« 昔こっぽし | Main | 9.11 »

10. 09. 06

木・金・土移動記録

取り急ぎ移動記録。
先週の木・金・土、とこんな感じで動いていました。
また落ち着いたら、文章を添えて書きます。
(いつのことやら)


あじょしぬんちじょっすむにだ。
(おぢさんはつかれました。)

朝6時45分出発です。

Hiro1
まず電車に乗りました。


Hiro2
カンチ~です。

Hiro4
今度は高速艇です。

Hiro6
はやいはやい。

Hiro5
右奥は大和ミュージアム。

Hiro7
うふふ。こんなのも航行しています。
別に珍しくもなんともないです。
島に居たとき、頻繁に沖を通るのを見てましたから。


さて到着です。

Hiro8
今度は市内電車に乗り換え。
懐かしい京都市電です。
いろいろな出自の電車が走っているのですが
元京都市電だけ、清水とか金閣とか愛称がついています。

Hiro9
八丁堀、 「♪ララ、ふーくーや」でございます。
今でこそ、↑こんなですが、

Hiro91
65年前の今頃は、こうでした。


Hiro11
ここから、歩いて、お城に行きます。気温は素敵な34度です。

Hiro12
Hiro13
お城の中です。日清戦争の時は、この場所に天皇が住み、
臨時帝国議会もここで開催されました。その跡です。


Hiro14
さて天守閣です。

Hiro16
てっぺんです。
風が気持ちいい。

Hiro17
軍管区地下司令室の入り口です。
ここの中にあった一本の電話線がかろうじて
つながっていて、外部に知らせることができたのでした。


降りて今度は南に向かいます。
気温は36度です。日盛りの街を汗だらだらで歩きます。

Hiro19
黙祷しました。(もうここがどこかおわかりですよね。)

Hiro25


Hiro26
8月だけが平和を考える月であってはならないと思います。

Hiro27
市民球場です。

Hiro28
どうなったか、と思って近づいてみると、、。


Hiro30
県庁前からアストラムライナーに乗ります。

Hiro34
研修会場に到着です。


ここで、研修をしてホテルに移動です。


翌日。


Hiro40
不動院を見学します。
ここは地形的に、山の陰であったために原爆の被害から奇跡的に免れた場所です。

Hiro36
国宝の本堂です。
元、禅宗のお寺を途中で改宗して今は真言宗のお寺になっています。

Hiro39
古文書の拝見です。
福島正則、秀吉、利休の書状、と、本当にすごいものが
たくさんありました。

Hiro41
研究会を終わって今度は帰りです。


Hiro42
帰りは神戸市電でした。


行きと同じ船で帰りました。

Hiro43

電車に乗って、一旦自宅に戻ります。


さて、次の日です。

Kyo1
広島も暑かったけど、ここだって暑かった。

Kyo2
親戚の家の近くに、、。


Kyo3
終わって四条に出ました。
気温は37度。まったくここだって素敵過ぎな気温です。

Kyo4
Kyo5
角の阪急百貨店は、、。


Kyo6
本屋さんを何軒かよって京都駅です。
で、実家に帰りました。


あーしんどかった。


|

« 昔こっぽし | Main | 9.11 »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

>謙介ッシ
 マ~二 スゴヘッソヨ!
そうですね、8月だけが平和を考える
日であってはならないですよね。。
広島記念館は展示が物語る、戦争記念館
ですが、鹿児島の知覧は文章が物語る
記念館で、こちらの特攻隊員さん達の
達筆で美しい文体には、感動致しました。

Posted by: yoko | 10. 09. 06 at 오후 9:56

---yokoさん
知覧の記念館、一度行かなくては、と思いながら、まだ行くことができないでいます。信州の無言館も。今回、暑いながらも広島の街を歩いたのは、実は自分の中に街の距離感をつかみたかったからです。よく爆心から何百メートル、とか何キロ、とか書かれてあるんですが、そういう数字でなくて、自分の体の中にそうした距離を体験したのを入れておいたほうがいいんじゃないか、という気がしたのです。 広島城から爆心まで1.1キロだったそうです。
そんな距離のものが全て破壊されつくす。人も全て死んでしまう。本当に戦争は恐ろしい。もっと恐いのは「不景気だから一丁戦争でもはじめてみるか。」という人間の心ではありますが。 原爆ドームには日本人だけでなくたくさんの外国人を見ました。平和の気持ち、祈りが、8月6日だけでなくて、ずっと続いていかなくてはならない、ということを改めて思いました。

Posted by: 謙介 | 10. 09. 07 at 오전 8:21

観にいけそうでいけなかった広島城。

これだけではないですけど、もう一度、
行きたいなと思う県でございます。

Posted by: ヒシ | 10. 09. 07 at 오후 10:01

---ヒシさん
俺も以前行ったのが、もう小学生くらいで記憶があいまいだったので、今回、改めて行ったのですが、単にお城を見る、というだけでなくて、いろいろなことを考えさせられる場所でした。 是非、一度、本当にお勧めしたい場所です。

Posted by: 謙介 | 10. 09. 07 at 오후 10:26

謙介さん、こんばんは。暑いなかの移動、大変でしたね。でも、お仕事がはかどっているようでなによりです。
京都といえば、私も、自分の翻訳出版を話し合っている相手先が京都なので、一度伺って話をつめてこなくてはいけないとおもいつつ、時間と金がなくてなかなかおもうようになりません。今度行ったら、阪○なんかはどうなっているのやら…。

Posted by: 闇太郎 | 10. 09. 07 at 오후 10:50

---闇太郎さん

やっぱり、言葉に関する打ち合わせ、というのは、確かにメール全盛の世の中ですが、どうしても詰めないといけない部分に関しては、実際に会って、相手の顔を見ながら、ということのほうがはるかに確実ですよね。やっぱり一度お会いして、ということになりそうですね。 旅費が、、問題で、ありますですね。バスは安いですが身体がしんどいし、楽な方法になると今度は高くつきますし、、なかなかに悩ましい問題です。しかし、この時期の京都は身体に堪えます。 あの日の最高気温は、38度近かったらしくて、河原町、歩いていたら、くらくらしました。今週の日曜からはやや下がるようです。とはいえ今年はどこにいても暑かったですね。もう一息、と思ってがんばりたいと思います。闇太郎さんもどうぞご自愛ください。

Posted by: 謙介 | 10. 09. 09 at 오전 5:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/49303663

Listed below are links to weblogs that reference 木・金・土移動記録:

« 昔こっぽし | Main | 9.11 »