« 今回の台風 | Main | うどん »

11. 07. 19

粉もんの話

金曜にちょっと面倒な会議がありまして、
何とか無事に終了しました。
なんで面倒なのか、と言えば
そのメンバーの中にその日その時の気分で
モノを言う人間がいまして、、。
前はこういう理由で反対、と言っておきながら
今回は同じ理由で賛成とか普通に言う人間で、、。

周囲の人に聞くと
その人に普段は
誰もかまってくれないので
こういうところで自己主張しているんだろう、
ということのようです。

小学生みたいに幼稚な理屈をこねて
文句を言って来たりする
やれやれ、の人なんですが、
周囲の人も、あの人はああだから、
と言って相手にしない。

土曜に会議があったことを知ってる
別のセクションの人から
「会議どうだった? 」と話がありました。
大体の状況を説明したんですけどね。
やっぱりあの人はねぇ、、という話で。


みんな基本的にその人のことは相手にしたくなくて
スルーしようとするからその人は
余計に自己主張が激しくなる
激しい自己主張をするから余計に
うっとうしい、から相手にしない、という
スパイラルなんですけど、、。
まぁ本人もそれで何十年とやってきたから
今更変われ、たって無理でしょうし、、。
まぁ、しばらくやれやれ、と思いつつ
会議に行かないといけない日々が続きそうです。

とまれその人今回もあれこれ言いましたけれども
何とか終わりました。

土曜も仕事場で行事があって出勤。
いつもの仕事と違ってその日は3時間くらい
ずっと立ちっぱなしだったので、おぢさんはいたく疲れました。

お昼、仕事場の人間がお好み焼きの出前を
取るんだけど、、頼む? って聞いてきたので
お願い、と言いました。家の食卓で濃厚な
ソースのにおいがするのはかまわないのですが
やはり仕事場の自分の机の上でそのにおいがするのは
仕事の緊張感をそぐような気がして
あまりしたくなかったのですが、本当にその日は
疲れていて、よそにわざわざというのも面倒だったので
自席でいただくことにしました。


豚のモダン焼きです。
480円。

Okonomi


謙介の仕事場の辺はキャベツの産地です。
(あんまり有名じゃないけど。)なので
原材料が安く大量しかも簡単に入るということで
近所に何軒もお好み焼きの店が
あります。まとまった人数になると
出前もしてくれます。
しかもそんなに高くないですし、、。

都会でお好み焼きなんか注文したら
その値段でひっくり返ることがあります。
1枚が700円とか。いろいろと具材をプラスした結果
場合によったら1000円を越えることもあって、、。

どうしてたかがキャベツに小麦粉だか山芋だかと後ほんの
しるしのような肉とか入れただけで、
どうしてそんな値段になるのかって
思うっちゃうんですよ。
しかもお店によったら客が焼く場合だってあるでしょ。
ぼったくりやんけ、とか思いますです。

あ、そういえば
原材料の高騰とやらで、
7月1日から大手の製パンメーカーの
パンが値上げになった、と聞きました。
聞きました、というかなるほど掲示は
出ているんですが、、。

でね、小麦の価格が上がった、っていう理由として
挙げられる中で、いつもインチキ臭いなぁ、もしくは、
ウソつけ、って思う理由に、
新興国の需要が増えた、とか、人口増のために
需要が増えた、っていうのが
必ず理由として挙げられますよね。

あれ、本当にもっともらしい理由ですよね。

でもね、小麦でもとうもろこしでも石油でも時々
急にものすごく価格が下落するときが
あるじゃないですか。
それまでじわじわ上がっていつかすごい値段になって
いたのがまるでジェットコースターみたいに
一気に高かった時期の半値くらいまで
暴落するときがあります。

じゃあ、この一気の下落の理由はどう説明するんでしょう。
人口が増えた、っていうのであればですよ
ずーっと増えていくのが当然じゃないですか。

そんな一気のものすごい急減なんてありえないと思いません? 
ずっと右肩上がりでいかなければならないはずです。
なのに急減速して暴落する。

そんなもの誰かが、どこかで価格を勝手にコントロールして
投機の材料にしているからじゃないですか。
人口増とか言ってもっともらしい理由を言って、、。
本当にあの嘘っぽい理由づけには腹が立ちます。
そしてその嘘っぽいことをそのまま何の裏付け調査もせずに
報道しているマスコミだって、、いい加減の片棒担ぎです。

でね、小麦製品、値上げした、って言うんですけど、
でも謙介なんて、大抵委佐子の店に行って
見切り品のパン買うからあんまり、というのか
上がった、っていう実感があんまりないんですよ。

委佐子の店って、
売れ残りのパンを次の日になったら
ビニール袋に3つくらい詰めて200円くらいで売ってるんです。
だからいつもそれ買ってるし、、。
だから値上げっていうんですが
いまひとつピンと来ません。

人と話していると
うちはああいう大手のパン屋の
パンは買わない、っていう人もいます。
あんなの食べ物じゃなくて工業製品じゃないか、って
言ってる人もいます、、。まずいし、、。とか。

山○とか敷○とか神戸○とかタカ○ベーカリー
なんかの大手のメーカーのパンの袋の裏に
必ず何を使って作ったのか、って書いてありますね。
そんなかで『VC』ってあると思うんだけど、これは
ビタミンCですよね。

