« 秋色探訪(その9・了) | Main | 人形の館へ(その1) »

11. 10. 24

はやぶさ

せんしゅうのもくようびにおともだちのえびちゃんから
でんわがありました。

えびちゃんはぼくにしごとのほうほうを
あれこれときいてきたあとで、またいつものように
じぶんのしごとのもんくをあーだこーだとえんえんと
はなしたあとで、
「そうだ、はやぶさを見に行かない? 」
といいました。
「えーはやぶさ、ってえいがの? 」ときいたら
「ちがう。うちゅうをとんだあのはやぶさ。」
というのです。

「え? ほんものの? 」と言ったら。
「あたりまえやん。」というのです。
きっとでんわのむこうでは「どやがお」をしていたのに
ちがいありません。


ということで、はやぶさを見にいくことになっ てしまっ
のです。

あ、そうか、とぼくはおもいだしたのです。
えびちゃんのしごとをしているちかくで
するてんらんかいのまえは
けんすけのしごとをしているちかくで
てんらんかいがあったのでした。

けんすけのしごとをしているちかくの
てんらんかいは400えんりょうきんをはらわないと
みられませんでした。

なんで400えんなのですか?
ときいたら、うちゅうのえいがをみることと
きぼうしゃには、うちゅうふくの「こすぷれ」を
させてあげる、というとくてんがついて
いたから、なのだそうです。

でも、よそうけんがくしゃのかずが、2まんにん、
ときいて、いくのをやめたのです。

えびちゃんのちかくのてんらんかいは
ただでした。ただだから、いこうとおもった
わけではけっしてありません。

てんらんかいはあさの9じから、というのですが
きっとたくさんのひとがくるのではないか、
とおもってえびちゃんと8じはんにまちあわせて
かいじょうには8じ45ふんにいきました。
そうしたら、もう10にんもひとがきていました。

Hayabusa1

とかいで10にんというと、たった10にんですが
いなかで10にんというと、すごいことです。

Hayabusa2

10にんもおきゃくさんがきたので、
きてから1、2ふんすると、はくぶつかんのかかりの
ひとが、9じからですが、あけましたからどうぞ、と
いったのでなかにはいることができました。

やっぱり10にんはおおぜいなので
かかりのひとがびっくりしてあけたのだとおもいます。

さいしょは、はやぶさぜんたいのもけいが、てんじ
されていました。
ぼくは「かとんぼ」みたいやなぁ、とおもいました。

はやぶさのかぷせるは
おもさが17きろ
はばが40せんち
たかさが20せんち なのだそうです。
かごしまからろけっとでうちあげられたのが2003ねんで
いとかわについたのが2005ねん。
そのいとかわでのかんそくから
もういちどいとかわをりりくして
ちきゅうにかえってきたのが2010ねんです。

そのちきゅうにかえってくるまでのおはなしが
とてもどらまちっく、で、とうとうえいがに
までなってしまった、いまじょうえいちゅうですよ、
とかかりのひとが
せつめいしてくれました。

こんかいのてんじでは、とくに
いとかわでさいしゅうしたものをいれておいた
「いんすつるめんともじゅーる」
ちきゅうからのしれいをじゅしんしてその
しれいをきかいのかくぶにつたえた
「でんしききぶ」
たいきけんにとつにゅうしたときに
しゅういがこげこげになってしまった
「はいめんひーとしーるど」
このぶぶんがしんぶんのしゃしんでみた
おなべがひしゃげたようなぶったいです。

それからちきゅうにおちてくるときに
つかった
「ぱらしゅーと」の4つのじつぶつが
てんじされていました。

ぱらしゅーとは、ぬいだくつしたみたいに
れろれろになってだいのうえにおいてありました。

いんすつるめんともじゅーるの
なかに、こまかな、いとかわのいしがはいっていた
のだそうです。ちんかすみたいだなぁ、とおもったら
それよりもっともっとちいさいものだそうで、
ちょっとどういったらいいのかわかりませんでした。

それからこげこげになった
「はいめんひーとしーるど」はよくまあ
こわれないでがんばったな、とおもいました。

みんなすごいすごいといっていました。
えびちゃんもすごい、といっていました。
でも、てんじぶつは4つしかないので
けんがくじかんは10ふんでおわってしまいました。
ぼくはよーくみなくちゃ、とおもって15ふん、じーっと
みていましたが、すっかりあきてしまいました。

しゃしんはとってはいけませんよ。めっ! と
いってあちこちにかみがはってありました。
でも、ほうどうきかんはかまわないのだそうです。

かえってからおかあさんにはやぶさの
ことをおはなししてあげました。
おかあさんは
「そんなこげたおかまやらおなべやらを、わざわざみにいったん? 
ようやるわ。」
といいました。
あるいみ、ぼくはそのかんそうがいちばんすごい、と
おもいました。

|

« 秋色探訪(その9・了) | Main | 人形の館へ(その1) »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/53055075

Listed below are links to weblogs that reference はやぶさ:

« 秋色探訪(その9・了) | Main | 人形の館へ(その1) »