« 雨の月曜の夜は、、 | Main | もうちょっとで »

11. 07. 07

モルウン サイエ ワンジョニ (知らない間にすっかり、、、)

8月の研修会のときに晩、飲み会の幹事を
引き受けることになってしまった謙介さん。

安易に「そうだ!
この時期ビヤガーデンならいいんじゃないか。」って
思ったのでしたが、
8月の一週目の金曜の晩なんて、もう
すでにどこのビヤガーデンも予約で一杯。

がーん。
そんな前から予約してるものなの?
ビヤガーデンなんて、、えーっといつ行ったろ。
そうだ! 院生の時だ。
(一体何年前なんだってば。 笑)


挙句の果てに、お酒飲みの人からは
ビヤガーデンこんな(遅い)時期の予約なんて
甘い、といわれてしまい。
だって、全然酒飲みでない人間なんて
そんなこと知らないんだもん。ぶつぶつ。

それが、今回の宴会は全員で20数名。
2人とか3人だったら、いきなり行っても、
なんとかなるかもしれないけど、やはり
まとまった人数なので
事前にちゃんと予約を取っておかないと、って
急にあわてて、、。


で、何とか探してありました。
以前仕事場の送別会で使って
あそこはよかった、という居酒屋さんに連絡したら
今だったら空いてます、っていうことだったので
そこにしました。
そこなら一度行ったことがあったので
大体分かってるいるし、、。
魚料理のおいしい店です。

そうそう宴会で思い出したことです。

で、今年の春の送別会に行ったときに
あれま、というものを発見しました。
ソウルマッコ○とかいうお酒。

最近、マッコリ、ってこんなにおしゃれなことに
なっていたなんて。
もうそれにびっくりしししまいました。
(思わず言葉まで動揺して乱れるありさま。)

マッコリってね、韓国のどぶろくのことです。
安いお酒でね。
(どぶろくだから当然安い。)
大体入っている容器が
以前はビニール、そうビニールです。
プラスチックなんていう高級な(笑)素材じゃ
なくて、触ったら、へなへなと柔らかく
ひっこんでしまうビニール。

ほら、ちゅうちゅうアイスって
あるじゃないですか。
あれの入ってるいれものというか
パッケージの素材です。
だからビニールでしょ?
そんなビニールで作られたビンに入っていました。

というのか、ビンに入ってる、なんて
まだ上等のほうで、、。
結構たくさんの店では
洗面器のような容器になみなみと
入ってて、

Makkori2


お客さんが「マッコリハンジャン!」って
言ったら、パガジって、瓢箪を縦に切ったひしゃくで
その容器から掬って昔の給食の脱脂粉乳を入れていた容器
みたいなものに入れてくれていた、っていうようなものでした。

(マッコリの容器に蓋なんてなかったですからね、、。
正直衛生にも問題がありました。いや、衛生どころか
どぶろくですから、どこでどうやって造ったのか、
製造法という点でも、、ちょっとねぇ、、。)

そういうわけで、ちょうど俺が最初に韓国に行った
80年代はじめはまだソウルの屋台(ポジャンマチャ、
って言います。)マッコリ、結構大学生も飲んで
いたのですが、90年代に入って万事おしゃれに
なってきたり、かの国の暮らし向きもすこしずつ
上向きになってくるにつれ、マッコリの消費量が
急降下していった、と聞きました。
マッコリとかソジュ(焼酎)を飲んで議論奮発。
嗚呼東大門区回基洞の夜は更けて、、という
感じだったんですけどね。

ただ、ソジュ(焼酎)のほうが一歩先に日本では有名に
なりましたね。

数あるソジュの中でも「チンロ」(真露)は知ってる、
っていう人も多いんじゃないでしょうか。

(日本の大抵のお店ではジンロ、っていう発音で売っていますが
前々から言ってるように、韓国語の発音には
語頭に濁音のくる語はありません。
ですからジンロではなくて、正しくはチンロです。
たぶんチン、、と、言うと、すぐに過剰反応をして喜ぶ奴とか
女の人に無理やり、「ちん、、」と言えとか、そういうふうに
なる可能性があるので、そのための防護措置と
思われます。)

ソジュと後、日本酒もあります。
日本酒は「チョンジョン」と呼ばれていました。

(謙介ったらなんで酒飲まないのに知ってるかなぁ。笑)
これも植民地時代の名残でしょう。
チョンジョンを漢字で書くと「正宗」です。
ほら、日本酒の銘柄に何とか正宗という名の
お酒が結構ありますよね。だから、かの地の人は
日本のお酒は必ず「正宗」というものだと思ったみたいで
その名残があって日本酒のことを「チョンジョン」
と言っていました。
ちなみに韓国製のワインもあります。
まじゅあんわいん。(見つめあうわいん。もう名前の付け方からして
ラテンっぽいですよね。)


