« ブロコデ 再び。 | Main | 素朴なぎもん »

10. 11. 11

変化したこと

Marugen2

同僚が、市内のとあるところに全国展開の
ラーメン屋さんができたんですよね。
あんまり西のほうの展開はないチェーン店みたいなのだけど
一度行ってみません? という話を持ってきたので、
今日の帰りはそのラーメン屋の近くまで行くついでも
あって、じゃあ、ということで寄ってみました。

ここ数年ですが、この街にも全国チエーンの
飲食店ができては2、3年でつぶれていっています。
ちょっと前にもゴー○ーカレーの店がありましたけど
知らない間に別の業態の店になっていましたし、、
最近の合言葉は「全国チエーンが来ても
1、2年でつぶれるから、つぶれないうちに
行っておこう。」ということです。
それくらいすぐになくなってしまいます。

こないだもホブソン○のアイスクリーム屋が
できましたけど、店のたたずまいから言って、、
正直なところ、さて、何年持ちますかねぇ、、
と思ってしまいました。

ここは肉そばがいいらしいです、との
お話で、肉そば、と、サイドメニューで
鉄板卵チャーハンも頼むことに。

やっぱり完璧にサービスはマニュアル化
されているんでしょうね。入ったら
「○源へようこそ! 」という挨拶が店の人から
かかりました。 

大体店に来る前に「ご注文の品」は決めておいたので
水を持ってきてくれたおにいさんにその場で反射的に
頼みました。ホントは煮卵食べたかったけど、朝卵2つ食べて
昼もお弁当にそぼろ卵を載せていて、で、晩も、
では、ちょっと卵だらけ、と思って自粛しました。(笑)
だってどうせチャーハンのほうに卵が入ってきますし、、。

5分くらいで「お待たせしましたー」といいながら
おねいさんが持ってきてくれました。
もうちょっとかかるかな、と思っていましたが
以外に想像していた時間より早くて、
ちょっと意外な驚きがありました。

Marugen1


写真をとり終えた後は、チャーハンの卵をかきまぜて
全体にからめます。鉄鍋が熱いので、みるみる卵が
煎り卵化していきます。
さてチャーハンを一応おいてラーメンです。
ゆずおろしが入っているので、これを溶かしてください
というご指示があったので、溶かして、ラーメンを
いただきます。
一口食べてみます。全体に油でギトギトで、まず油が
あって、そうしてワンクッションあって、しょうゆとか
スープ本来の味が伝わってくる感じです。
ここってそのおしょうゆを売りにしている割には、
油ギトギトしすぎじゃないか、って思いました。
その中にさらに油ギトギトの豚肉が入っているのですが
これまた油でコーティングされているので、
豚肉の味がよくわかんなかったです。

ネギですが、ちゃんと切れていなくて
幅広い緑の帯に切れ目だけ入ったネギも
たくさんありました。急いで大量にきったから
仕方ないんやねー。(笑)
ラーメンを食べ終えたら、ラーメンが油っぽかったのもあって、
チャーハンを積極的に食べたい、
という気持ちは相当薄らいでいました。
それでも、残してはいけない、(小にしてよかったー)
と思い、何とか最後までいただきました。
うーん、で、肝心の味は、別に? という程度の
ものでした。まずくもなく、さりとてこないだの
高知の華○園で食べたとき
みたいに一口食べて、ああしみじみとおいしい!
と感激するようなチャーハンでもありませんでしたし。
普通です。

食べ終わったのでお会計です。
二品で1130円という値段は、
都会なら仕方ない、と思われるかもしれないですが、
田舎ではこの代金ってちと高いですね。
しかも味は普通。
お金のことを言うとちょっとどうかとも思いますが、
まぁコストパフォーマンス、という点で言うと
このあいだの高知の中華はチャーハンと餃子で
1040円でした。でもね、本当にしみじみとするくらい
おいしかったんです。
あれなら俺、喜んで1040円払います。
だけど、このラーメンとチャーハンで1130円かよ、って、、
結構シビアに頭の中で思いめぐらせてしまうのです。
大学の近くの洋食屋さんとかに行けば、
500円台とか豪華でも700円くらいまでで
定食を食べられるよな、あ、、とか。
実家の街ならうどん屋で1000円越えて
食事をしようとしたら、2人が豪勢に食べて
1000円です。 

