« ウジウジ男子 | Main | 距離のとりかた »

11. 08. 30

そととうちと

今日で長かった研修も一段落。
(実際は9月末提出の書類はあるんですが、、。)
終わった終わったぁい。
でも明日は8月31日なんだけど、、
お、おれの夏は、、。
やれやれ。


免許の失効、、
ここでこないだも更新の話したばっかり
だったけど。
ホント、よくあることなんだと思う。
あっちこっちで更新を忘れてて、、という
話を聞くもの。

俺ね、更新に行こうと思った日、すごくしんどかった
だけど無理して行ったのは、

俺、用事とか懸案事項ってね、
人間思った時にさっと片づけておいたら
そう難しくなかったりする。
さっと片づけたら案外簡単だった、
ていうことがよくあるもの。

それを面倒だから、って延ばしておくと
面倒だ、したくない、でするのがますます嫌になって
最後どうしようもなくなっていやいやすると
したくないのにやってるから失敗する度合いも高くなるし、、。
で、最後焦ってやってるからうまくいかない度合いも
高くなって、、、後回しにするのって
うまくできないわ、焦るわ、でよくない。
その上、いつかしようと思ってるうちに
つい忘れてそのまま、っていうことだってあるもの。


だから先送りにしないで
やっぱり通知が来たら、風邪ひきだろうが
しんどくて熱が少々あろうが状況はともかくすぐに行く、
っていうことだと思う。 
更新期間が2か月あるから、近いうちに、、とか
思ってたらそのうち行く機会、失うとか
忘れてしまった、ってよくある話で、、。


謙介の場合、ついうっかり忘れていた
なんて日常茶飯のことなので、
更新忘れたからと言ってけしからんではないか
なんていうようなことは全然言えません。

でも、大変だなぁ。
こういうことでも、ちゃんと
謝罪記者会見を開かないといけないんだねぇ、、。

閑話休題。


夏のお盆のときに姉が帰ってきていた。
帰ってくるととたんに家中がにぎやかになるというのか
家の中の雰囲気が一瞬にして変化する。
姉の子どもたちはもうそこそこ大きい、というのか
受験生だったりするので姪たちはこちらに来ずに
家で勉強している。旦那は休みもなくずっと仕事。
本当に大変だなぁ、、。

でもまぁ、考えの視点を変えれば、
姉だけでよかったのだ、何せ姪たち3人が
それに加わった日には、、。
一人でさえ
「暑いわ暑いわ暑いわ。」
「冷たいもん食べたいわ。」
「委佐子の店行って、○○と△△と××と買うて
きてよ。」
とまぁ5分おきに何かしらのご要望があって、、
こちらだって(お盆の頃はまだ発表前だったので)
発表のことが頭にあって、それどころではなくて、、、
静かになったなぁ、と思ったら座敷で大の字になって
寝ているし、、
しばらくしたら蚊にかまれたみたいで
横腹ぽりぽりと掻くし、、。
姉が帰ったら一気にうちの中が静謐になった。
そう。もう静謐、と言っていいと思う。


昨日、最近びっくりしたことについて書いたが
これだってびっくりしたことだ。
この表紙の4人の中にうちの姉がいる。


Asacha


あ、カバーガールでなくて
カバーおばば、と言ったら
ケリを入れられてしまった。


↑にさんざん書いてきた同じ人物とは
思えない。
写真で見たらあまりに澄ました顔を
しているではないか。
本当にそととうちとは
まーったく違う。ぷんぷん。

いーてれをみながら、いつ粗相をするだろうか、と
ドキドキしながら見ていたのだけど
そういうときはうまいことやって失敗しよらへんのですわ。

まぁ、そんな失敗した個所なんて
本番で流すはずはないんだけど。
つい、ほら、「いつも」を知っている身近な人間としては、、
いつかやらかしよらへんかなぁ、、ほら、そこで、、
と、ついつい
期待半分恐ろしさ半分。

まぁなんだかんだと心配はありましたが、
番組も今日で無事に終わったのでホッとしている
うちの家族なのでありました。

|

« ウジウジ男子 | Main | 距離のとりかた »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/52579100

Listed below are links to weblogs that reference そととうちと:

« ウジウジ男子 | Main | 距離のとりかた »