« 案外普遍的な問題だったりします。 | Main | でかい新聞広告 »

12. 02. 29

消長

実は2年くらい前に、仕事場のアパートの近くに
アイスクリーム屋ができました。

そのアイスクリーム屋、全国展開をしていた
アイスクリーム屋でした。
俺がはじめてその店のアイスを食べたのって
もう20年近く前に、鎌倉に行ったとき、
材木座の海岸近くにあったその店で
食べたのがはじめでした。

 
アパートの近所に出来たとき、
正直、こんな田舎にどうしてできたの?と思いました。
それにこういうアイスクリームのお店、っていうのは
大きなショッピングセンターのフードコートとか
ターミナル駅ビルの中にあるほうが繁盛するのでは
とも思いましたし。

それで友達と、すぐに行ってみたんです。
「いつなくなるやら分からんし、
あるうちに行っておこう。」と言って。
この言い方、お店の人からみれば
失礼で不謹慎な言い方、という
ことは重々承知です。

でも実際問題として仕事場の街にもいろいろな外食の
お店ができるのですが、全部3年持たないで
つぶれています。 
10年くらい前には餃子の王○ができましたが
しばらくするとつぶれました。

5年くらい前には、北陸のほうの
カレー屋ができましたが(ゴー○ーカレーという店)
これまた3年持たずにつぶれてしまいました。
そのほか、ラーメン屋のチェーン店なんか
できてはなくなり、またできてはなくなって
一体いくつできてなくなったのか、
把握できないほどです。

で、今度はアイスの店だったのです。 
行って食べてみました。
アイスの味は濃厚で
おいしいものでした。

しかし、たとえば今では牛丼が1杯、
300円が280円になって250円になって
230円だ、と言っています。
でも230円の牛丼だって、この不景気の世の中、
食べられない、という人だってたくさん居ると思うんです。
お昼食べない、とか、ハンバーガーとかパン1個と
公園の水だけとか。

そんな世の中で
アイスをコーンに入れてもらって530円の
アイスが確かにおいしいにせよ、田舎でどれだけ売れるのか、
といえば、やっぱりうーん、と思います。

山上憶良の貧窮問答歌は万葉集ですが
正直、あの歌の内容に近い家だって地方には
今現在だってあると思います。

(ただ、あの歌を作った山上憶良の年収は
今のお金に換算すると2000万円くらい
ありまして、決して憶良本人は貧乏な人では
なかったのですが。)

このあいだ、京都に行って、四条河原町から
三条のほうへ上がっていっていたら、
ハーゲンダッ○が無くなっていました。

ハーゲンダッ○って、、正しい牛乳を使って
作っているわけでもないのに、
どうしてあんなに高いのでしょう???
まぁおいしいからいいですけど、、。

その無くなったハーゲンダッ○のお店で
かつてソフトクリームを注文したことがありました。
そうしたら、あ、今、ちょうど無くなったので、
ちょっと待ってくださいね、といわれて
カウンターで待っていました。
そうしたら、おねいさんが、目の前で大きな袋に入った
黄色味ががった白い粉をバサーっと機械の中に入れ
水をバケツでばしゃーっと入れて蓋をしたわけです。
機械がしばらくの間、うにゃらうにゃら云っていました。

おねいさん、しばらくすると、
はい今から作ります、と言って、
機械のレバーを操作すると、うにょーっと
コーンに出して、はい、と渡してくれました。

あんなお粉とバケツのお水をまぜて作ったものが
400円する、というのもやっぱりちょっとなぁ、
って思います。 

四国は場所柄、鳥取と岡山の県境の大山で飼育されている
特に乳の濃いジャージー種の原乳から作ったソフトクリーム
っていうのも実家の街では売っています。

ジャージー牛乳なので、さすがにやはり乳脂肪が濃くて
まったりしたお味でしたが、田舎の購買価格にしてあるのでしょう。
ハーゲンダッ○のソフトのような値段が高いものでは
ありませんでした。
ハーゲンダッ○のソフトって、自然の乳に含まれる乳脂肪
本来の濃さではなくて、いろいろと混ぜ物をして人工的に作った
濃厚さですよね。

実家の街には牧場の作った
ソフトクリームがあります。ここは、その牧場の
牛さんのお乳で作った正しいソフトですが、
ハーゲンダッ○よりずっと安いし、自然の乳の味わいで
おいしいです。

こういう世の中ですから、みんなやはり買い物とか食事をするとき
この品物で、この値段出していいものかどうか、ということは
真剣に考えると思うのです。

この価格で買って、果たして自分にとって
それは値ごろなのか、その対価としてどうか、って
俺だってその品物の前でしばらく思案します。

そうやって考えて、この品物だったら
お金を出してもええやろ、という品を出している
お店はやっぱりお客さんが入っているし、将来的にも
残っていくのではないか、と思います。