よくうどん屋よりラーメン屋の
ほうが原価が高いんじゃない? と思ってる人が
いますが、栄養士の友達に聞くと、大量に
仕入れて、調理して出す、ということになると
ラーメン屋のほうが原価がかかる、ということもないそうです。
そんなにうどん屋もラーメン屋も原価に差はない、と。
でもラーメン屋のほうが、一人当たりの客単価は
断然高いですよね。大抵のラーメン屋が1杯600円前後
です。そこにやれネギだの煮卵だの、メンマだのと
具を加えていったら、どんどん100円単位で上昇していって
ラーメンだけで900円とかします。それでサイドメニューを
入れてちょっと食べたらごらんのとおり1000円を越えちゃいます。
ホントあの具もえらい高いですよね。煮卵なんて家で
簡単に作れますけど。
お酒と醤油をそれぞれ150ccくらい鍋に入れて
一度沸騰させてさました汁を
ビニール袋に入れておいて
ゆで卵の黄身が半熟なのを時間を見ながら作って
殻をむいて、そのむいたものをビニール袋の液体の
中にどんどん入れます。口をゴムできつく縛って
液が出てこないようにして冷蔵庫でそのまま、
1昼夜から2日たったら勝手にできてます。
煮卵たくさん食べたかったら
一度に4個とか5個ゆでたらいいだけですもん。
こんなのに、100円、って、ちょっと腹立たしいわけです。
もしくは、ネギをたくさん切っただけのものに100円って。

そんなふうに値段の設定がどんどんはねあがるから
ラーメン屋って儲かるんよ。
厚利多売だもん。
なのだ、そうです。

そういうこともあって、俺、結構ラーメン屋の価格設定には
シビアに対処することにしています。あの値段で
この具とか味だとつりあうか、とか。お財布から
お金を出しつつ、そういうことをつい考えます。
滅多にしない外食なので、結構俺にとっては
真剣にお金を出すかどうか、この額を払ってお前は
納得できるか、ということを頭の中で勘案しているのです。

それにしてもなんか油ギトギトでごまかした、っていうラーメンだったなぁ。
もうちょっと油分を減らしてくれよ、って思いました。


帰りに100円割引券をくれました。
こんなんくれるんやったら、最初からその分、まけといてくれよー、
と言ってはいけないのでしょうか。(笑)


帰ってから、やたら咽喉が渇くのに気づきました。
謙介はほとんど外食ってしません。
外食って味付けが濃すぎるから、あんまり好きでは
ないんです。
昼はお弁当を作って持っていっているし、
朝・晩は自分で作ってますし、、。
外食って塩分が濃い、というのか
味付けがすごく強いインパクトの味にしている
からでしょう、食後必ず
ものすごく咽喉が渇きます。
もうめったやたらに何か飲んでないといけない、のです。

それと、ほか弁なんか買うと、俺ね
その中のフライとかてんぷらを
食べたら、てきめんに胸焼けというのか
油で気持ちが悪くなるんですよ。
若いときは、こういう油で胸焼けとか無かったんですけどねー(笑)
いや、家でてんぷらとかフライをしても
別に何の胸焼けもしないんですよ。
でもほか弁のフライの油だとてきめんに胸焼けを
起こします。たぶん油がよくないんでしょうね。

若いときはもうちょっとそういう油に対する耐性(笑)
があったのですが、今ではもうダメです。


何年か前にコンビニでお弁当(すきやき弁当)
を買って食べたら、その牛肉のやたら甘いのに
辟易しました。 それにコンビニのお弁当って
結構割高です。同じお弁当だったら、こちらでは
スーパーのお弁当のほうが断然おいしそうなんだもの。
しかも安いし、、。あれ以来コンビニのお弁当は
新しいのが出たら見るだけですね。
そんなこんなでファストフードとか
コンビニ弁当とかには、すっかり耐性が
なくなってしまいました。(笑)

