« 本が届いた | Main | 本当か、なぁ? »

11. 06. 29

田舎ならでは

このところ毎日暑いですね。
大体において謙介、あんまりやる気のない人間
なのですが、このところ、普段よりさらに当社比
50パーセントくらいさらにしんどくなったので
どうしたんだろう? と思ったら、気温と湿度がべらぼうに
あがっていた、ということだったのでつね。

このところ
都会ではサマータイムを導入して
9時の始業時間を8時にした会社が結構
出てきている、というニュースをちょっと前に
見ました。

謙介なんて、サマータイムだろうとなかろうと
7時15分には出勤して7時20分には
仕事開始してるんですけど、、。(笑)
でもまぁ都会は通勤時間が
2時間くらいかかる人もいるから
いくらでも始業時間を早く、っていうことも
できないのでしょう。

大学のときに毎日奈良のそれも大宇陀から3時間かけて
京都の大学まで通っていた人がいました。
往復の交通機関乗車時間は6時間だそうで、、。
聞いてひっくりかえりそうになりました。

大宇陀って、柿本人麻呂が
「東  野炎 立所見而  反見為者  月西渡」
ってうたった場所ですからね。
そら遠いわ。 

都会だとそういう遠距離通勤の人も
大勢いるでしょうからね。
だから8時の開始だと6時に家を出ないと、っていう人も
いるでしょうし、、。8時始業が限界でしょうね。

さて、節電です。
この時期、仕事場のほうのアパートに帰ると、
部屋の窓という窓、戸という戸は全部開けて
います。(網戸ですけど)
玄関の戸だって、開けっ放しです。
うちのアパートは南北に風が通るようになっています。
北に玄関があって南がベランダという構造です。
周囲は住宅がちらほら。田んぼもあります。

家にいるときはほぼこの状態のままです。
え?
玄関の戸を開けっ放しで無用心ではないのか?


それがですね。
うちのアパートに入ってくるには道路が
1本しかありません。
しかもその道路沿いに実は関所が1つあります。
二匹のシェパードを飼っている家があるのです。
この犬、近所の人か、そうでないかを判断して
知らない人が通ったらもうそれは吠える吠える。
謙介がゴミだしにその家の前を通ったら
尻尾を振ってくれますが、宅配のおにいさんが来ただけで、
吠えまくりです。 シェパードが二匹。すごい迫力です。
これが関門その1。

さらにはうちのアパートの一階、
二階へあがる階段の入り口の
おうちも柴犬を飼っています。
しかし、この柴犬、名前がえらくハイカラで、
マリーちゃん、といいます。 
柴犬のマリーちゃん。

この犬も謙介をはじめ近所の人には吠えませんが
滅多に来ない人には警戒して吠えます。
(実はさっきも新しい電話帳を持ってきた人に吠えていた。)
これが関門その2

ということで、一応うちに来るまでには
2つの関門がありまして、
近所の人以外の人が誰か来たら、
即座に分かるという仕組みになっています。


それにそもそもがですよ。
マンションの入り口が大理石張りで、
しかもピカピカの玄関ホールでも
あって、暗証番号を打ち込まないと開かないとか、
インターホンを行く部屋の番号の人にかけて内側から
ロックをはずしてもらう、というふうなお金持ちそうな
おうちだったら泥棒だって入るかもしれませんが。
(え、そこまでセキュリティが厳しかったら無理? )

前にニューヨークに行ったときに、トランプタワーと
いう超豪華な建物に行きました。
スピルバーグ監督のニューヨークの家もあるという
建物です。
あそこなら盗みに入っても盗み甲斐のありそうな
「おおきんもち」がいっぱいいると思われますが、ですよ、
築30年は経過しているような古びた
集合住宅に盗みに入ろうか、というような窃盗団も
ちょっといないのではないか、と思われます。

それに実際のところ、うちの家に泥棒が入ったとして何を盗む
っていうんでしょう? 自慢じゃありませんが
資産価値のあるものなんて一個もありゃしない。
(一個もないって威張ってどうする。笑)
古事記総索引とか万葉集総索引、とか国歌大観なんて
あんな重い本、盗んで帰るとも
思えません。

あんさん、そんなもん、重たいだけでっせ。(爆)

それに俺の住んでいる2階は俺の隣の部屋は空き部屋で
その向こうにおじいさんが住んでいるだけなので
必然的に俺の部屋の前を通るのは、通常
そのおじいさんだけです。

なので、家にいるときは入り口のドア、
ベランダの戸、すべて開放しています。

なので、風がびゅーん、と通ってくれます。
いや、本当に風がものすごく通るんです。
下手をすると机の上に置いたメモどころか
チラシとかパンフレットまで文鎮で押さえておかないと
吹き飛ばされてしまいます。

日中は家の窓や戸を閉め切っていますが
こうやって開け放すと籠もった空気も一掃されて
部屋も涼しくなります。
(寝る時はさすがにちゃんとドアは施錠して寝ます。)

都会だとやっぱりセキュリティのこともありますから
むやみやたらにドア全開にしまくって、、
っていうのは、、できませんよね。

田舎ならでは(爆)のドア全開の話でした。


         ×       ×

先日、家賃を持っていった時に意外な事実が
判明!
なんとうちの大家さん、ドラマ、イ・サンの大ファンであった
ということが分かりました。
もうイ・サンを見ていなければ夜も日もあけない、
というほどだそうで。
なんだったら、大家さん、イ・ソジンに「ペンレトゥ」書くんやったら
(日本語で言うファンレター)代筆しますよ、といいました。
しかし、大家さんの口から韓国の話が出るとは、、。
ちょっと驚いたのでした。


|

« 本が届いた | Main | 本当か、なぁ? »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

>謙介さん
 三重も猛暑が続いております。
我が家も開けっ放しです。うちも
柴犬の「大和」がいてくれるのと
田舎なんで、知らない人が通ると
みなさん声をかけてくれます^^;
そして、田舎は引き戸なんで
本当に泥棒さんにはお仕事しやすい
でしょうが、持っていくものも
ございません。。
 私もイソジンさん大好きです。
どっかの財閥の御曹司なんですよね?
高校大学とNYで過ごしたせいか、流暢
な英語を話しているのを見たことあり
ます。控え目なところも好感もてます。
イサンもよかったけど、私は恋人の
カンペな役がよかったです。。

Posted by: yoko | 11. 07. 03 at 오후 4:56

---yokoさん
三重も暑そうですね。先日その日の最高気温が高かったベストスリーに津が入っていたのを見ました。そうそう三重と言えば、高校生レストラン、楽しみに見ています。 謙介の場合、話の筋、というより、方言を聞いて、南勢の言葉だなぁ、と思って見ている、という側面のほうが大きいかもしれません。 で、いつもあけっぴろげの田舎の話です。 やっぱりyokoさんのところもそうですか。都会だと考えられにくい話ですが、田舎は、そういうところ多かったりしますね。

Posted by: 謙介 | 11. 07. 03 at 오후 11:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/52031178

Listed below are links to weblogs that reference 田舎ならでは:

« 本が届いた | Main | 本当か、なぁ? »