« 関係性の変化について | Main | データ »

11. 05. 23

以前島にいたときに、知り合いになった漁師さんが
春になったらいつも鰆をくれました。

あの頃は、それまで結構豊漁だった鰆が急に
獲れなくなって、漁の制限をはじめたころで、
漁協が鰆を獲る船に鑑札を渡して
指定された漁船以外の漁を禁じはじめた頃でした。

最近までずーっと漁獲高は減少の一途で
これはもう瀬戸内の鰆は絶滅か、と心配していたのですが、
最近になって卵を人工授精させて
幼魚まで育てて放流する、という方法を
とるようになって
少しずつ魚の量も増えてきているようです。


何せ、鰆は魚偏に春、というくらいで
瀬戸内では春には鰆というのが
なくてはならない習慣みたいになっています。

食べ方としては
押し寿司にするか、
味噌漬けにして食べるのが
ポピュラーです。

なので味噌漬けにしてみました。
この辺では鰆の味噌漬けはどの家でも
よく作る料理です。

それが証拠に、どこのスーパーに行っても
魚の味噌漬け専用の味噌
普通に売っています。
それを買ってきて、味噌漬けを作るだけです。
かんたんかんたん。

Sawara


鰆はおいしい魚ですが
何せ身がすんごくやわらかい魚で
切る前に包丁を研いで、切れ味を
よくしておかないといけません。
切れない包丁なんか使うと
身がぐちゃぐちゃになって
見ただけでちょっとこれは、、、
というようなものになります。

なんで焼いて出来上がった写真が
ないのか、と言えば、焼きあがったらおいしそうで
冷めたらいかん、と思って、皿にもりつけて
さっさと食べちゃったからです。(笑)


日曜の夕方に笑点を見ていて、、。
座布団運びのヤマダタカオを見てて
思い出したのですが。

謙介が小学生だったときに道徳の授業で
週に一回NHKの教育テレビの道徳の番組を
見て、意見を述べ合う、という授業がありました。
その番組、「明るいなかま」っていう番組だったんですけど
その番組の中にすでにヤマダくんが出ていました。


で、道徳とともに、交通安全だかの番組
っていうのもあってさ。そのときに
ラビットさん、っていって
関根○が出ていました。
そのときはラビットさん、って小学生だった謙介は
何の抵抗もなく受け入れたのだけど、、。
よく考えたら「ラビットさん」っていう日本人がいきなり出てくるのも、
結構変だなぁ、って思ったりしました。。

しかしなんだかんだと言って入れ替わりの激しい
あの世界でずーっとテレビに出てる、っていうのも
すごいですよね。

Karasu


写真は謙介の仕事場に「ハロウ」って
やってきたカラスです。

この時期、たまに怖いもの知らずのカラスが
時々部屋の中にふらっと入ってくるので、むぎゅ、とつかんで
窓の外に出します。


出そうとすると「くそくらえ! 」という感じで
ふん攻撃してきます。
ええいやかましい、カラスのふんになんか
負けていられるか、という感じで
カラスをむんずとつかんで外に出します。
結構カラスって体温が高いんですよ。
文学部出の軟弱者ではあるけれど、
田舎のおっさんをなめるなよ。


カラス、ってちゃんと人の顔を認識している
という話ですが、いったい謙介は彼らに
どのように認識されているのか。
きっと危険人物だと思われているに
違いありません。


すみません。
最後に近所のお寺の庭の
「お口直しの写真」で終わりたいと思います。

1105

|

« 関係性の変化について | Main | データ »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

鰆、美味しいですよね。
学生時代の一人暮らしの時、近くの弁当屋に「サワラ照り焼き丼」があったのを思い出しました。
美味しかったなぁ~(笑)。

僕はヒヨコ以外の鳥は触れません。
恐いし、気持ち悪いし。
突かれたら痛そうだし。
カラスなんて絶対無理です(苦笑)。
謙介さん、すごいですね!
爬虫類も苦手です。両生類も。
カエルは特にダメですが、ウシガエルだけは大丈夫です。

写真の花、カキツバタですね。
今知りました(調べたのです)。
花菖蒲、アヤメ、カキツバタの区別がつかなかったので。
意外に簡単に区別できるようです。
http://www.kamoltd.co.jp/kakegawa/miwake.htm
すごく綺麗に撮れていてステキです(^^)/

