« 脚下照顧 | Main | 不知火 »

12. 03. 15

使い勝手

今月、京都に行くので高速バスの座席予約をネットでしました。
四国から近畿地方各地に走る高速バス、って
何社も入っているのですが、それぞれ特徴があります。

大阪から高松はバスで3時間なのですが、
一番座っていてバスのシートが楽なのが
四国高速バスのシートです。
たぶん座席以外に、バス全体の乗り心地とかも
関係しているのだとは思うのですが、、。
一番乗っていて楽です。疲れにくいのです。
その次がJR四○のバスです。
一番乗っていて疲れるのが阪急のバス。

それから運転の荒いのが南○のバス。
以前、韓国の金浦空港から市内に行くために
よく乗っていたリムジンバスのような感じです。

前に金浦空港から乗ったときに、
発車ぎりぎりで乗ったら、最前列しか
席が空いていなかったのです。
お、眺めのいい席が空いてら、と思って
乗ったら、、、。
もうねぇ、、飛ばす飛ばす。
140キロくらいで走ります。
おまけにその140キロで走りつつ
車線変更の鬼のように、あっちの車線こっちの車線と
渡り歩くので、バスはそのたびにグイングイン揺れるわけです。
加えて車線変更するのはバスだけではありません。
どの車も空いている車線があったら、すぐに車線変更です。
で、当然最前列のシートは、その車線変更のありさまが
すべてわかるわけです。

自分の乗ったバスが右に車線変更しようとしたときに
左側の車線を走っていた車も左に車線変更しようとします。
つまり同じ車線に向かってバスと車が入ろうとするわけです。
クラクションを鳴らすバス。
無視して入ろうとする車。

映画の場面だったら、スクリーンの向こうの話なので
スクリーンの向こうで車がクラッシュしようが
こちらは「どきどきしたわー。」程度の感慨で済みますが、

バスに乗っての目の前の光景は
なんてたってリアルな現実です。
クラッシュしたら、こちらの生命だって一緒にクラッシュして
一巻の終わりかもしれません。

カーチェイスのスリルを味わいたかったら
韓国のバスに乗ったら、いくらでも味わえます。(ぶぶぶ)
リアルなスリルを味わいたかったら韓国のバスです。
おら、命が惜しいから地下鉄が開通したら
地下鉄に変えましたけど。

でも、慣れって恐ろしいですよ。
長年ソウルにいて、たまに日本に帰ってきて
バスに乗ったりすると、思わず

「おら、そこ、車線空いてるがな、車線変更して
さっさといかんかい。遅い遅い。何をトロトロ走っとんや。」とか
思ってたり。

いつしかすっかり「ソウルエシッテロ」(ソウルの流儀)に
染まってしまっていた
わけで、、。こわいなぁ、と思いました。

先にあげた本四間の3つの会社のバスは途中
淡路島で1度10分程度の休憩を取るのですが
南○は、休みなしでひたすら走ります。
しかも車線変更の鬼のように、あっちにこっちに
と走ります。

まるで韓国のバスです。

金浦⇔ソウル旧市内のリムジンですが、金浦空港から、ソウル旧市内に
入るバス、何度も乗ったのですが決まった経路がありませんでした。
どこを走ってもいいみたい。
さーすがケンチャナヨのお国は違います。


運転手さんはレシーバーとマイクを装着していて、
他の便の運転手さんと絶えず連絡をとっています。
そうして、ソウルに入る道路のどこが比較的空いているかを
聞きながらその日のコースを決めているようでした。

そういうのって韓国だけかと思ったら、
この四国からのバスもそうでした。
淡路島から本州に入ったところ、神戸市内の阪神高速は
しょっちゅう事故とか工事で渋滞します。

運転手さん、淡路島側を走っていて、
明石大橋が見えたあたりで
他のバスの運転手さんに無線連絡して
阪神間の高速の状況を確認しています。
神戸市内が渋滞していたら、阪神高速に乗らずに
北側の中国高速経由で行くこともあります。

長距離バスだとそういう経路変更って
あり、なんですね。

まぁそれはいいのですが、使い勝手の悪いものがあります。
で、問題はそのネットで予約したバスのチケットを
コンビニで発券してもらうときなのです。
四国にはセブンなんとかのコンビニは存在しませんから
発券はローソン○かファミ○でしてもらうのですが、、

それがね、ロッピーだかへっぴり腰だか知りませんけれども
バス予約発券、というのでタッチしていったら
発券されないんですよ。
不思議です。
バス予約発券、とあるのは日本交通公社経由の
予約分だけなのだそうで、、

で、四国の高速バスはそれではなくて、払○だかのほうで
コードをBUSと入れて予約番号を入れて
でないと発券してもらえないのです。

バスの予約発券、というアイコンがあるのなら
そこを押していけば、どの会社のものも、すべてそれで発券
されるのが利用者にとって便利、というか
はっきりと分かりやすい、ということでしょ。
そんなのさっさと統一して欲しいです。

