« 9.11 | Main | 倉敷(その1) »

11. 09. 12

怒涛の10日間

先月の山が終わって、
ホッと一息していたのですが
次の山がまた来ました。 
これから10日間もまた忙しくなります。
今週、来週はそういうことで
ちょっと更新がままならないのですが
できるだけ時間を見つけて書けたらいいなぁ、と
思っています。

8月の仕事は他の人と一緒に仕事、だったのですが
今週来週は自分の純粋の専門の仕事で忙しいので
自分の中の気持ちとしては、少し楽です。

9月の11日はメッセージありがとうございました。
あの日はここでことさらに言うまでもなく
ニューヨークの同時多発テロから10年でも
ありましたし、東日本大震災から半年でもありました。
ですがこの事故・天災でお亡くなりになった方々や
いまだ、大切なご家族の行方が分からない
というご家族にとって、そんな時間の経過は
関係ないように思えます。

ご家族にとってはいまだに大切な家族が
突然目の前から姿を消してしまったことに
まだまだ心の整理も全くつかない、という方が
大勢いらっしゃると思います。

時間はあの日から止まったまま。
どう心の整理をつけようにも、整理がつかない。
その日の朝、いつものように玄関を出た家族が、、
あの日を境に会えなくなってしまった。
あまりの突然のこと。
そのお気持ち、本当に辛いことだとお察しします。

うちの仕事場の人が先月、気仙沼に
ボランティアに行きました。その方から先日
ボランティアに行った先の写真を
見せてもらいました。

本当に言葉を
失ってしまって何も言えませんでした。
「それでもそんな中から少しずつでも
前向きに気持ちを切り替えて
立ち上がろうとしていた人もたくさん見た。」
というのがせめてもの救いだと思いました。

被災の当初は張っていた気持ちですが
疲れも出てくるでしょうし、
半年経って、却って気持ちが
萎えてくる、ということもあると思います。
謙介なんて何とかの突っ張りにもならないような
自分のできる範囲でやはりこれからも
何かしていきたい、と思っています。

(今日聴いた音楽 September 竹内まりや
1983アルバム viva! mariya から。 音源は
LPレコード。)

|

« 9.11 | Main | 倉敷(その1) »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/52693052

Listed below are links to weblogs that reference 怒涛の10日間:

« 9.11 | Main | 倉敷(その1) »