« 野越え山越え(2) | Main | 膾(フェ)は怖いです。 »

11. 04. 28

野越え山越え(3)

昨日はこの辺の気温、どうしたの?っていうくらい
暑くて。 最高気温が29.7度だって。
こういうの、死んだうちのばあちゃんは
頭に虫が湧くような気候、っていってたんだけど、、。
気温がむちゃくちゃ上がったと思ったら
一天にわかに掻き曇って、
雷が鳴ってどしゃ降りになって
みるみるうちに気温が下がって、はい。
いつもの気温になりました、とさ。
一体どうなっているんだろ、というような
天気でした。
たぶんフェーン現象だったんだと思うけど、、。


今日の新聞に愛媛大○の医学部の先生の
体脂肪を減らしずぎからくる認知症との関連という
記事が出ていました。
前々からうちのブログではもう何度も言ってるんだけど、
体脂肪減らして1ケタなんかにするの、って、
身体の抵抗力は奪われるし、
今度は認知症との関連が出てきたし、、。
必死で体脂肪1桁になんかしないで、別に普通で
いいじゃないか、って思うんですけどねぇ。
身体動かしてシェイプアップした結果認知症ってさぁ、、
俺はちょっと勘弁し欲しい、って思います。

            ×          ×


さて、話を鳥取のことに戻します。
バスの時間を見たら、行ったばかりだったのと、
街を知りたい、と思ったので今度は歩いて
駅の方向に行くことにしました。
鳥取県の人口は今、58万人です。
多いときで61万くらいだったのが、
やはりここ数年でどんどん減ってきています。

前に西の溝口町のほうへ行ったときは
本当に若い人が少なかったです。
まぁ民話の調査でお年寄りの家をまわったから
それはそれでよかったのですが。
鳥取市も少ないかなぁ、と思っていたら
結構街中で若い人(10代から20代)を見たので
安心しました。まぁ大学も二つあるし
(鳥大と環境大)それなりに若い人の人口も
あるのだろう、と思いました。
でもまぁ、平日の昼間なんて人がほとんど
歩いていません。

これは鳥取だけでないですね。
ホント、田舎の地方都市に行って
30代、40代の男の人が平日昼間に歩くと
とてつもなく浮いた感じになるのです。
都会だと全然そんなことはないと思います。
梅田でも渋谷でも30代40代のカジュアルな
格好をした男の人が歩いていますが、
同じことを田舎の平日昼間でやると
なんだか歩いていて行き場のないような
寂寥感というのか居たたまれなさを感じて
しまうのです。


途中の橋です。
どうしたことかとても「お芸術」していました。

Ogeijyutu


真ん中をバスや車の走る道路があって
その両脇をひさしの延長のようなアーケードが
続いていました。

Machinami

これは次の日の朝撮った写真なので、空が曇っています。
鳥取も雪が多いところなので冬はこうした
アーケードが必要なのですよね。


もうちょっと、で駅に、というところに山陰合同銀○の
鳥取営業部があって、その角を右折します。
ちょっと歩くと、ふれあい横丁というところがあって
ここにカフェ・ニーがあります。

Ni3
え、どこにカフェがあるのさ、という感じですが
地味に看板が出ていた(笑)のでわかりました。

実はちょっと前に『旅』という雑誌が鳥取の特集を
していて、そこでいろいろと見てたら、このお店が
載っていたのでした。

Ni4
入ると食事をいただくコーナーは2階なので
急な階段を上がっていきます。

Ni5
こういうところ、必ずキャプションか紹介文で
「懐かしい昭和の雰囲気」とかなんとか書いてある
文章があるのですが、謙介なんか懐かしくもなんとも
ないです。だってうちのアパートこれに近い内部ですから。
懐かしい、んじゃなくて、日常そのものです。
(って、ここできっぱり言ってどうするよ、っていうのが
ありますが。笑)

窓際の席からの眺めはこんな感じです。
ちょうどお隣が公園だったのですが
おじいさんがのんびりとひなたぼっこしていたのが
おだやかな感じでとてもよかったです。

Ni1


ここでお昼ご飯をいただきました。
上の本のようなのがメニューです。
布張りで表に字が刺繍してあります。
ホームメード、って言う感じですかね。

Ni2
チキンカツ、シメジとナスのソテー 豆のサラダ、レタスサラダ
と野菜たっぷりの副菜でとてもよかったです。
外食すると野菜が少ない、ということをいつも思うのですが
ここはチキンカツ以外は全部野菜で、しっかり野菜を摂ることができました。
あと、タマネギとミンチ肉の入ったカレースープとご飯で
650円でした。

Ni3_2


ご飯を食べ終えると1時前でした。
会議の会場までは、ここから歩いて5分ほどでした。
会議は1時半開始だったので、とりあえず受付を
済ませた後、他に参加している人とあいさつをしたり
近況報告をしあったりしても十分
余裕のよっちゃんで間に合ったのでした。

今日はここまでとします。


|

« 野越え山越え(2) | Main | 膾(フェ)は怖いです。 »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/51505917

Listed below are links to weblogs that reference 野越え山越え(3):

« 野越え山越え(2) | Main | 膾(フェ)は怖いです。 »