« セカチュー | Main | クール »

10. 11. 16

興味深い論文

日本心理学○の出してる心理学研究○という
雑誌の最新号(昨日見た)にこんな論文が載っていた。
なかなか興味深い内容だった。

Meijyo


出たばかりの雑誌論文の
内容をここであれこれと書くのは、
いかがなものか、と思うので、
ここではこういう論文が出ました、
ということの紹介だけ、にしておきたい。
ただ、この論文の中に一般的な統計結果として
自分の親しい友達から「俺、ゲイなんだ。」
って打ち明けれたときに、男のほうが、言われて気持ち悪い、
というふうに拒否する割合が高い、という結果が出ている、
と書かれていたのを見て、
俺はそりゃそうだろうな、と思った。

どうして、ってさ。
そりゃそうでしょう。だって、仮に女の子のA子さんが
いたとして、その男友達が
そのA子さんに向かって、「俺ってゲイなんだ。」って
言ったって、「そうだったの? 」で済む確率は高いと
思うもん。
だって、男の子がゲイだとしても、それは
女の子にとっては基本的に「他人事」で済むもん。
どうしてか、って言ったら、女の子は、その男の子と違う性だから
男の子の思考とか身体とか生理とか、
そういう細かなことまではわかんないんだもの。
(仮に想像くらいはできたとしても。)

じゃあ、女の子は「あらそうぉ。」で済む反応が
何で仮にB男くんが、友達の男の子から「俺、ゲイなんだ。」
って告られて、人間関係が壊れる場合が多いのか、
って言ったらさ、前々から何度も言ってるけど
男が身体言語の動物だから、だって俺は思う。

俺、ゲイなんだ、って相手に言われた相手の
男はどうするか、と言えば、一気にリアルな
想像をしてしまうわけさ。

目の前の友人であるところのB男くんに
「お、俺、ゲイなんです。」って言われたら、
言われた側は、B男くんには、
全くそういう気がないにもかかわらず、そこで
そのB男くんに、自分のチン○をしゃぶられたり、
バックで責められている自分、とか、、、
つまり彼とセックスをしている自分、っていうものを
一気に想像してしまう。

そういう想像をするから、
「ゲ、そんなの気持ち悪いじゃないか。」という
言葉になって、さらには「オマエなんか気持ち悪いからこっち来るな。
もうオマエとなんか友達じゃない。」
という反応になるんじゃないか、って俺は思う。

カミングアウトしたB男くんが、その友達の男と
俺はオマエとなんかセックスしないぞ、って思ってたって
男っていうのは、何度も言ってるけど、身体言語の人間だから、
(言葉を理解するより前に、そこで一気にリアルに
頭の中にイメージしてしまう。
さらには始末の悪いことに、普通「男っぽい」というのか
「野郎っぽい。」っていう人ほど、そういう
身体言語の人間が多くて、だから言葉ではなくて
「身体」で相手を理解しようとする人が多いものだからさ。
余計に、Bくん告ったわ、即拒否られちゃって、
それまでの人間関係が
崩壊する、っていうことになって
しまうんじゃないか、って俺は思う。


だから別にゲイでもないのに、やたら男って
相手の身体と接触させたり、友達の前であれば
平気ですっぽんぽんで歩いたりする。
そういうヤツ、いるでしょうに?
でも、それって(俺が思うことなんだけど)
身体言語のコミュニケーションの方法だ、と
いうだけのことで、それ以上でもそれ以下でもない。
でも、ゲイの人は、ノンケの友達がそんなふうに
無防備な格好をしたら、必要以上にドキドキする。
でもね、出発点が微妙にずれてるからねぇ、
(ノンケ=単なるコミュニケーション 仲良くしてるから
何でも見せられる。
ゲイ=ひょっとして見せて、なんとか、、ありなの?)
というふうにお互いの思いは微妙にずれているわけでさ。

その部分をちゃんと認識しておく必要はあるだろうね。
でないと、俺の前で素っ裸になった、、
ひょっとして、彼は、俺に、、なんていうような
変な気のまわし方をして、あげくのはてにそれが誤解だった、
なんていう哀しい結末になる、なんて、よくあるでしょ?

だからさー、時々勇気を持って
カミングアウトしましょう、 なんて
言ってる人がいるけどさ、俺は、
それは、ケースバイケースじゃないのか、
って思うんだ。


自分の周囲の人間関係とか、日ごろの付き合い方とか
そういういろいろなことを勘案して、それでも
自分が言ったほうが気持ちが開放される、とか
仮にそういうことを言ったとしてもその後の人間関係は揺らがない、
というふうなさまざまな角度から検討をしてみて
それでもしたい、とか、しても人間関係が揺るがない、
とか、自分がそのほうが生きやすい、とかさまざまに
状況を見て、そっちのほうがいいや、って
いうんだったらすればいいし、
やっぱり止め、っていうのであれば、それは
それで立派な判断だと思う。
人間ね、どうしても思いつめると、
視野狭窄になってしまって、それだけ、っていうことに
陥るときもあるのだけど、ちょっと立ち止まって引いて
ものを見る、ということもこういう自分のことを
人に話すときには必要になってくるんじゃ
ないのかな、と、俺は思うけどね。

        ×      ×       ×

先週の土曜日、冷蔵庫の中を見たら
鶏のレバーがあったので、しょうがと一緒に
炊いてみた。
自分の内臓に病気の部分がある人は、他の動物の同じ部位を
食べて、養生する、という韓国の考え方があってね。
だから肝臓のよくない人は、レバーを食べましょう、っていうの。
そういうことで作ってみた。


Torimotu


|

« セカチュー | Main | クール »

おべんきゃう」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/50040285

Listed below are links to weblogs that reference 興味深い論文:

« セカチュー | Main | クール »