パンにビタミンCを添加したら、パンのふんわりふっくら感
が長持ちします。だもんで大抵の大きな製パンメーカー
のパンには食品添加物でVCっていう表示が
入っています。


大手の製パンが作ったパンは原材料表示をきっちりしています。
しかし近所のベーカリーなんかで作ったパンについては
何を使って作ったか、という表示しなくてもいい、ことに
なっています。作った当日に全部売ってしまうような
焼き立てパンの店のパンって
だからそういう原材料に関する表示は一切ありませんよね。

まぁ近所の顔の見える範囲で経営しているパン屋さんだから
まさか変なものは入れたりするようなこともない、だろう、
という性善説 に基づいた考えなのだろうと思いますが、
それとそんな表示を小さいパン屋でするのは
煩雑で面倒、っていうこともあるでしょうし、、。

でもね、意地悪い見方をしたら、「消費者の立場から言えば
同じように表示を出してくれ。」という人だっているかもしれないし、
もっと悪意に満ちた考えをしたら、「何を入れたって表示なしだから、
わかんないよね。」ということだってあるかもしれません。

それからこんな人間もいます。

うちのオフクロは、そういうふうに焼き立てパンを
それぞれトレーに並べて売っているパン屋では
いくらおいしいと評判だろうとパンは買いたくない、
と言うんです。

どうしてか、って言うと、
「あんな無防備においてあるパン、みんな
会話しながらパンを選ぶのよ、いろいろな人の唾が
ぺっぺぺっぺ飛んでるのよ。不衛生やないの。」

そういわれたら前にそういう場面に行き当たったことが
何度かあるんですよ。
幼稚園くらいの子どもを3人連れてきていたおかあさん。
子どもがパンを選ぶときに、パンの上でわぁわぁ言う言う。

まぁ確かにああいう状況もありだとしたら、気にするという人も
いるかなあ、、と思ったりしました。

うちの家が京都にいたころ買っていた昔からの古いパン屋さんは
パンは全部ガラス張りのショーケースの中に入っていて、その
ショーケースを見て、お客さんはアンパン2個と、クリームパンと、、
というふうに店員さんに言って取ってもらう方式でした。
これだとそういう心配はないわけです。
たぶんうちの家は長年このスタイルに慣れていた、ということも
あるかもしれません。

パンを買う、ひとつにしても
いろいろな考え方があるものだと思いました。


|

« 今回の台風 | Main | うどん »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

 そういえば,パンがトレーに載っかってて,それをトングで取っていく今風スタイル(笑)のお店が出てきた頃(昭和の時代ですねえ・・・),お母様と同じようにものすごく抵抗を感じていたのを思い出しました。
 埃もかぶるだろうし,もちろん傍で喋ったりする人の唾も飛んだりするだろうし・・・まあ,こういうことに神経質だった母の影響(小銭を触ったらすぐ手を洗いなさい,なんて言う人でしたから 苦笑)だったので,慣れてしまえば平気になっちゃいましたが。

 「不衛生」というよりは「浄不浄」「汚れ」の感覚に近いような気もしますね。

Posted by: Ikuno Hiroshi | 11. 07. 20 at 오전 12:07

---Ikuno Hiroshi さん
京都の志津○というパン屋さんは、そういえばトングとトレーを置いているところに殺菌灯をつけてはいます。トングは光線が当たるかもしれないのですが、トレーのほうは積み重なっているので一番上のものしか当たりません。 お客さんが少しずつ来てトレーに殺菌灯の光線が十分当たっては取り、当たっては取り、だったらいいのですが、いきなりお客さんがわーっと来たりしたら十分に当たらないまま次々に取っていって、、ということになってしまって、殺菌灯も気休めだよねー、って思っちゃいます。そうですね。汚れの感覚に近いのかもしれませんね。

Posted by: 謙介 | 11. 07. 20 at 오후 2:14

数年前に出来た100円均一のパン屋が流行ったおかげで、うちの地域のパン屋は100円均一か高級パンかに二極化してますね。
100円均一は、工場で生産した冷凍の生地を仕入れて、店ではオーブンで焼くとかマヨネーズを塗るとか簡単な加工のみだとか。なので、厨房も学生バイトで職人要らず。
実は、その冷凍生地を提供しているのが、山〇パンの子会社のヴィ〇・フ〇ンス。
本当の手作りパンを食べるには、自分で焼くしかなさそうです(;´Д`A ```

Posted by: mishima | 11. 07. 20 at 오후 3:21

---mishimaさん
ここで何度も言いましたように、有名なホテルでさえ(蹴上の某ホテルとか京都市役所東側のホテルとかJR京都駅のホテルとか)冷凍食品の調理品をシェフが作った、、とか思わせて出すご時世ですから、もう仕方がないかもしれないですね、、。世の中ますますこういう傾向になっていくんですかね。「本当の手作りパンを食べるには、自分で焼くしかなさそうです。」本当にそう思いますです。

Posted by: 謙介 | 11. 07. 20 at 오후 6:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/52100597

Listed below are links to weblogs that reference 粉もんの話:

« 今回の台風 | Main | うどん »