作ら
れているような気がしました。

Posted by: yoko | 12. 05. 21 at 오후 1:27

---yokoさん
やはり職場の人間関係を壊して、、というのも、また回復するまで時間もかかりますし、、。率直に言えば、こちらのストレスも軽減されるのですが、その軽減度、とがたがたする職場の状況を天秤にかけて、いつもうーん、と思ってしまうのです。
 そうでしょうね。ぐんそくさんはやはり軍隊があって、男は男らしくあれ、という韓国の大人社会の規範から行けば、やはりちょっと合わない気がします。 ああいうタイプは日本であれば比較的受容できるのでしょうが、ちょっと韓国では難しいでしょうね。

Posted by: 謙介 | 12. 05. 21 at 오후 10:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/54730939

Listed below are links to weblogs that reference ぐにー:

« 今津線 | Main | すべてのはじまりのバターケース »