そういう耐性がなくなった、ということもあるのですが
同僚が、たまに言います。
「若い頃はなんでもよくって、とりあえず腹がふくれたら
それでオッケー、って思ってたけど、歳とったら、
自分に合った、おいしいものを食べたくなるんだよね。
後、何回ごはんをちゃんと食べられるのかわかんないのに
一食でもまずいのに当たったら、腹が立って腹がたって。」
なんだそうです。
確かに若い頃は何でも食べられていたのですが
歳月とともに、食べるものに変化が見られるように
なってきます。もちろん量も。(笑)

それとこの時期ごろから起こってくることなんですが、
ここ数年、謙介、皮膚の乾燥の度合いがきつくなるんですよ。
自分が高校生だったころは、紙を数えるのに何もしないで
数えられていたんですよ。
年取った先生が、テスト用紙を数えるのに、
指をちょっと口元に持っていって、ツバをつけて紙を
数えようとしていたのが汚くて許せなかったのですが
年を取ると、身体の水分がどんどん失われていって
指先なんてこの時期かさかさになってしまいます。
あ、先生が指先をちょっと湿していたのは
こういうことになるからだ、と、自分がその立場に
なってはじめて理解できた、ということもありました。
(でも、ツバをつけて紙を数えるのは衛生的に
自意識が許さないので、滑り止めの手に塗る
クリームをつけて、それで指先の水分を適度に
補ってから紙を数えるようにはしていますけど、、。

経年で、いろいろ変ってきて、そういう変化を
見知るようになってきました。
その立場とか、年代にならないと分からない、
っていうこともあるんですね。
そういうことも何となく理解できるように
なってきました。
若い時は、一方的に文句言っていたんですが、、。(笑)
だから自分のそういう変化もあるから、年を取ると
若い時のように、あんまり言い立てることもしなくなる、
という側面もあるかなぁ、と思いました。


|

« ブロコデ 再び。 | Main | 素朴なぎもん »

おもうこと」カテゴリの記事

Comments

謙介さんおはようございます。
鎌倉は紅葉狩りの観光客で駅から人が溢れそうです。今回のファストフードや全国展開のお店に対するお話その通りだと思います。
忘年会や新年会もお店によってはご辞退したいと思うこの頃です。
五千円以上払って一晩胃がムカムカして寝られないのに耐えるんですもの。
健康とかヘルシーとか流行っているはずなのに高カロリーで動物性の脂の多いラーメン屋さんが何故人気なのか不思議です。
この年になると家が一番になって来ます。
選挙のお手伝いに行くと年配の方の作業の遅いのにイライラしていましたが、自分がおば様になると、指先が言うことを聞いてくれないのが良くわかります。
空気が乾いていますので、ご自愛下さいませ。

Posted by: ラジオガール | 10. 11. 12 at 오전 9:13

---ラジオガールさん
何か学生のころは、こんなの全然何の抵抗もなく食べていたものが、経年の末に、あんまり食べられなくなる、ってありますよね。王○の餃子も、店によったら、正直なところ油があまりよくなくて1皿食べただけでしばらくしんどいことがあります。学生時代なんて3皿平気で食べていましたのに、、。(哀)やはり歳とともに身体が欲しがっている嗜好も変化していく、ということなんでしょうね。もうファストフードは、、少量ならいいのですが、以前のふうには無理になってしまいました。指先とか皮膚の乾燥、これからの時期、本当に困ります。今年もまたボディクリームとか、ハンドクリームを昨日薬局で買ってきたところです。

Posted by: 謙介 | 10. 11. 12 at 오후 6:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/49992073

Listed below are links to weblogs that reference 変化したこと:

« ブロコデ 再び。 | Main | 素朴なぎもん »