« なつやすみのこと | Main | 瀬戸内国際芸術祭 »

10. 07. 16

復元と復原

火曜の晩、例の「いきなり」友達から電話があった。
「奈良いつ行くんや。」
「あ。」
「まさか忘れとったんか。」
「うん。」(きっぱり)
「覚えとってくれよ~~。わし、どうしても行きたいんや。」
「だって、8・9月のどこかだったらええんやろ。」
「まあそうやけど。」
「日帰り? 」
「一泊はしたいがー。」
「奈良のどこかで? 」
「そらそやろー。 奈良まわるのに、大阪や京都で
泊まったら時間のロスやし。」
「で、奈良のどこ行きたいん? 」
「いろいろ。」
「ようわかる説明や。」
「今、大極殿がどうしたこうした、せんとくんが何たら、言うていよるやろー。」
「ああ、あれなぁ。」
「あれもええかなぁと思うんやけど。」
「でも、あの建物、全部想像でしかないぞ。」
「へ? 」 
「ホンマにああだったんと違うん? 」
「うん。まぁそら、一応の研究はしとるけど、研究者によったら朱雀門は
ああいう二階建てでなくて、単層構造(平屋)だった、っていう人も
居るし、、。あれ、想像でとりあえず作っとるだけやからね。」
「え、そんな程度の建物なん? 」
「だって、あの建物の中で、はっきりした事実、っていうのは、基壇と
そこに置かれた礎石だけやもん。この二つだけが事実で
後、その上にどんな建物が建っとったか、っていうのは、
ホンマのところは何にも分かってないんや。」
「え? そうしたら、全部想像? 」
「そうよ。 だから、最初からちゃんとそう書いてあったよ。」
「どこに? 」

Daigokuden2

「『文化庁平城宮跡第一次大極殿正殿復原整備事業』
言うて書いてあったもん。 この「ふくげん」の
「げん」は、原っぱの原の字なんや。復活の「ふく」に原っぱの「はら」で
復原、って書いてあったんや。」
「それで? 」
「あのな、歴史学では、ふくげん、って二つ表記があるんや。それでな、
一つは原っぱのほうの「復原」。」
「ふん。」
「そうしてもう一つは、元の字を使ってある「復元」」
「おんなじなんやろ。え? 違うんか? 」
「全然違うよ。 あのな、元のほうの復元っていうのは、設計図が
残されてあった場合で、その設計図に基づいて、忠実に
もう一度再建する場合を言うんや。それから
はらっぱの復原は、設計図どおりに再建するんとは違う場合。
こう建っていたのと違うかなぁ、、と想像で
作るときが原っぱの復原。そやし、この大極殿は
最初から原の「復原工事」って書いてあったで。」
「まぁ、設計図なんか残ってるはずはないわな。大分
想像が入ってんの? 」
「そう。 だからことによったら、それこそ不比等が見てた
建物とは違うかもしれない、、。」
「そういう程度のもん?」
「うん。だって、精密に再現した、言うたって、建築史の連中の
参考にしてるの、法隆寺だったり、平安の巻物やもん。
小学生に言うような話やけど、飛鳥時代とか
平安時代と奈良時代は違うでしょ。だから理屈で言うたら、
そんなもの、近代建築の参考言うて
戦前の昭和の建築研究でもって、平成の今の建築スタイルを
想像してるようなもんやで。 」
「無理やん、そんなの。」
「でも、その無理の比較研究の建物が
奈良市佐紀町のあれなわけよ。だから謙介、あれ見に行きたいとか、って
テンション全然上がらんのや。」
「ふうん。その程度のものかぁ、、。」
「まぁでも、せんとくんの行事は今だけやし、
見に行ったらええん違う? 」
「でも平城宮跡、って、野っぱらなんやろ? 」
「うん。」
「夏なんか暑いやろ? 」
「そら直射日光かんかん照りよ。おまけに奈良なんて盆地で暑いし。」
「9月に入ったら、ちょっと涼しくなると思う? 」
「どうだろ。 さすがに8月とは多少は違う、とは思いたいけどやね、
残暑はやっぱりきついと思うよ。」

その話はそこで何となく終了して、最近のお互いの仕事のことに。
まぁなぁ。お互いヒマ、なんて有り得へんし、、。
最後は、まぁ何とか日程調整して
旅館とって、計画しとくわ、ということで
電話を切ったのだけど。


しかし、それにしても。
平城宮跡のあのイベント、どうして自分は
全然テンションが上がらないのだろうか、
奈良に行く、行かない、ということより、
あのイベントを全然興味の対象外だと、というところに
「自分の感情がそれを振り分けてしまっている。」
ということのほうが興味深いことのように思えた。

うーん。やっぱり気持ちのどこかに
どうせつくりものだし、という気持ちがあるのかもしれない。
本物ならば、どんな断片とかかけらでも
行って見てみたい、とか見よう、という欲求が
湧くのだけど、あれってどうせ模型だしなぁ、、
という気持ちがあるのだと思う。

別に野っぱらだったら、野っぱらのまま
置いておいてくれたほうが、まだしも
思考を邪魔されないで済むんだけどな。
変に建物なんか建てられてしまうと、その建物に
引きずられてしまうではないか。
どうもその辺の意識が、イマイチあのイベントに
行ってみよう、という気にはならない、原因か、と思う。


さて、ちょっと予定表を見て、と。

あ、そうだ。もう一度アイツに聞かなきゃ。
キミは一体奈良のどこに行きたいの? って。

|

« なつやすみのこと | Main | 瀬戸内国際芸術祭 »

おべんきゃう」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/48840479

Listed below are links to weblogs that reference 復元と復原:

« なつやすみのこと | Main | 瀬戸内国際芸術祭 »