Posted by: タウリ | 11. 05. 24 at 오전 11:36

---タウリさん
最初の勤務先が離島だったので、もうそこでずいぶん鍛えられました。都会の人は動物がきたら、人間は見守りましょう、なんていいますが、島なんかでそんな虫とかを黙って見守っていたら、刺されるとか、変な病原菌をうつされる、とかいう困った被害が生じるので、15センチくらいのムカデなんてよく出てきたんですが、トイレの金ハサミの先で3つくらいに切ったりしました。(それでも、それぞれのパーツで生きてる)ヒキガエルなんて、臭いし、あのカエル、って普通のカエルみたいに飛ばないんです。押してもにょろにょろとちょっと動くだけ。ヘビだってしょっちゅう出るし、、。最初はひえええ、とかぎゃああとか言っていたんですが、今や大抵のものはへっちゃらになりました。環境が変えた、ということですね。
 鰆、おいしいですよね。最近はいろんな海域からとってくるので、スーパーに行けば1年中あるのですが、瀬戸内はやはり今頃、食べるのがちゃんとした季節のもの、という感じです。 もうカラスをつかむだの、という話だったので、最後はちょっときれいに、、してみました。近所のお寺に咲いておりますです。

Posted by: 謙介 | 11. 05. 24 at 오후 8:39

 ああ,鰆。
 両親健在で広島に住んでいた頃には,よく食べてました。西京焼,ですね(微笑)

 カラス大好き人間としては,ぜひ一度でいいからこの手に抱いてみたいものです(・・・そして盛大に突っつかれる 笑)
 うちの職場なんて,おバカなハト夫婦くらいしか来てくれません(苦笑)
 時々,洗車機のところに溜ったワックスとか洗剤の混じった水を飲んでるんですが,大丈夫か?と心配になります。

Posted by: Ikuno Hiroshi | 11. 05. 24 at 오후 8:50

---Ikuno Hiroshiさん
実家からそう遠くないうどん屋にカラスがいます。巣から落ちた雛をそのまま育ててペットになってしまったそうで。お客の出すうどんやら天ぷらの端っこを上手に食べます。でもペットにしちゃっていいのですかね。なんかカラスって、油脂関係が好きみたいですね。外に置いてあった石鹸とか咥えていってしまうようですし、、。世間では雀が減ったのカラスが増えたの、と言っていますが、田舎は、あんまり変化はないように思います。雀だって結構いますけどね、、。

Posted by: 謙介 | 11. 05. 24 at 오후 11:11

我が家には娘が飼っている小鳥とトカゲがおります。鳥は思っているよりはるかに頭の良い生き物で、嫌なことはきっちり憶えていますから、謙介さんカラスに復讐されないよう気をつけて下さいね。鳥は空を飛ぶためにできる限りの軽量化を図り、表情筋がないそうで、慣れないと感情が解りにくいのですが、可愛いですよ。家の鳥(♂)は夫を一番愛しておりまして、まとわりついています。おかげで私は彼に恋敵認定されているらしく、理不尽に嫌われています。トカゲは40センチほどの大きさで、凶暴そうな見た目に反してそれはおとなしい良い子です。
娘はコンゴウインコを飼うのが夢らしいのですが、ああいう大型の鳥は犬より賢いらしいので、カラスの知能も馬鹿に出来ないだろうと…。
道徳の授業でテレビ見ました!懐かしいなぁ。

Posted by: アリクイ | 11. 05. 26 at 오후 12:20

---アリクイさん
ずいぶん前のことですが、院生だった時に歌舞伎を習っていた指導教官が大学の正門の木陰で別の先生と話をしていたら、襲撃された、と話してくださったことがあります。そうなんですよね。カラスって、誰かちゃんと判別もできているのでひょっとしたらその先生が、以前にカラスに石を投げたとか、そういう何かしたのかもしれないですね。(それは聞かなかったのですが。)前にカラスは人間の目が怖い、というのを本で読んだので、仕事場の外に出てカラスがいたら、絶えずカラスを見ているようにしています。
道徳の番組、いまだにオープニングの曲を覚えています。2種類あったように思います。なかまなかまなーかーまーっていうのともうひとつ、こっちは歌詞がうろ覚えです。でも、ヤマダさん、そう考えたら本当に芸歴長いですよね。

Posted by: 謙介 | 11. 05. 26 at 오후 7:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/51729935

Listed below are links to weblogs that reference :

« 関係性の変化について | Main | データ »