俺のいたころはほとんどの若い人は
ビールを飲んでいました。
ややアジョシ度(おっさん度合)が上がるとソジュで
ようやっとおじいさんが「マッコリ」だったような、、。


そりゃそうでしょう。マッコリってきれいじゃないし、、
おしゃれでもないし、、。
一時は韓国のお酒の全消費量の3パーセント台
まで落ちてしまっていた、と聞きました。

これは今のマッコリです。
Makkori


それが、やはり見直しがされたんでしょうね。
韓国のマッコリはちょっと昇進して今はペットボトル
というのかプラスチック容器になりましたが
日本のものなんて、きれいなガラスの瓶入りになっちゃって
おしゃれなことになりました。

しかも、きょうびのコマーシャル、
はにゃんでのにいちゃん」を使っていたりして、、
もう驚愕です。

(しかし、シロヨ(嫌い)にチョアヨ(好き)ですか。
謙介だったら、「嫌い。」って言われたら、
「ふふっ」と軽く笑って、聞こえるか聞こえないかの小声で
「パーボ」(ばーか)って言ってやるけど。(なんて言ったら
ぐんそくおっぱになんということをぉぉぉぉl!って、石が飛んできそう。)

でも相手は別としてゲームにはそれくらいの余裕が必要です。


ま、いずれにせよ「けつくらえ」とケンスケアジョシは
言いたいぞ。

俺みたいにかつてのマッコリを
知ってる日本人なんて少ない(笑)のをいいことに
口当たりのいいお酒、ということで今、日本で
消費量が伸びて、それを見た本国でも
マッコリ人気が息を吹き返してきたとか聞きました。

ただ、マッコリは、口当たりこそいいですが
下手に飲むと悪酔いしますからねぇ、、。
ほどほどにしたほうがいいと思います。

ソウルにいたとき屋台で議論奮発になって
一晩中語り明かして、ひどい二日酔いに
なってしまった人を何人も見てきましたから、、。
(頭痛いの、気分が悪いの、っていうのを
散々介抱してきましたし、、。)

と、お酒を飲まない人間が言っても
大して説得力もないんですけどねー。

でも、マッコリが日本でも知られるようになっただけでも
びっくりです。 普通の居酒屋で置かれる日が来るとは、、。


今日聴いた音楽

謙介、ノレバンに行った時に
必ず歌うのが 신승훈氏の”내 방식대로의 사랑”です。
直訳したら「僕の形式通りの愛」ということですが
「僕なりの愛し方」というほうがわかりやすいですね。

これも歌います。ぴ、の”あんにょん いらん まるで しん

この映像を見ると、謙介がいつも
日本人と韓国人では人種が違っていて
骨格が違うよ、韓国人は骨太で
日本人って、本当に華奢、って言っていることが
少しわかってもらえるかもしれません。
歌は失恋の歌なんですけど、、
曲はあっかるい曲です。

|

« 雨の月曜の夜は、、 | Main | もうちょっとで »

はんとうもんだい」カテゴリの記事

Comments

居酒屋に売ってる「にごり酒」って「どぶろく」だよねーって思ってたのですが、調べるとまったく別物だとか。
どぶろくは醪(もろみ)をまったく搾ったり濾したりしないそうです。にごり酒は醪の中の麹などをすり潰してから荒めに濾してあるんだとか。
非合法=どぶろくって考え方もあるみたいですね。
ビアガーデンは天気悪いと最悪ですから、居酒屋のほうがよかったんじゃないでしょうか。
幹事大変だと思いますが、頑張ってくださいね(*^-^)

Posted by: mishima | 11. 07. 07 at 오후 10:58

---mishimaさん
それが、さっき判明したのですが、飲み会の幹事、2日連続してだそうです。なんで2日続けて宴会の幹事せんといかんのやー、って言ったんですけど、、いろいろとしがらみもありまして、お引き受けすることにしました。まぁこれも経験かなぁ、と。韓国のお酒も後、「ドンドンチュ(どんどん酒)」というのもあります。飲んだことはないんですけどね。

Posted by: 謙介 | 11. 07. 07 at 오후 11:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/52119082

Listed below are links to weblogs that reference モルウン サイエ ワンジョニ (知らない間にすっかり、、、):

« 雨の月曜の夜は、、 | Main | もうちょっとで »