« ダム | Main | 心太 »

11. 08. 22

免許の書き換え

お盆前の半日、仕事を休んで、
免許証の書き換えに行ってきました。

ちょうどそろそろ風邪の症状が出始めていた時期で
朝、起きたらしんどかったのですが、、。
でもまぁ、思い立ったが吉日といいますし、

以前に行くのが面倒くさい、と思っていたらついつい
延び延びになってしまって、そのうち
行ける日の都合がつかなくなって、、
危なく免許失効になりそう、ということもあったので
今回はしんどかったのですが、時間があったので
行く、ということにしたわけでした。

それがねぇ、免許センター、謙介の住んでる場所からは
ものすごく遠いんですよ。
行くだけで小一時間かかるんです。
免許の書き換えの時期の一週間前になったら
通知のはがきがきました。

8時半から9時半までに受け付けを済ませて、、
とあったのですが、実は行く時間が非常に
微妙になってくるのです。
というのが、8時半に行くと、大抵受付を待っている
人の行列ができています。
なので、受け付けてもらうまでにものすごく時間が
かかってしまいます。
かといって、9時半前に行くと、最初の受付分は
終わっていて、2回目の遅いほうに回されて
やはり時間がかかります。
そういうことで一番いいのは最初の受け付け分で
しかもできるだけ遅い時間に行く、
ということです。
すると待たずに最初の受け付けの講習のほうに
入れると。

とはいえ、その当日の謙介さん、
熱があって頭ぼーっとしてて
そんなことなんて全然考えられない状態でした。(笑)

Menkyo1
運転免許センターに着きました。時間は8時45分です。
ナイスな時間です。
さて入ろうとするとこのセンターを建てたときの知事(3代前)の
書いた石碑があります。

Menkyo3
この人、字を書くのが趣味だったようで、
もっと言えば謙介の書道の先生と
同じ先生にご指導を受けていて(やれやれ)
そのせいで今もあっちこっちにこの人の書いた石碑があります。

あのころは知事だの市長だのが
やたらハコモノの施設を作っては
自分が作ったのだ、えっへん
という自慢にする風潮がありまして、、、。
県の施設に行きますと、
この時の知事と、その次の知事の石碑が
なんだかめったやたらにある、ということです。
おまけにその石碑の字がねぇ、、。
それでたまに聞かれるんですが、「この字うまいの? 」とか。

そう聞かれると「上手に見えます? 」と質問します。
そうすると「よくわかんない。」とか「びみょー。」というお答えが
かえってきます。
「ねぇ。よくわかりませんよね。」と
言って笑っておくことにしています。

さっそく中に。さて受付は2階です。

Menkyo2

やはり想像したとおり、最初の受付の山が一段落した
みたいで受付には誰もいませんでした。
行くとすぐに受付をしてもらえました。
今使っている免許証と更新のはがき、更新料を渡すと書類をくれます。

で、書類をもらった後で安全協会に入ってもらえないか、
と勧誘がありました。ひところこの安全協会がすごく問題に
なっていましたよね。お金は取るが、そのお金にふさわしい
活動をしていない、とか、、なんとか。
1年分500円×3年で1500円でご入会いただけませんか、と
言われましたが、謙介はやはり納得できないので
入らない、とこたえました。
ちなみに入ったら、免許証のホルダーをくれるのと
更新の書類を書かないで済む、というのが特典なのだそうです。
そんな書類を書かないで済む、たって、自分の住所2ヶ所
書類に書くのと免許の番号を書くくらいのことです。
そんなもの自分で書きます、って。
免許証のホルダーたって、なんか趣味の悪そうなビニール製の
ものです。

安全協会に入らなかった謙介さんは
何も書かれていない書類をもらって、後ろの記帳台に行って
書類を書きました。
だけど書く時間なんて1分もかかりません。

それから視力検査がありました。
機械の中の円を見て、どこが切れているかを
言うものです。ささっと答えて、次が
免許の写真撮影で、、。

(この写真がほんとに写り悪いですよね。どうみても指名手配の
犯人みたいな写真です。)
前に京都に行ったとき、急に写真が要ることになって
京都駅の伊勢丹の写真室に駆け込んで
撮ってもらったことがありましたが
あの時の写真と被写体が全く同じとも思えない写真で、、、。
やっぱり伊勢丹の写真室はうまいです。

