« 腕時計 | Main | 鋭意? 製作中(一応) »

11. 07. 12

うさぎをめぐる解釈の相違について

日曜日。うちの実家の近所のおばちゃんに
回覧板を持っていきました。

その時にそのおばちゃんが驚いて言うのは
「最近はうさぎカフェとか言うものがあるんやってね。」
「あります。あります。」
「あれって、うさぎの料理が出てくるんやろ? 」
「あ、違います、違います。うさぎカフェは、
うさぎは食べんのです。うさぎを抱っこして、
なでなでしてお茶を飲むとこみたいやそうですよ。」

「え? 抱っこ? なんでそんなことすんのよ。うさぎなんか
ニワトリとか豚と一緒で家畜やろに。謙介さん、あんた、
お金出してニワトリの頭撫でてお茶飲みたい? 」
「いや、ニワトリを見てお茶は、、。」
「豚やうさぎなんて家畜やろがな。」
「いや、最近は、愛玩用というのか、ペットで
ミニブタとかうさぎを飼う人も多いらしいですよ。 」
「え? うさぎなんて太らして食べるもんやんか。
私、昔よう、うさぎ食べたで。」


おばちゃんは、最後までうさぎを食べずにどうする、と
あれは食べるために飼うもんや。言っていました。

え? あんなかわいいうさちゃんなんか
食べられない、ですか?
でも実は、みなさんも結構うさぎさんのお肉、
食べちゃったりしてるんですよ♪


プレスハムってあるでしょ。
肉を燻製にして作った肉の形を残した
ハムじゃなくって、円筒形というのか、ちゃんと
成型されているハムですね。
あのハムって豚肉だけではあの値段で
できないので、うさぎさんの肉が
多量に混ざっているんです。
後、水とか。水あめとかまぜものたくさん。
だからハムって、計算が合わないことが平気で
起こります。1キロの肉から、1.5キロのハムが
できるとか、、。(笑) 算数でいえば変ですが
食品化学的にはあり、の話だそうで。

ええ。謙介、うさぎ肉がハムに入ってる、っていうのは
栄養士の友達から聞いて知っていました。
でもま、歳とっちゃうと、知っててもあ、別に、とか
思ってしまって、、。若いときは許せなかったことでも
今や、ハムサンドなんて普通に食べてますが。
昨日の昼だって食べたし。えっへん。
(威張ってどうする。)

ということでみなさん知らない間に
みなさん結構うさぎを食べていたんです。
だから、おばちゃんのうさぎは食べるために飼う。
あれは家畜。というご意見、至極妥当であるんですが、、、。

でも、片方で、あんなかわいいうさちゃんを
食べちゃうなんてできない、という意見もおあり
だと思うんですよ。

かわいいうさちゃんを、で思い出したのですが。
謙介の小さいとき、近くにかしわ屋さんがありました。
あ、かしわ、っていうのは関西では鶏肉のことです。
別に植物の葉っぱではありません。

そのかしわ屋さんに行って、ささみください、
っていうと、その店のおばちゃんが「新しいのあげるから。」
って、、。

裏で、なんだかコケーコココ、って言ってた
ニワトリさんのキュウ、、っていう声がして、、。
ええ。 15分ほどするとおばちゃんが持ってきてくれました。ささみ。
超新鮮です。 少しあたたかかったりします。だってさっきまで生き、、

友達のところでも、毎年クリスマスが来ると、
それまでお庭で走り回っていたコッコちゃんが
一羽忽然と消えて、オーブンからいい匂いをさせて出てくる、
という話を聞いたことがあります。

え? そんなの? ですか? でも魚だってそうでしょ?
さっきまでぴちぴち跳ねていた魚をお刺身にするじゃ
ないですか。お刺身は新鮮でおいしくて、
ニワトリは、ちょっと、、ですか? 

で、さらに ウサギを食べるなんてぇぇぇ、
ですか??
こっちはオッケーなんだけど
そっちはダメ、っていうその基準は一体
何なのでしょうね。

その判断基準というのか、自分の中にある
そういう考え方、辿っていったら
それぞれみんな思うところが違っていて、、。
それはそれで比較してみると興味深い結果に
なったりしますね。
まぁその辺が国としての文化になったら
捕鯨とか犬鍋になるのでしょう。

そんなことを思いながら、おばちゃんの家から
戻ってきたのでした。

|

« 腕時計 | Main | 鋭意? 製作中(一応) »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

プレスハム、豚肉100%とは思ってませんでしたが、ウサギも入ってる場合があるんですか。成分表示、じっくり見てみよう。
ところで疑問なんですが、今、日本でウサギを専門としている畜産農家ってあるんですかね?
やはり輸入品なのかなあ。

Posted by: mishima | 11. 07. 13 at 오전 11:58

---mishimaさん
厚生労働省のプレスハムの表示についての通達の中にこうあるんです。
 プレスハムとは、、
1 肉塊を塩漬したもの又はこれにつなぎを加えたもの(つなぎの占める割合
せきが20%を超えるものを除く。)に調味料及び香辛料で調味し、結着補強剤、酸化防止剤、保存料等を加え、又は加えないで混合し、ケーシングに充てんした後、くん煙し、及び湯煮し、若しくは蒸煮したもの又はくん煙しないで、湯煮し、若しくは蒸煮したもの

とあります。これがプレスハム。
で、その中に入れる「つなぎ」として以下のようにあるわけです。
 
 つなぎ畜肉、家兎肉若しくは家きん肉をひき肉したもの又はこれらにでん粉、小麦粉と、コーンミール、植物性たん白、卵たん白、乳たん白、血液たん白等を加えた
ものを練り合わせたものをいう。

と、いうことで、うさぎの肉はつなぎで使われているので、たぶんはっきりとうさぎ、とは出てきません。つなぎ、とか結着補強剤 という言い方です。表面上は書いてありませんもん。でも、役所の通達にははっきりとあります。だからみんなまさかうさぎが使われているなんて知らなかったんですよ。

Posted by: 謙介 | 11. 07. 13 at 오후 1:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/52135072

Listed below are links to weblogs that reference うさぎをめぐる解釈の相違について:

« 腕時計 | Main | 鋭意? 製作中(一応) »