« 膾(フェ)は怖いです。 | Main | 野越え山越え(5) »

11. 05. 03

野越え山越え(4)

会議は5時過ぎに1日目が終わりました。
その後、情報交換の懇親会があるのですが
それまでに一度ホテルに行ってチェックインを
済ませておくことにしました。
ホテルは鳥取駅前のホテルをとりました。
5時半から懇親会なので、ホントにチェックインして
部屋に荷物を置いたら、また会場に戻らないと
いけません。忙しいことでした。

懇親会では、2時間ほどの会の中で本当にいろいろな方と
お話をすることができて
「情報交換会」という目的も一応達成できたのでは
ないか、と思いました。 会は8時過ぎに終わりました。

その後、ホテルに戻って
お風呂に入ってゆっくりとしようとしてバスルームを
見たら、、バスルーム、なんだかとっても狭いんです。
足を伸ばす、なんて出来そうにないんです。
精々立ったままシャワーを浴びるくらい。

そうだ。と思ったのです。
実は鳥取の駅前って、温泉街でもありました。
明日、帰る間際に時間があったら行こうと
思ってた温泉、今から行ったらいいや、
と思って、タオルとかみそりと小銭を持って
出かけました。(ごめんなさい温泉に行く時
カメラは持っていかなかったのです。)

JRの鳥取駅から東に10分
ほど行ったらいくつかの温泉があります。
情緒のある温泉、というのではなくて
地元の人の行く、銭湯、っていう感じ
だったのですが、入ってきました。
温泉の建物は最近改築したみたいで
新しかったです。
入ると中に昔ながらの番台があって
そこにおばちゃんが座っていたので
350円払います。
ここの温泉は駐車場もちゃんとありました。
ボディソープとシャンプーは中に備え付け
があります。なので、タオルと
かみそりだけ持っていけば、オッケー
だったわけです。
朝の6時から晩の11時までという営業時間の
ようでした。謙介の行った時間帯も
10人くらいの人が入ってました。
浴槽のお湯が温泉なので、よその銭湯のように
薬湯はありませんでした。お湯はちょっと熱めです。
お湯が出ているところで、ちょっと手をあてて
なめてみたら、ちょっとしょっぱかったです。
お湯はぬめりがありました。ただ別府温泉みたいに
硫黄の匂いがする、というようなことは
ありませんでした。
ゆっくり入って、すっかりいい気持ちになって
出ました。
ホテルに戻って
本を読みつつ10時過ぎには
寝てしまいました。
翌日は6時に起きて、シャワーを浴びて
6時半からホテルのカフェが開いている、ということだったので
早めに朝食を取って、8時にホテルを出ました。

会議は9時からだったのですが、郵便局に
行きたかったのと、この日午後から雨、という
予報だったので、その前に街の中を見て
おきたかったの、です。


街中をうろうろしていると
公園というのか緑地帯のような場所があって、
その目立つ角のところにひときわ目立つ銅像が
ありました。「あやしがりてよりてみるに」
石破二朗知事の像とあります。

Ishiba1

読んでみると、

あの某党のせーちょーかいちょーのお父さんという
ことでした。

それがちょっと不思議だったのは銅像の顔です。
普通、銅像の顔って、結構はっきりと作りません?
それが、なんだか曖昧模糊とした
よくわかんない顔だったんです、、。
でもさすが親子です。顔が何となく似ている、
という印象はありました。
さて、そろそろ会議の時間も迫ったので
会場に行きます。
会議は午前中かかって12の案件を審議して
終わりました。

今まで多分これをお読みのみなさんは
タイトルのような話ではないではないか、と
ご不審に思われているかもしれません。
実は今からその野越え山越えが
始まるのでした。
と、言って、期待を持たせておいて(笑)
今日はこれにて終わるのであった。

|

« 膾(フェ)は怖いです。 | Main | 野越え山越え(5) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

タオルとカミソリだけで温泉に行けちゃうっていいなぁって羨ましくなりました。温泉に家族で行っても、私は娘たちと一緒に楽しくお風呂に行きますが、夫はひとりで寂しいかなと思います。ゲイカップルって一緒に入れていいかもしれません。おかしなところにコメントしてごめんなさい、楽しい連休をお過ごしくださいね!

Posted by: アリクイ | 11. 05. 03 at 오후 10:27

---アリクイさん
 連休、「近場でそれなりに楽しもう」という気持ちがすこし戻ってきたのでしょうか。うどん屋はすんごい人出で、いつもより長い行列ができているようです。 鳥取の温泉、別府のように湯煙が立ち上っている、という感じではないんですが、それでも地元の人で賑っていましたし、温泉のお湯もほんのり含有物の匂いもしましたし、お湯がぬるぬるとしていて、効き目がありそうだ、と、思いました。本当にいいお湯でした。俺の場合は誰もいないので、ひとりではいります。(笑)

Posted by: 謙介 | 11. 05. 04 at 오전 10:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/51509830

Listed below are links to weblogs that reference 野越え山越え(4):

« 膾(フェ)は怖いです。 | Main | 野越え山越え(5) »