« ミンバンウェイ | Main | 愚痴聞き屋 »

10. 12. 16

いちまんにせんまい

先日こちらの地元で、
おまわりさんがよその家に忍び込んで
そのよその家に住んでいるおねいさんの
下着を盗もうとして捕まった、という事件が
ありました。 

それで調べたら、余罪が出てくる出てくる。
結果、なーんと 1万2000枚の女の人の
パン、、を盗んでいたのだそうです。
12000枚、という数に思わず驚愕して
しまいました。
それをどこにしまってあったかと言うと
自分の家の天井裏だそうで。
だけど、その話を友達にしたら、その友達も
指摘していたのだけど、1枚50グラムとしても
ですよ。12000枚ということは60キロに
なるわけです。
ちなみに謙介の今の体形が177センチ62キロです。
60きろということわ、ですよ
ご進物用の大きなみかん箱(15キロ入り)
なら4箱分です。
だけど、天井の板なんて大抵どこの家でもぺらぺらの
うすーいものです。

ほら、テレビ番組の大改造ビフォ○アフターの番組でさ、
古い家を壊すシーンがあるじゃないですか。
あれ見てたら、天井板なんて、工具で引っぱったら、
たいていは簡単にベリベリと壊されていってますよね。
天井なんてその程度の強度のものだと思うけど、、。
そこに60キロのパン、、隠すって、、。
もうなんとも言えませんわ。

でも、ああいうふうに下着を集める、っていうのは
やっぱり男のすることなんでしょうね。
女の人があんまり自分の好みの男のパンツを
収集する、って聞かないもん。(でもまぁ
世間は広いから、どこかにお男子の下着の
コレクションをしている、という女子がいるかも
しれない、、けど、、。)
でもやっぱり女の人が男の下着の収集してる
っていうのは聞かない。

前に独身のおねいさんが、
家の安全用に、って、わざとに男のパンツ買って
洗濯で干しておくの、っていうのは聞いたことあるけど。
そうじゃなくてコレクションとして集める、っていうのは、
謙介、仄聞したことはありませぬ。

でも、それにしても取り調べた別の警察の人も、
出てきたその1万2000枚を
ひとつずつ並べてカウントしていったんでしょうね。
やれやれ。

最後に、もっとびっくりしたことは
うちの職場のパートのおばちゃんも
そのおまわりさんに下着を盗られていた、
ということでした。 

しばらくして警察から、「あなたの下着を
引き取りにきてください。」という電話が
あったらしい。
でも、というのかさすがのおばちゃんも
「それ、もう持って帰りたくないから、そちらで
ゴミとして出してもらえませんか? 」
といったのだそうな。


まぁ、そりゃそうでしょう。
だってさ、警察って、取りに行ったとしたら、
資料としてビニールの袋になんか
入った奴を、これがそうかどうか確認をしてください、
って、衆人環視の前で、パン、、持ってきて
広げて確認させるでしょうし。
「あなたのものでまちがいありませんか? 」
とか聞かれて、さらに受領証書
「一、下着 ○着、確かに受け取りました。」
とか書かされて、署名捺印っていうふうになる、、
んでしょ。
そりゃ、時計とか携帯電話だったらいいけどさー。
人前で自分の下着の確認させられてですよ
そんな書類書いたりするのって
誰だって嫌だ。

しかしその1万2000枚。
どうする気で盗んだのかしらん。
コレクション?
頭からかぶる?

うーん。
さて、皆さんだったらどう推理しますですか?
というふうなご質問を投げかけておいて
本日はこれにて散会といたします。
次は、、、もうこのテーマでの追及は
ありません。

 

|

« ミンバンウェイ | Main | 愚痴聞き屋 »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。

12000もの「それら」は重さもさることながら、収集にかけた月日も気になってしまいました。
だって12000ですよ?1日3枚集めるとしても、4000日。11年弱必要なわけです。実際にどれほどの年月をかけて収集したのかはわかりませんが、ライフワークのようなものになっていたのかな、なんて考えてしまいます。

そう考えるとですね、きっと、そのおまわりさんにとって12000の「それら」は勲章とか、証のようなものだったのではないかと思うのです。何年も前に集め、天井裏というほこりっぽいところにしまった「それら」なんて本当にただのゴミのはずです。でも実際に使わなくとも、何かもったいなくて捨てられない。私にはなんとなくわかるのです(もちろん、犯罪行為をしているわけではありませんよ)。

なので、ちょっと違いますけどコレクション説に一票投じさせていただきます。

(うっかりゴミとして捨てると足がつく可能性から捨てられなかっただけ、という可能性もありますけれども)

ばかばかしいコメントですみません(笑)

Posted by: どこかに | 10. 12. 20 at 오후 5:19

---どこかに さん
いえいえちっともばかばかしい、なんて思いません。そうなんでしょうね。地区巡視をしながら、たぶんそのおまわりさんはチェックを入れていたことでしょう。そうして、今度はここ、って思っていて、それを他人の家のベランダから盗るときのドキドキ感にはじまって、見つからずにそれを自分のものにした時のなんとも言えないような高揚した気持ち、それはきっとおまわりさんの中できっと大きな意味をしめていたに違いないと想像します。
まぁ、ミニカーとかフィギュアだったら、人に自慢できるコレクション、になっていたのが、そういうもの、でしたから、ちょっと、、ですね。
 人間の一番具体的な欲望に直結している分、その人、というのが案外ストレートに出たりするんじゃないかなか、とも思います。お話ありがとうございました。

Posted by: 謙介 | 10. 12. 20 at 오후 11:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/50244332

Listed below are links to weblogs that reference いちまんにせんまい:

« ミンバンウェイ | Main | 愚痴聞き屋 »