先日、仕事帰りに同僚と近くの定食屋さんに
寄りました。


Mie

この店、ものすごく定食のメニューが多くて、決めるのに一苦労する店なのです。

Teishoku

海老フライ、ハンバーグ、キャベツの千切り、 パセリ、スパゲッティ、ゆで卵、
いよかんがメインのお皿のほうで、小皿に、冷奴、がついています。
後、漬物とたっぷりのお味噌汁と、ご飯です。
サービス定食で、これが600円です。

ご飯は、少なめにしてもらいましたが
大盛りでも値段が変わらなくて、オッケーという店です。
みんなおいしくて客に値段以上の価値があるなぁと
思わせる店はよく知っていて、夕飯時を少し過ぎていましたが
ひきも切らずにどんどんお客さんが来ていました。


           ×         ×

やれやれ、と思っているうちに今日で2月もおしまい。
ウン十年前のこの時期は中国にいて(仕事)
そういえば今日は29日だけど、普通の年なら
もう3月に入っているなぁ、、と思ったりした
春のはじめ。

早くあたたかくなったら、いいなぁと思う反面
あたたかくなったらなったで今度は花粉が飛び始めるし、、
思いは乱れております。

来月は、姪の結婚式が京都であります。
ということで来月は移動と、物入りだなぁの弥生になりそうです。

みなさんの3月はどんな一か月になりそうでしょうか。

|

« 案外普遍的な問題だったりします。 | Main | でかい新聞広告 »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

そうそう、なかなか店が定着できない場所ってありますよね。
特に飲食店だと、「いつまで保つかな」と思ったりします。
僕が定期的に行く床屋の隣にも飲食店があり、半年ぐらいしか保ちません。
ラーメン屋、中華料理屋、ソバ屋を行ったり来たりです。
駐車場が無いのが一番の原因じゃないかと思います。

あとは単価ですよね。
高すぎると来ないし、安すぎると利益が上がりません。
食べ物屋って難しいなと思います。

サービス定食、美味しそうですね。
こんな食堂が近くにあるのは羨ましいです(*^_^*)。

Posted by: タウリ | 12. 03. 01 at 오후 5:52

---タウリさん
ブログで頭痛のことを書いておいででしたが、いかがでしょうか?
それが、そのアイスクリーム屋があったあたりって、外食チェーン店が結構あります。吉野○、すき○、なか○が200メートルの間に並んでいます。全部もうかっているとも思えません。何せ田舎でパイが小さいですから。でも、もう意地みたいにずっとやっています。アイスクリーム屋は、別に競争関係にある他のメーカーがなかったせいもあって、あっさりと撤退、ということになったようです。そうですね。田舎はやはり広い無料の駐車場がないと、商売になりませんよね。
この定食屋さん、地元の人に聞いたら、昭和50年代からずっとあるそうです。地元で、ちゃんと商売をしていこうと思ったら、値段の割にお得! というふうなものを絶えず提供できる、という店がやはり残っていくのだろうと思います。
お身体お大事になさってくださいね。

Posted by: 謙介 | 12. 03. 01 at 오후 10:30

定食屋さん、美味しそう!
うちから車で20分くらいのところの幹線道路沿いに、トラック運転手がメインの客層の定食屋さんがあるんですが、ちょうどおんなじ感じです。
そのお店、フライを盛る皿をあらかじめお湯で温めてあったりして侮れません。
卓上にはキッコーマンの醤油さし、天井からぶら下がったハエ取り紙、壁にはビール会社の美女水着ポスターと、菅原文太がトラックで乗り付けてきそうなお店ですヽ(´▽`)/

Posted by: mishima | 12. 03. 02 at 오후 2:30

---mishimaさん
街道筋にあっても吉野○とか餃子の王○のようなチェーン店ではなくて、地元の人がやっているお店で、ずっと続いているお店というのは、やはり何かしらの客をひきつける魅力というものがあるのでしょう。この店もここで生まれ育った人に聞いて、それで行きました。お汁もたっぷりでおいしくて、ご飯も特大なんかは、びっくりするような盛りですし、、。そうした地域に根ざした薄利多売でがんばってやっている店、というのがやはり長持ちするのだなぁと思いました。

Posted by: 謙介 | 12. 03. 02 at 오후 4:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/54081174

Listed below are links to weblogs that reference 消長:

« 案外普遍的な問題だったりします。 | Main | でかい新聞広告 »