« 被災お見舞い申し上げます。 | Main | 思い »

11. 03. 14

少しでも

首都圏の電気が足りない、というニュースを聞いた。
うちの実家の近所には○国電力勤務の方がお住まい。
こちらからはどうするんですか? と聞くと
「やはり融通します。」とのこと。
日本の東西では周波数が違うのだけど
それでもその変圧器ぎりぎりの電気を西の電力各社
も融通しあって送っている、とのこと。

○国電力からも、リレー式にそれぞれの電力会社を通じて
首都圏に回すのだそうな。
西日本の人は周波数が違うのに、節電しても無駄、
と言ってる人がいたけれども、
電力会社のおっちゃんはちゃんと融通している、
やはりこちらからの電気は送られている、という。

ただ、○国電力も、この先の需要と供給の関係を見たら
決して余裕がある状態でではない、とのこと。
仕事場の照明も今日から3分の2を切ることにした。
できることは大したことではないかもしれないけれども、
何でもしたい、と思う。

|

« 被災お見舞い申し上げます。 | Main | 思い »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

謙介さんこんばんは。
メディアでご存知の通り東北の被害は甚大です。
首都圏のスーパーからパンもお米も乾電池も消えました。
ラジオガールの町には動く原子炉が2つあります。
地震の被害の報道もですが本当に心配な福島の原発。
原子力資料情報室と原子力のモニタリングポストの数値を何度も確認しています。
誰の街にもおこりうる事故や天災。
ラジオガールは金曜日に着のみ着のままで寒空に放り出され、夜の8時まで余震でバスが飛んできそうな中外で待たされ、今日は安全確認が出来ないと言われて荷物もコートもなく家の入れず義理の姉の家でピンクのショーツを出してもらいました(ピンクなんて何年ぶりかしら?)
こんな時に押し掛けても温かいご飯を食べさせてくれて湯タンポをお布団に入れてくれた義理の姉に感謝です。
今回の教訓、常に鍵と携帯とお金は身につけよう。です。

Posted by: ラジオガール | 11. 03. 14 at 오후 9:20

---ラジオガールさん

大変な目に遭われたのですね。文章を拝見して、びっくりしております。本当に心細い時間を過ごされたのですね。何とか義理のお姉さまのところで一息つけたとのことご無事でなりよりでした。こうした天災はこの国にいる以上、いつどこで遭遇するのかわかりません。四国も東南海地震の想定区域になっています。地震予知なんていうのではなくて、必ず地震は起こりうる、その時、自分はどうすればいいのか、ということをまず考えておかねばならない、と今、真剣に思っているところです。

Posted by: 謙介 | 11. 03. 14 at 오후 11:00

今朝から関東の取引先にあれこれ確認していますが、計画停電で大混乱のようです。ホント、お気の毒さまですとしか言いようがありません。
東日本が大変な時ですから、ここは西日本が頑張るしかないでしょ。節電・募金・献血と、できることを一つずつやっていきたいと思います。
関西広域連合の会議で支援先の分担を決めたそうで、滋賀と京都で福島県を支援します。滋賀県民としては、「今日から福島県はわが仲間」の心意気で復興の日までともに歩んでいきたいと思ってます。

Posted by: mishima | 11. 03. 14 at 오후 11:13

---mishimaさん
こういうときこそ「相身互い」という言葉でやっていかないといけないですね。西日本にいて、謙介なんてましてや非力な人間で、できることは限れられてはいるかもしれません。それでもできるだけのことは何かしたい、と思っています。俺もひとり福島県に大学のときの友達がいるのですが、まだ連絡がつきません。無事でいてくれるのを祈るばかりです。

Posted by: 謙介 | 11. 03. 14 at 오후 11:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/51115571

Listed below are links to weblogs that reference 少しでも:

« 被災お見舞い申し上げます。 | Main | 思い »