それで講習会場に行きます。時間は8時55分。
会場はほとんど席が埋まっていましたが、何とか座れました。
9時から講習を受けて、30分で講習は終了しました。
番号札と引き換えに新しい免許証をもらいます。
『あーあ、やっぱり人相悪い、、。』

このころになると熱も出てきたみたいで、、
帰ったら寝よう、と思っていたのですが
これだったらそれより病院に直行したほうがよさげ、
ということで、病院に連絡しました。
そのまま病院に行って、診察を受けたら
やはり夏風邪、ということでした。

夏風邪って、意外なところからも
ウイルスが入ってくる、と聞きました。
目から入ってくる風邪もあるんだそうです。
目から入る風邪なんてはじめて聞きました。

先週の猛暑から急に涼しくなって
夏のお疲れが出てくる時期ではないか、
と思います。 
どうぞお体お大事になさってください。

謙介は今週、24日にいよいよ発表がありまして
今週もまた否が応でもがんばらなくては
なりません。プレゼンテーションするのって
気持ちを本番に向けてどう高めるのか
というところ、です。


明日とあさっての午前中にもうちょっと修正を行って
本番に臨みたい、と思います。
24日25日とそれがありまして、
来週は30日にもう一度あります。

風邪がなんとか峠を越していて
本当によかったです。


|

« ダム | Main | 心太 »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

僕は一度更新を忘れて失効したことがあります。
1時間の講習を受ける羽目になり、さらに免許証はブルー3年に。
そして3年後に再び1時間の講習を受け、ブルー5年に。
たった一度の失効で、ゴールド免許が8年もなくなってしまいます。

交通安全協会は天下り団体でしょ?
沖縄では「払って当たり前」的にカウンターを構えています。
更新に行くたびに、毎回腹が立っていますよ(小心者なので払います)。

風邪、気をつけて早く治して下さいね。
お大事にm(_ _)m

Posted by: タウリ | 11. 08. 23 at 오전 10:58

---タウリさん
なんだか処方された風邪薬の副作用らしくてとても眠くて困っています。明日、発表の本番というのに頭が全然働いてくれません。なので今晩は薬を飲むのをちょっとやめました。
免許、そうなんです。うちの上司も前に一度行く機会を失って、そのあいだに免許を失効してしまい、後から講習を受けて、、ということがありました。そういうのを身近で見ているし、上司もそういう経験があるので、できるだけ早く、どんなことがあってもいける時に行け、と言ってくれました。なので体調は悪かったのですが、行ってきた、ということです。交通安全協会こちらもそうです。もうどこまでが県警の仕事なのか、どこからが交通安全協会なのかわからないほどごっちゃですが。俺の行った日は、結構カウンターで俺みたいに自分で書いている人もいたので、入会しません、って言った人も多かったようです。

Posted by: 謙介 | 11. 08. 23 at 오후 8:22

私もつい先日更新しました、謙介さんとお誕生日が近いんですね。
交通安全協会入会?何ですかそれ、私聞かれたことさえありませんが…余分なお金も払ってませんし。入会カウンターもありません、多分。
夏風邪は治りにくいですから、お大事になさって下さいね。栄養のあるものを召し上がって、たくさん寝て、家事はさぼってお休み下さい。

Posted by: アリクイ | 11. 08. 24 at 오전 11:29

---アリクイさん
なんたって9月11日なんです。誕生日。この歳になると誕生日なんてええ、もうどうだっていいんですが、世間が9月11日、ってやっぱり、、大きく言うので、見たくないのですがやはり意識してしまわざるを得ないのです。 交通安全協会、おそらく都会では更新者の意識が結構高いですし、そういうお金の面できっぱりしている人が多いので、そういうのもあまりないのかもしれません。田舎はその辺がとても曖昧なので、みんななんとなく払ってしまっている、というのが実態なのかもしれません。

Posted by: 謙介 | 11. 08. 24 at 오후 11:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/52499919

Listed below are links to weblogs that reference 免許の書き換え:

« ダム | Main | 心太 »