« 人間なんて本当に、、 | Main | 甘平 »

12. 03. 06

ブラマンジェ

先週末、たまたま大阪のことで
質問したいことがあってMくんに
電話をしました。

俺の質問があって、Mくんがさっと
こたえてくれたので、用件は3分で済んだのですが、、


その後、やはり話がドラマのカーネーショ○のことに
なりました。
ドラマの時代考証担当として入っている彼の話ですと、

謙介がドラマ開始前に予想していて
ここでお話したようなことがやはり起こった、
ということです。

前々お話しているようにあのドラマは岸和田ですから
大阪でも南部の泉州地方の方言です。
泉州の方言は、他地方の人が聞くと
やはりきつい、という印象をもたれます。
もっと言えば下品、という人もいます。

そういうきつい言葉の上に、また
登場人物たちの性格もはっきりしています(よね)。

自分の娘を指して、母親が「アホ」と言い放ったのは
おそらく朝ドラの歴史の中ではじめてではないか、とも
思います。
表現が直裁ですもんね。
だもんできつさだって倍化されるのかもしれません。


ただ、アホ、という言葉、解釈が難しいんですよ。
相手に対する侮蔑として投げつけるだけじゃ
ないんです。 
例えばこういう場合。

「どうしようもないアホやな、お前。」
「悪かったな、アホで。」
「-----しゃあないなぁ、」
「アホの相手、わざわざしてもらわんでもええで。 」
「あーあ。アホはアホでも俺のツレやし、、、、
このアホの面倒見てやらんとあかんやろ。」


相手に対して、ホンマ、どうしようもない奴っちゃ
と思っていても、嫌いになれない、そんなとき、
親愛の情をこめて「アホ」って言ったりしますし、、、。
だからアホ、って言ったって、そのニュアンスは多彩で、
単純に解釈できません。

「気持ちええか? 」
「う---ん。」
「ここは? 」
「ああっ! 」
「これはどうや? 」
「あ、ああ、、、」
「そんならこうしたろ。」
「あ、、、 ほ、、っ! 」

っていうのもあったり、、。


謙介なんかは、難波から南海電車に乗ると
泉州の言葉は自然に耳に入ってくる言葉ですが、、

やはりああいう言い方がきつい、とか
汚い、とか、ちょっとあの言い方にはついていけない、
という他地方からの
メールとか投書も結構きているのだそうです。
たぶんこういう投書が来るだろう、と
ここでもお話したのですが、
やはりそういうことが実際に起こっているとか。
そういうわけで
やっぱりなぁ、、、と思ったのでした。

で、話は変わって、、。
忙しいというのに、日曜日こんなの作っていたのです。
最近ストレスのたまることが多かった(笑)ので
ブラマンジェを作っていたのでしたぁ。

Rika1

ブラマンジェそのものはゆるゆるなので、カップから出さず
容器からそのまま食べるようにしました。

Reika2

オレンジソースをかけてみました。

ソースは
松山市安城寺町所在の某会社製造の果汁を
煮詰めて作りまひた。
いえ、単にうちに以前もらってて、賞味期限が切れかかった
じゅーすがあった、ということなんですが。


Reika3

横から見たところです。オレンジソースを作りすぎたので
(だってジュース1びん使い切らないと仕方なかったし、、)
たーぷりとかけました。ただまぁかけ過ぎ感は否めませんが。


いつものブラマンジェは、アーモンドエッセンス、杏仁豆腐用のもの
を使うのですが、今日はアーモンドの香りのものを使いました。

アーモンドの香りのエッセンスのほうが、1.5倍くらい値段が高いのです。
スーパーで見て、「ごっつ高いやんけ」と思いましたが
やすもんいつものエッセンスが売り切れていて、
まぁ仕方ないわ、ということで高いぶん、を買ったのですが、

さすが値段の違いは確かにありました。
いつものちょっと化学的な香りでなくて、アーモンドの香りが
して比較にならないくらいおいしかったです。

オフクロがちょっとメルヘンチックにしてみよう、といって、こんなものを
ふりかけました。

Reika4


おまけ。
先週の木曜、仕事帰りにスーパーに行ったら、こんなカップめんが
ありました。↓

Yawatahama1

時々仕事場の街のスーパーに行ったら、
何でこんなものが、、というようなものがあって笑えます。 

こないだなんて青森県の会社が作った
道後温泉の入浴剤っていうのを発見しました。
なぜにそんなものを売っているのか、、。(笑)

これも八幡浜のちゃんぽんですが、大阪のエースコック製です。
スーパーにありました。
特売で1個が(たぶん売れないからでしょうが。)98円でした。
官能検査をしてみなくてわ、と、思い、一個買いました。


早速お湯を注いで作ってみました。キャベツと、かまぼこが入っていますが、、
沈んでしまって、表面上にはほとんど見えません。
味は麺はまぁまぁだったのですが、スープが
やたら魚粉臭くて、、ちょっとなぁ、、という感じでした。

Yawatahama2


ちなみにこれが本当の八幡浜のちゃんぽんです。
まぁインスタントと本当のものを比較しても、、ねぇ、、
というようなものではありますが。(笑)
London

うーん。もうこのカップ麺はたぶん買わないと思います。

|

« 人間なんて本当に、、 | Main | 甘平 »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/54147266

Listed below are links to weblogs that reference ブラマンジェ:

« 人間なんて本当に、、 | Main | 甘平 »