« しんろしどう | Main | 秋色探訪(その1) »

11. 10. 06

文化祭

ノーベル賞発表のシーズンとなりました。
今年も誰それは××賞の最有力候補、とか
△△賞の候補に●●氏とか、新聞が
ほとんど競馬とかボートレースの予想屋化してる、と
思うのは謙介だけなんでしょうか。

賞をもらう、もらわないというだけで大騒ぎしている
としか思えない気がするのです。

(もっと深い考察をして書かれた記事も
あるのかもしれませんが
新聞報道の限りにおいては、
この賞の候補はこの人、という短絡的な
書き方しか見えてこないのです。)

まぁ、ノーベル賞が欲しくて欲しくてさかんに
自分がもらえるように運動しまくっている人
もいる、ということなので、どっちもどっちだ、
とも思いますが。

ムラカミハル●の賞獲り大作戦、
今年は成就しますかねぇ。


なんだか秋になったら、
文化を省察しろ、ということみたいで
あっちこっちで文化祭とか
芸術フェスティバル、という催しが
行われています。


いつもの高校生2人組が
「謙介さん、これ行きます? 」って
彼らの高校の文化祭のバザー券をくれたのでした。
前は学校の文化祭なんて11月あたりにあったか、
と思うのですが、学校が週休二日制になって
授業時数の確保が難しくなった結果
えらい前倒しになって、最近では9月に文化祭
っていうところが多くなっているようですね。
運動会だって5月にする学校も多いようですし。

えー、実は謙介、自分の行った高校には文化祭は
ありませんでした。
何せお勉強の好きな高校で、当時の校長が
「文化祭なんてやる暇があったら勉強せえ、。」と
言うことを言っていて文化祭は無し、と言っていたので
高校のときの文化祭はありませんでした。
大学の時はさすがに盛り上がりましたねぇ、、。
何かお花満開、という感じで、、。

大学院の時には、学校にスピッツが来て
コンサートがありました。
ええ。草野氏のいるあのスピッツです。
その年、スピッツが大学でコンサートやったの
全国で2ヶ所しかなかった、って聞いていました。
600人限定のコンサートでした。
なんたって学校の体育館のキャパがそれだけでしたから。

あれは楽しかったなぁ、、。

で、高校の文化祭です。
入り口には各部、サークルのポスターが
こうやって貼ってありました。

Bunkasai1


いやぁ、なんだか新鮮ですねぇ、、。
おぢさんワクワクしますぅ。

いろいろな展示がありました。
絵画部、書道部、から
文芸同好会、茶道部、華道部とか。

運動部は模擬店で出展です。
「ジュースいかがっスかー。」
野球部のにいちゃんが売っています。
え? ジュースはジュースでも別のが
欲しい? 


ただここの学校は、こういう「部」で行う飲食物の模擬店は
飲み物までだったですね。

食べ物となるとやはり衛生上のことも
ありますから、食べられるものを提供しているのは
PTAがやっているうどんとかカレーとかが
中心でした。


でもおやつとして、クレープのお店が自動車の店舗で
出張販売していたり、近くの調理師学校の生徒さんが
実習かたがた出張してきてケーキを売る、というお店は
出ていました。

ですからタコ焼きとか、焼きそばとかフライドポテト
というふうな食べ物はなかったです。

それにまぁ、ああいう食べ物だと、最近はどこへでも
ごみを捨てる人がいますから、ソースのついた
容器とか油でべたべたした紙をどこにでも捨てていて、
後片付けに大変困るからということもあるかもしれません。


ひとあたり展示を見ました。
書道部の展示室が玄関入り口近くだったので
そこから見て行きました。

絵画部、華道部、と見ました。
人がいっぱい来ている割に、各部の展示室の中に
入って見ようという人は少ないみたいで
入っていったら、カモが来た どの部の人も
声をかけてくださって説明をしてくれました。
こちらも逆に質問もしたので、3つ見ただけで2時間近くに
なって、疲れてしまいました。

後、券をくれた二人の部にもちょっと行ってみました。
男子Aくんは新聞部、
男子Bくんは放送部です。
男子Bくんは、行ったら本の朗読をしていました。
俺の顔を見たら、ものすごい緊張した表情になって
ちょっと申し訳なかったなぁ、と思いました。
でも、なかなかうまかったです。

お昼です。食堂に行きます。
普段は学食なのですが、今日は
文化祭用の食事のコーナーです。

手前にカレーのコーナーがありましたが
やはりうどんがいいなぁ、ということで
うどんのところに行きました。
受付の券とかお金を受け取るのは
腰パンのにいちゃんです。
謙介がうどんのコーナーのほうに行ったら、
このにいちゃん「来た! 」と短く叫びました。

何やねん。来たら悪いんかー、ゆーてみぃ。

うどんは一杯200円です。
謙介はバザー券を持っていたので、
その腰パンにいちゃんに渡します。

うどん玉のもろぶたを見たら、
なんということでしょう。
○清と焼印が押してありました。

たぶんその○清のうどんなのでしょう。
この辺のうどん屋の中では、必ず名の出る
うどん店です。
これは期待が持てそうです。

PTAの人がうどんを暖めます。暖められたうどんは丼に入れられ、
次に高校生女子Aさんが汁を入れ、次に高校生女子Bさんが
かまぼこを載せ、次に高校生女子Cさんがわかめを載せ
最後に高校生女子Dさんが天かす(揚げ玉)を載せて出来上がりに
なりました。 これです。