で、さらに不便なことにローソ○なり、バス会社のサイトで
そういう発券の仕方のサイトを見ても
無駄なんです。 というのが、
予約・発券のサイトのデザインやら
レイアウトってしょっちゅう変えているから、その
発券の仕方を見て、メモして
コンビニに行っても、その通りに
できないのです。


発券サイトのレイアウト変えたのであれば、
バス会社なり、チケット予約サイトのほうにも
言って、新しいレイアウトでの発券の仕方に
更新しないといけないですが、それもしていない。
古いまま。だから見ても何の参考にもなんない。
文字通りの「つかえねえ」です。


会社の縄張りがあって、お互いが自己主張しているから
交通公社のバス発券用と、他のバス発券用と
二つあるのでしょうが、バスに乗るほうは
はっきり言って、交通公社で予約したんだか
ほかの会社で予約したんだか、深いところまで
関心なんて持っていませんもん。

コンビニの高速バスのチケットの発券、
もうちょっと何とかならないのでしょうかね。
少なくとも利用者側には煩雑です。


|

« 脚下照顧 | Main | 不知火 »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

飛行機の感覚だと、幹線以外では共同運航とかコードシェアしちゃえばいいのに、と思ってしまいます。
発券を共通にして、実乗車券分だけ後日バス会社に配金されるようにすれば、利用者はバス会社を気にせずに利用できそうですけどね。
沖縄もバスの不便さは何年経っても解消されません。
そのくせ、県の広報などでは公共交通機関を利用してと言います。
便利にしてから言いなさい、と毎回思ってしまいます。
車線や信号を守るのは日本ぐらいと思っていたほうが良いですね。
タイも車線は有って無きが如しです。

Posted by: タウリ | 12. 03. 16 at 오전 12:08

---タウリさん
そうなんですよね。こちらも県の広報なんかでつとめて地球環境のためにも公共交通機関を利用しましょう、ってあるんですけど、うちの仕事場に行くバスなんて、朝の7時5分の次は12時までありません。最近は加えてカーシェアリング、っていいますが、あれだって考えたら都会の交通便利なところの人の話で田舎では共同利用なんて無理だと思います。コンビニのバス乗車券の発券は、タウリさんのお話のようにでもして何とかしてまとめて欲しいと思います。

Posted by: 謙介 | 12. 03. 16 at 오후 2:35

東京のバスも一日に何本なんて路線がありますよ!電車がたくさんあるといっても、いわゆる「陸の孤島」の場所があるのですが、どんどん本数が減り、路線が短くなっていくんですよね。お年寄りで、駅の階段を上らなくてすむバスが良いって方もいるのですが…。
フランスのバスもなかなか荒っぽい運転でした。スクールバスがスピードだしますもん。こちらのバスは安全運転なので、車で後ろにつくと、ちょっといらいらするときが…よくないですね。

Posted by: アリクイ | 12. 03. 19 at 오후 11:46

---アリクイさん
実は月・火と姪の結婚式がありまして、その時に親族のお年寄りを梅田から京都までお連れする、という係りになりました。日ごろは何も思わなかった阪急の梅田駅ですが、切符は自動販売機でお年寄りにはどう買っていいかわからない、切符用の改札は中央しかない、と、まぁ本当に不便な駅だ、ということを痛感しました。東京でもそういう状況なのですか! そういえば、去年だったか久しぶりに上洛して、常盤の親戚の家に行こうとしたら、バスの便数がものすごく減っていて、びっくりしました。おっしゃられてああ、そうだなぁ、と思ったことでした。

Posted by: 謙介 | 12. 03. 21 at 오전 10:03

姪御さんのご結婚おめでとうございます。旦那様とお二人で幸せな人生を歩まれますようお祈り申しあげます。ああ我が娘も彼氏のひとりくらい連れてきたら良いのに!母はもてない娘が心配です。
バスって赤字のところが多いからでしょうか、本当に本数が減りました。友達の家の前を通る線が廃線になったとき、最後にバスがバス停を回収して通ったそうで、何とも言えない気分だったと言ってました。私の実家もすごい高額運賃のバスのみが交通手段ですが、あれがなくなったら高齢の親はどうするのか心配です。

Posted by: アリクイ | 12. 03. 21 at 오후 6:29

---アリクイさん
便数が減ったのは補助金が打ち切りになった、ということも大きいかもしれません。今まで補助金がバックでなんとか支えていた、という部分がありましたが、財政支出の見直しとかで、そういう部分もカットされた、ということなのでしょう。しかし、都会でも、そういうバス路線の再編、ということがあったのですね。まったくお年寄りの交通手段が困ります。こちらのほうでは、ワンボックスカーのタクシーという乗合タクシーというのがありまして、それで通院とか買い物に行っているお年寄りが多いです。

Posted by: 謙介 | 12. 03. 22 at 오전 6:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/54162979

Listed below are links to weblogs that reference 使い勝手:

« 脚下照顧 | Main | 不知火 »