Bunkasai2

言ってしまえば
たかが高校の文化祭の1杯200円のうどんですが
逝ってしまった麺(この辺ではそういうのをうどんの死体
といいます。) ではなくて、

うんまい! と叫ばずにはいられないようなうどんでした。
さすがにレベル高いわー。

ちょうどうどんを食べ終わったあたりで
12時になったせいかドーっと人がやってきました。
ごちそうさま、と言って、席を立ちます。
でも、うどん1杯ではねぇ、、
あ、そうだ、アイスクリームの券ももらっていたのだった。
アイスは校舎の最上階で売っています。
今度はエレベータで最上階に上がります。

アイスも200円です。
ここはPTAの方が売っているみたいで、
落ち着いた応対をしていただけました。
さんざん迷ったのですが、
抹茶にしました。
どうするのか、と思ったら、
クーラーボックスの中から
ハーゲンダッ○のカップを出してきて
どうぞ、ということでした。

窓際の椅子に座って外の風景を眺めつつ、、
ハーゲンダッ○をいただきました。


Kencho


正面に「ぬぼ」と立っているのは県庁舎です。
オダくん主演の映画『県庁の星』で出てきた建物です。

設計は都庁と同じタンゲケンゾーですね。
たぶんタンゲさんの最晩年の作品ではないか
と思います。
実は、この「ぬぼ」の本館の右に
地味にもうひとつ建っている建物が
もとの県庁舎の本館です。
この建物は丹下さんのそれ以後の作品の
原点になったコンクリートの打ちっぱなし構造
で作られた作品です。

日本の戦後建築史の本の中には必ず、
と言っていいくらい登場する建物です。
この旧本館の1階に猪熊さんのタイル壁画
「和敬清寂」があってこれも有名です。


おぢさん、文化祭も堪能したし、
日本建築史のエポックメーキングな
作品も鑑賞したので帰ることにしたのでした。

男の子は措くとして、
高校生のギャル系の女の子の
あのテンション高めのきんきん声の
会話には、ちょっとついていけないなぁ、
と改めて思いました。

ちゃんと普通のトーンで会話のできる
女の子もいましたけど、、。

 

(今日聴いた音楽 ヨハネス・ブラームス作曲
交響曲第1番ハ短調 作品68 
 音楽界では「ブライチ」と呼ばれている曲ですが
ブライチ、って、何か抵抗のある言い方です。
ばんくおぶあめりかの「バンカメ」もですが、、。
指揮はカール・ベーム 演奏はウイーンフィル。
1975年ウイーン ムジークフェラインザールでの
録音)

|

« しんろしどう | Main | 秋色探訪(その1) »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

おー、若いエキスを堪能、じゃなくて若者のエネルギーに浸ってきたのですね(^^)。
文化祭、って懐かしいです。
お気に入りは男子B君ですか?(笑)
うどん美味しそう!
沖縄なら、沖縄そばが出てきそうです。

僕もJKにはついていけません。
やっぱりDKがいい(*^_^*)/

ブラームスでは交響曲第4番が好きです。
一番好きな交響曲はベートーベンの交響曲第7番です(玉○宏氏もgood)。

Posted by: タウリ | 11. 10. 07 at 오전 8:42

高校!うらやましい
うちの地域の公立高校は、僕の出身校も含めて文化祭をあまり外部開放してないんですよ。
僕が現役の時も、生徒同士が教室をめぐって見学するだけ。
体育祭でも保護者観覧席はテント2張りくらいで、見に来るのはPTA関係者かわが子自慢の親くらい。
やはり、一般人を受け入れるとなると、安全上の問題を考えるんでしょうね。
女子高生4名の共同作業のうどん、美味しそうですね。腰パンにいちゃんの「来た」は、待ちかねていたお客がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ってことだったのでは?

Posted by: mishima | 11. 10. 07 at 오후 1:08

---タウリさん
やっぱり行って、いろいろな展示を見たり、校舎の廊下とか教室を行き交う高校生を見ると、元気やなぁ、って思います。いろいろな展示を見ていても、本当にすごい行動力で、(まぁだから展示して、いる、というのもありますが。)その力に感心させられるばかりでした。沖縄だったら、そうですよね。沖縄そば、とかのバザー出そうですよね。展示の中に「保健委員から」っていう部屋があって、そこではHIVの特集をしていました。性行為の問題も取り上げていて、やっぱりこういうところで、真面目に調べたことを発表している、という展示もあって、これもよかったです。ただ誰も見学に来ていなかったのがちょっと残念でしたが。 とにかく若い「気」にあてられたような感じで帰ってきました。
 タウリさんは7番なのですね。また、音楽の話もしましょう。楽しみにしています。

Posted by: 謙介 | 11. 10. 07 at 오후 7:39

---mishimaさん
最近は変な部外者が学校に入ってきて、いろいろ問題を起こすケースもありますし、やはりセキュリティというような面で、学校も神経質になる、というのもありますよね。他には他校の生徒が「襲撃」して、学校内で乱闘になるとか。そういう外部の人を呼ぶとなると考えられる問題がありますから、神経質にならざるを得ないということもあるかもしれないですね。でも、在校生にとってみれば、文化祭でいろいろ活動した、というのも思い出になりますよね。俺はそんな思い出がないのが本当に残念です。
しかし、保護者の人も、幼稚園とか保育所の運動会ではすごいのが、小学校、中学校となるにつれてだんだん力が入らなくなって、高校なんて知らん間に運動会が済んでた、なんていうこともあります。まぁ子のほうが、「親なんか来るな。」っていう対応になるのもあるでしょうし、、。
うどんはおいしかったです。あれで200円なんて、ほんとに感動しました。

Posted by: 謙介 | 11. 10. 07 at 오후 7:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/52754069

Listed below are links to weblogs that reference 文化祭:

« しんろしどう | Main | 秋色探訪(その1) »